南紀秋の勝手にエギングカップ釣果報告10月に800g台のアオリイカ

南紀秋の勝手にエギングカップ釣果報告10月に800g台のアオリイカ

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

我慢我慢ばっかりだったのでガッツリエギングしてきました。

釣行場所は南紀で白浜からすさみに行ってきたのですが、場所で釣果のバラつきが大きかったのでこの週末にオススメポイントも含めて釣果報告したいと思います。

(土日に釣りに行く人のために急いで更新していますwまた落ち着いてキッチリ書きなおします)

で、去年も釣友とやった勝手にエギングカップ(笑)の第2回もやってきたのでそれも、、、。そのおかげでワタクシは釣友の事を一週間もの間「先生」と呼ぶ羽目にw

釣行日

平成30年10月18日夜~19日夕

釣行場所

白浜小島

朝来帰漁港

日置志原磯(の大崎側)

椿伊勢ヶ谷の地磯(名前知りません)

安宅崎

伊古木漁港

すさみ漁港

江須の川漁港横のドシャロー地磯

ハシタテ

釣果

2人ともそれぞれ800gちょいを頭にアオリイカ×10ずつくらい

右がワタクシ左が釣友

総重量対決完敗しました( ;∀;)

下にも書きますけど、数もサイズも白浜半島の南側~日置が圧倒的にいい感じで他はあんまりなのかな、、、って思いました。
 

月と潮とお天気

お月さん半分でもけっこう明るい長潮。

潮はトロトロで潮のよく通る場所を求めてランガンしました。

エギングタックル

ストリームブースターEXR710(カンジインターナショナル)

セフィアCI4C3000s(シマノ)

ロッドの(なんちゃって)インプレはコチラ

釣行の感想

 
10月中旬に800gは、、、予想してなくて楽しかったです♪
思ったより釣れている場所が限定されていた感じ。串本方面で爆釣!!の時期まではもうちょっとですかね?
今はなんしか日置のあたりに墨跡がいっぱいでした。

スポンサーリンク




南紀秋イカエギング、勝手にエギングカップ釣行釣果詳細

やっとこさ、ガチのエギングに行けました。

で、去年もやった勝手にエギングカップの第2回をすることにw

去年は11月にしましたが、今年は僕が去年以上に忙しい(仕事でないことがw)ということで10月にすることに。

ただ釣友と総重量対決って目安を設けてエギングをとことん楽しむ、という会ですw

去年の勝手にエギングカップ(笑)の記事はコチラ

 

でとりあえず、中紀は釣友がバンバンいってるので今回は南紀に。

エギも秋イカセットに直していざ出陣です。

いつも秋イカのシーズンは3号半分3.5号半分をすぐ使うセットにして、予備をケースで持って行っきます。

潮がガンガン速いとことか波風がたてば3.5号にして、それ以外は3号というような感じで使い分けてます。(イカのサイズでどうこうってのはあんまりしてません。)

 

白浜から下っていこうかということで、場所選定。

 

この日は潮もあまり動かないので、潮がまだ動くだろう白浜の小島から行きます。

 

白浜小島の釣り場紹介

駐車場に着いたのは夜の9:30で先行者さんは2名。2人とも沖にむかってエギを投げてはるので、入りたかった湾内~水道のラインに投げられるポジションにそそくさと釣友とはいりました。

ラッキー♪

数投後、まさかの

680gやリリースサイズを含む5杯をゲット♪チャンスタイムだったので途中から写真撮ってませんw

5投で5杯

大当たりです!(^^)!

エギはDraw4 3号ピンク/パールホワイトです。

個人的には「パールホワイトはシルバーとか金と違ってポワンとボワンと暗闇で浮かび上がるのでは、、、ないかな?」なんて勝手な想像をしてます。

で、釣友も300gくらいのをゲット。

アタリが止んだので移動します。(この時は明日昼までにどれくらい釣れるかな。なんてことを考えてました)

小島の釣り場詳細はコチラ

スポンサーリンク



 


朝間詰めには志原磯でまあまあのアオリイカゲット

で、そのあと朝来帰漁港(あさらぎ)の常夜灯がうちたい。ということで移動です。

ワタシはここのテトラが苦手で内向きでぽちょぽちょしている間に釣友が300gくらいのアオリイカを2杯ゲット。

追い上げてきます( ;∀;)

墨跡は、、、そんなに多くないですが、結構反応は良かったみたいです。

 

で、ちとだけ疲れたので、ローソンで腹ごしらえして道の駅志原海岸で朝マヅメに備えて寝ます。

で、4時過ぎに起きて次に向かったのは日置にある志原磯です。ここは朝マヅメと半分決めていました。

とりあえずちょこっと移動して広範囲に調子の良しあしを探ろうかという作戦ではあるんですが、

 

海岸の方ではなく日置大崎との間にある湾をせめます。

このあたり。

志原海岸から普通に行けます。満潮でなければ結構先端付近まで行けます。

でそこでも、

リリースサイズと、、、、ちゃんとイカくんが写っていないのですが860gをゲット。

釣り友も700gくらいのをゲットして あたりが移動です。

エギはまだピンク/パールホワイトの3号のままw

 

860gあげた時にはもう少し大きな個体もチェイスしてきてました。

一回り大きなヤツがイカの抱いたエギにアタックしてきたんですが、どうしようもできず。

そいつも獲ってやるーーー!!!と頑張ったんですがそうはいかずw

アレ、一つのエギに2杯のアオリイカがかかるなんてこともあるんですかね?ショアジギングでフロントとリアのフックに1匹ずつ魚がかかるってことはちょくちょくあるんですけど。

どうなんでしょうか。

 

志原磯の釣り場詳細はコチラ


明るくなってからは迷子迷子ですさみまで

明るくなってから、どこに行こうか迷いましたが、あくまで調査いろいろ打って南に下っていこうかということで

この後は

前にランガンしたときにみつけた椿の謎のシャロー磯

名前は知りませんが地名的には伊勢ヶ谷ってとこです。

次いで安宅崎

 

さらに伊古木漁港

 

ついでにすさみ漁港

を回りましたが、新しそうな墨跡はなし、、、、

うーん、、、あんまし南いってるとアレなのかな?

と思ってると堤防先端から来た2人組のエギンガーさんとすれ違い、その時に話ました。

「どうですかー?釣れましたー?」

「うーん僕ら串本から戻ってきたんですけど、串本の方は大きくても500gくらいですね」

「あ!竿、ストリームブースター一緒じゃないっすか( *´艸`)」

「なんか嬉しいなー♪」

 

ってな感じの(もしかしたらウザがられたかも)な会話を交わして、「白浜小島とか日置の志原はまあまあ大きかったですよー数も出ましたし」と情報を伝えてとりあえず江住のお気に入りのローソンwへ。

 

駐車場で作戦会議の末、江須の川漁港の横にあるシャローだけうって日置・白浜方面へもどります。

 

江須の川漁港はすさみ酒井渡船さんのとこです。

秋によさそうなシャローで、イカがいたら絶対飛びついてくる!と思いましたがイカはおらずw

もうお昼になっちゃいました。





北風が吹くので白浜のハシタテで夕マヅメ

いろいろ考えましたが、デイでは不発だったので、
釣友が行ったことない釣り場で、かつ予報通り6mほどの北風が吹くとみてそれでも釣りができるところ、、、ということで白浜のハシタテへ。

 

先端には親子連れのエサ釣り師さんがいたので、北風が吹くとみて湾内向きの釣り座で釣り開始です。(湾内向きは北風が背中になって山があるので北風でも釣りにはなります)

ここではワタクシはちょくちょく2杯200gくらいのをゲット、さすがにずっと運転で何か所も磯歩きをしたのでダウン。

知らない間に釣友は先端に釣り座を構えて800gくらいのを2杯と500gくらいのをゲット。

起きて焦ったころにはもう遅く、9時頃に潮もゆるんでアタリがなくなったので納竿にしました。

 

横に入らはったエギンガーさんがピュンピュンと冬の潮ガンガンの場所で4号を扱うような感じで多分3号をシャクってはりましたけど、それでも釣ってはったので大事なのはフォールとかステイなのかな、、、特に秋はと思いました。

ハシタテの釣り場詳細はコチラ

フォールとかステイのお話はコチラ

 

結果は、、、、、。

釣友が

3630g

ワタクシが

2590g

ワタクシの負けです( ;∀;)

罰ゲームは1週間勝者を「先生」と呼ぶことw
(あ、職場が同じで会うんで言わないといけないんですよねw)

スポンサーリンク




 

南紀秋イカエギングで時期を考えるとまあまあ大型のアオリイカゲットのまとめ

今回は南紀のちょこっと手前側をランガンしてきました。なかなかいいサイズのアオリイカもゲットできて楽しかったです。

すさみ漁港で会ったエギンガーさんの情報とか各地の墨跡の量を考えると串本まで行くよりかは白浜南部から志原海岸のあたりがこの週末とかはアツいかもしれません。

(すさみ漁港で会ったストリームブースターのお兄さん貴重な情報ありがとうございました。その情報のお陰で南へ行かずとまって戻りました♪のおかげで良型追加できました、、、、釣友がw)

 

今回行った釣り場はコチラ(青い文字は詳細ページを作ってます)

白浜小島

朝来帰漁港

日置志原磯(の大崎側)

椿伊勢ヶ谷の地磯

安宅崎

伊古木漁港

すさみ漁港

江須の川漁港横のドシャロー地磯

ハシタテ

 

次の釣行記は「中紀北東爆風の中で秋イカエギング釣果報告」

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)