釣りの楽しみの一つ「予測」と水産資源のお話

釣りの楽しみの一つ「予測」と水産資源のお話

皆様、良いフッシングライフをお過ごしでしょうか。

ショアジギングのアシストフックの各部の役割について書いたようにエギの各部の役割とかについて書こうと思ったのですが、写真をとってないのでまた今度にして、今回はちょこっと釣りに関する面白い動画を見つけてしまったのでその紹介をしたいと思います。つまりこの記事、、、、ただの雑談ですw

釣りをしている動画ではないのですが、ロックフィッシュで有名な折本隆由さんとエギングで有名な湯川マサタカさんが釣り対談してるやつです。


釣りの楽しみの一つ「予測」

あんまりごたごた言うと嫌われそうですが、釣りの楽しみの一つに予測というのがあると個人的には思っています。釣りが好きな人のうち大半の人が「釣り掘りでは興奮しない」と答えたというアンケート結果を何かの釣り雑誌に載っていたのを覚えています。何の雑誌やったかは忘れましたw

たしかに釣りの入門として魚が釣れる楽しみを知るってのは大事なことだとおもいますが、地磯や堤防に行ってする釣りだと釣り掘りでは味わえない「予測」という釣りの側面がでてくるから釣りは楽しいんじゃないかと思ったりしています。

目に見えない海の中の、、、、地形や潮の動き方とか速さから回遊して入ってくるコースを考えたり、ベイトがどんなとこにたまってて、天気がいいから悪いからとか水温がどうだとか考え出すとキリがないのですが、釣りの楽しみの一つはこうだからこう!と自分なりに釣りの理由づけをすることにもあるんじゃないかな。と思っていて、この動画が面白いなと思いました。

なので初めての行ったことも聞いたこともない釣り場をgoogleマップを使って探して釣行するというのは結構楽しかったりします。よかったら釣り場探しにgoogleマップが超便利という記事もかいてますのでよかったらどうぞ。コチラ
スポンサーリンク



(で、この動画にでてくる魚釣りのルアーにアオリイカがたまにかかるアレ、一度シンキングペンシルで経験したことあるんですが、こういう予測通りにいかないことの方が多いから釣りって面白いな、なんて思います。)

なんしか、この人たちはめちゃくちゃ楽しそうに釣りをするんで好きです♪



釣りと水産資源のお話

昨今、昔に比べると釣り人は増えました。明らかに釣り人は増えましたし若い方が増えた気がしています。昔はエサ釣りのおじいちゃんとのんびり談笑するような場面が多かったですが、若い人と状況はあそこがどうのこうのって言って地磯をランガンするみたいな話を聞いたりする面が増えたような気がして、ちょっとずつスポーツの側面が受け入れられてきたのかな、ってな気がしています。

で、たぶんですが、釣り人が増えると魚やイカのプレッシャーが上がったりで、どんどん釣りは難しくなっていくと思います。個人的には難しい方がいろいろ工夫しなくちゃいけないことが増えて楽しいなって思う半分、ワタシなんかに魚やイカは釣れなくなるんじゃなかろうか、と思ったりしてますw正直、エギングを始めて釣れ始めた頃は結構どこいっても今より簡単に釣れた気がします。

で、それに関して釣りがどう変わっていくかのお話や水産資源のお話です。



釣りの楽しみ予測のお話と釣り動画

この寒い冬、釣りに行ってられないって方もいらっしゃると思います。最近では釣り方のコツとかをアップした動画などもたくさんあり、オフシーズンに次シーズンにあーやってやろうこうやってやろうといろいろ考えるのも楽しいかもしれません。

プラスでこういう対談みたいなんの動画を見てると釣りの楽しみもさらに増すかもしれませんね。

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう