南紀巨イカ狙いできずのお話(平成28年12月13日)家にいながら海の状況を見る

南紀巨イカ狙いできずのお話(平成28年12月13日)家にいながら海の状況を見る

釣行詳細

釣行はできてません、はい。まだ時期は少し早い気もしますが黒潮の接岸状況も良い、満月、大潮ということで、平成28年12月13日に昼~夕間詰めに南紀串本大島の須江崎に今年初めての赤系アオリイカ狙いに出かけようと思い、休みをとったのですが、、、

12月13日に釣行を予定していた方はご存知の通り、この日の南紀は南からの大風と大うねりと雨。釣行を断念しました。

釣行記を書きたかったのですが、今回釣行するかどうかを決めた方法について書きたいと思います。(無理やり釣行した友人はラーメンだけ食べて帰ってきたそうです、、、)年末年始は激忙しいので、無理やり行こうとも思いましたが。一応、海の状況の確認ツールについて紹介します。


釣行予定をたてる時のツール

エギング・ショアジギングに関わらず水温・潮流・波風は釣行時に釣果・安全ともにすごく関わってくる要素になります。

潮汐表で潮の具合を見る

エギング(特に赤系狙いの時)・ショアジギングに関わらず、できれば潮がよく動く大潮で、赤系アオリイカ狙いの時はできれば満月の大潮を狙って釣行予定をたてます。

潮位の変化が分かりやすく、いつも参考にさせてもらっているのは、tide736.netさんです。場所が細かく見やすいです。iphoneアプリで釣り気分というものもオススメで、現場で潮流の今後の動きを予測するのにも役立ちます。

波風の予報を見る

yah〇o天気、ウェザーニ〇ズ、等々いろいろ天気予報を見る手段はありますが、釣行に役に立つかというとちょっと微妙ですので、波風も雨もピンポイントで見ることができてかなり正確なのでGPV気象予報というのをいつも活用してます。波や風の方向も視覚的に分かりますし釣行場所を選ぶのにもとても便利です。

今回はここで断念しかけましたが、強南風が割と西よりのよほうだったので、須江崎は須江崎でもハゲアジロではなくてジゴクノハナなら真南じゃなければ避けれると思いもう少し情報を集めました。(大阪からの釣行なので、行ってラーメン食べて、帰るではちょっと寂しいので)

スポンサーリンク



今現在の海の状況を見る

今現在の海の状況を確認でいるライブカメラが全国数か所に設置されています。実際に行く釣り場を確認できるかどうかは別として、近くの海を見れば「どれほどの波がどっちから入っているのか」を確認することができます。

管理人がよく行く釣り場の近くでは南紀串本大島は「潮岬灯台からのライブカメラ映像」。丹後経ヶ岬や犬ヶ岬周辺は「経ヶ岬灯台からのライブカメラ映像」を参考にして際どい時は釣行するかどうかを決定します。

冬場にブリ・ヒラマサ狙いで経ヶ岬釣行をされる方は必ずライブカメラを確認しましょう。積雪状況も確認できます。

今回は潮岬灯台からのライブカメラ映像を朝9時ごろに見て釣行を断念しました、、、。PEも巻き替えて準備万端だったので残念です。


 釣行するかどうか!?まとめ

釣りは自然で遊ぶものなので、気象条件にかなり左右される。次の釣りを楽しむためにも安全な釣行を心掛けたい。

特に風や波などは釣り人の生死に直接かかわってくるので、ライフジャケット着用はもちろんのこと、あまりにも波風が強い日には釣行場所を変えるか諦めるかしたい。是非安全な釣りライフを。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう