南紀エギングひさびさのキロアップ釣行釣果報告

南紀エギングひさびさのキロアップ釣行釣果報告

皆様良いフィッシングライフをおすごしでしょうか。

ブリ狙いのショアキャスティングと、時期尚早ではありますが大型アオリイカの回遊待ち釣行をしてきたので報告します。

魚は全然。イカはひさびさのキロアップです。

とりあえず、筋トレと運動をしなくては、、、。

釣行日

平成29年11月28日の13時くらい~11月28日22時くらい

釣行場所

コマキノ鼻田並漁港江田の堤防安指漁港地のエビス

釣果

アオリイカ1.4Kg(ちょい足りず)

アオリイカトンカツサイズ×1

アオリイカコロッケサイズ×1

アオリイカリリースサイズ×2

 

月と潮

お月さんは半分なのになぜか明るい若潮。潮も予想より走ってました。

エギングタックル

ストリームブースターEXR710(カンジインターナショナル)

セフィアCI4C3000s(シマノ)

ロッドの(なんちゃって)インプレはコチラ

ショアジギングタックル

コルトスナイパーエクスチューン1002H(シマノ)

ステラSW6000HG(シマノ)

ロッドの(なんちゃって)インプレはコチラ

釣行の感想

紀勢道田辺~すさみ南までが通行止めということで、串本まで行く人も少ないだろうと串本釣行してきました。

まだまだ時期尚早ですが、そろそろサイズましなのも出るだろうということでアオリイカの回遊待ちをしてきました。メインは魚だったんですけどね、、、、。

期待したお魚の方はてんででした。「お魚好き?今度新鮮なヤツもってきたげるわ」とか職場の人に行ってしまいましたwどうやって言い訳をしようか。。。


コマキノ鼻ショアキャスティングエギング釣行詳細

時期は早いですが、コマキノ鼻へ行きたくなって釣行してきました。

すごくいい地磯なのですが、長い間この地磯は避けてました。その理由がコレ。

ポイントへ入る直前のところにジャンプポイントがあるんですw

たぶん前に行ったのは20台前半終わりかけのころ。体力は極大値を迎えて1日中釣りをしても「次の日も釣り続けるぞ」なんていう体力状況でした。

久々にここをジャンプしてみると、、、ギリギリですwそのために今回はウェーダーで釣行しました。

釣り座に到着してみると潮どまり直後ですが、潮目もいい感じででています。ちょこっとウネリがあるのが気になりますが、海は静かなのでバシャバシャ言わない系のコンタクトブリットから開始です。投げども投げども反応なし。

水温は20℃前後。まあまあまだまだ、低水温期ってわけでもなさそうです。

そこからバシャバシャ言わせるヘッドディップにフィードポッパー、ジグもいろんなサイズを投げましたが生命反応なし。

うーーん、、、と思っていると、20mくらい沖を1m近いバカデカイ黒い影が泳いでいきます、、、、まるでアオリイカ、、、、え?と思いましたがカメちゃん。ウミガメちゃんです。

時間は4時頃、、、嫌な予感しかしません。よく言われるのがウミガメやイルカがいると魚釣りやイカ釣りは難しくなると言われています。

とりあえず、キレイな南紀のサンセットを拝みながらめはり寿司で夕間詰めに備えてエギングタックルを組みます。

潮岬に沈む太陽。アオリイカの時間の始まりです。(というか魚が全くだったので、アオリイカも嫌な予感がしてます)


夕間詰めからアオリイカ回遊待ちのエギング

夕間詰めからアオリイカの回遊を待ってコマキノ鼻の先端部から湾の入り口と湾内を探りつづけます。ルアーを投げている時にチェックしてた潮のいってる場所に入れては流れの中でネチネチしたり、パッと出してみたり。。。基本こんな感じで潮のいってる中や付近でやってます。

ですが、、、反応なし、、、。や、やばいな、、、と思ってましたが潮がより行くようになりだした変化点でモゾっとアタリ。前回に引き続き冬かよ!!です。が、、、

久々にちょろちょろドラグが出ていきます。(普段ちょいキツめにして合わせてからゆるめてます)

苦手なギャフをなんとかして上がってきました。

もうちっとあるかなと思いましたがこんなもんw

エギ込みで1.38kgのオスくんです。

まあショアから、まだまだ秋っぽい、ウネウネ気味ということを考えるとまあまあサイズじゃないでしょうか。

とか言いながら、今年春イカシーズンボウズばっかりやったので久々にキロアップです。嬉しい♪www

エギがDraw4 3.5号 白キス/パールホロです。上からゴンっと抱き込んだみたいでテンションがフっと抜けました。写真では触腕に隠れてます。

この後、同サイズが入ってくるのを期待しましたが、入ってきたのはトンカツサイズ一杯

なんか締まってるみたいな色ですけどあげたてホヤホヤです。

干潮20時に潮もピッタリとまったので引き上げました。


悪あがきの南紀エギングランガン

この日は紀勢道田辺~すさみ南が通行止めの日。わざとこの日にしたってのはあるのですが、せっかくなので南紀の漁港をポツポツうちながら帰ります。

田並と江田の堤防

田並漁港でいつもいてるヤエンのおっちゃんと少し話してアタリがないので江田の堤防へ移動します。(なんか釣り番組の撮影で関本がきたらしいw)

意外とウネリが入ってたのか、砂地シャローのここはまた濁りがキツイですが、いつも通り「層が分かれてるからカンケーナシ」と底付近でトンカツ手前くらいのコロッケサイズをゲット。

墨を大漁に吐かせてしまい、アタリが止んだので移動します。

安指漁港と地のエビス

安指漁港の常夜灯下でアオリイカをゲット、、、80gくらいの、、、w2週間前くらいに来た時もこのサイズだったようなw

数はたくさんいますが、ちっさいので和深漁港横の地のエビスへ。

先端手前までいって風がビュンビュンになってきたので納竿にしたのですが、釣り場紹介でも書いた通りこの地磯の入り口にはこのような看板がたっています。

にもかかわらず、地のエビス中腹あたりにコンナものが、、、。

誰やこんなところに挽きたて微糖を忘れて帰った人は、、、、、

マナーが悪い人のせいで釣り禁止になった釣り場も各地にたくさんあります。

できれば

このブログで見ていった釣り場はキレイにして帰ってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

(ちょくちょく拾って帰りますが、決して気分のいいものじゃないですし、、、)

この後田辺から高速にのり帰宅しました。

今回行った釣り場の紹介ページはコチラ

コマキノ鼻

田並漁港

江田の堤防

安指漁港

地のエビス


南紀ひさびさのキロアップ釣行釣果報告まとめ

魚は全くでしたが割と楽しい釣りができました。冬に備えての回遊待ち練習をしましたが、ジャンプするには体力というか筋力を復活させる必要がありそうですwそろそろいいサイズも混じってくる時期がきそうですね♪

 

次の釣行記は「冬の南紀アオリイカ回遊待ちエギング釣行釣果報告」

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)