南紀ランガン激シブの秋イカエギング釣行~先月はあんなに大きかったのに(第3回勝手にエギングカップw)~

南紀ランガン激シブの秋イカエギング釣行~先月はあんなに大きかったのに(第3回勝手にエギングカップw)~

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

先月、ランガンで釣友とやった第2回勝手にエギングカップで爆釣ながら見事に負けてしまって釣友を「先生」と呼んでいたのですが、

第3回をやってきたのでその釣果報告をしたいと思います。

 

前もって分かっていた激シブのここ数日。水温?風?よく分かりませんがどこの釣果情報を見ていても数が出てません、、、。

「キツいやろな、、、、」とは言いつつ、また総重量対決で負けたら1週間勝者を「先生」と呼ぶ。という謎ルールでエギングして遊んできましたw

釣行日

平成30年11月13日夜~14日夜

釣行場所

(夜)

伊古木地磯

伊古木漁港

オオバエ(ウネリでほとんど打てず)

(朝マヅメ)

高富ローソン裏の地磯

伊古木地磯

(夕マヅメ)

笠甫右岸の地磯

 

釣果

(ワタクシ)

アオリイカ700g×1

アオリイカリリースサイズ×4

 

(釣友)

アオリイカチビ×1

アオリイカリリースサイズ×2

右がワタクシ左が釣友

総重量対決には勝ったものの、貧釣果貧釣果( ;∀;)

 

行きしなは「シブいけどキロ2杯くらいはとれるろ???」みたいなこと言うてましたがとんでもないw
 

月と潮とお天気

お月さん半分弱やのにけっこう明るい小潮。

潮はトロトロでしたが高富と笠甫ではいい感じの潮に会えました。

水温

20℃弱

まだ11月半ばなのに20℃きっちゃってます。

エギングタックル

ストリームブースターEXR710(カンジインターナショナル)

セフィアCI4C3000s(シマノ)

ロッドの(なんちゃって)インプレはコチラ

釣行の感想

 
先月「10月中旬に800gは、、、予想してなくて楽しかったです♪」
 
みたいなコメントをしてこのまま成長して、、、を期待していましたが、天候、水温、10月の台風、群れが替わって、もあってかシブイシブイ。
ワタシの中では1番のハイシーズン11月にコレは、、、ってな感じでした。
 
ランガンの途中で釣果を聞きましたが、ボウズとか小さいとか、ヤエンの方で獲ってても1杯まともなヤツを。ってな感じが多かったです。
 
アタリもおさわりだけが多かったですね。
 

スポンサーリンク




南紀秋イカエギング、第3回勝手にエギングカップ釣行釣果詳細

 

釣友にリベンジすべく南紀に秋イカランガンエギング釣行をしに行ってきました。

当日は予報では

風は北東~北西風11mほど、ウネリは東ウネリが1.5mほど、、、、。

 

勘弁してください。ですw

 

とりあえず、そんなこんなで北風が避けられて、東ウネリが回ってこない釣り場を順に21時くらいからまわりました。

まずは

伊古木の地磯。

 

こんなとこです。

潮もまあまあいいし、釣れそうだったんですがアタリすらなし。

伊古木地磯の釣り場詳細はコチラ

「伊古木地磯の釣り場紹介(和歌山県南紀白浜):北風に強い手軽なエギング地磯」

 

すぐに移動します。

次は伊古木漁港

ここは常夜灯というわけではないのですが、道の明かりが漏れてわりと明るくてたまにきます。

でポツポツキャストして、湾内で

 

想定80gのアオリイカくんをゲット。

え!?!?とは思いながらも優しく「大きくなったら帰ってこい」と海に返します。

 

ん????なんでコンナちっちゃいのが、、、まだ、、、。

先月はこのサイズには出会いませんでした。

 

嫌な予感がしつつも、朝来の横島の横の地磯

行きましたが先行者がいて打てず。

というかウネリがキツそうでした。

さすがに横島まで綱渡り、、、、はイヤなので、見老津のオオバエに。

ここまで北風は平気。でもウネリがきびしそうです。

ココも数投しましたが気配すらなく、ウネリで釣りになりそうになかったので、まだ24時前くらいでしたが朝マヅメに備えて串本まで動くことに。

次に江田漁港

江田漁港は常夜灯のあるオススメの小さな漁港で、ココへ行くとワタクシはシャロー打ちバーストしていつも釣れるんですが、、、、。全く気配なし。

嫌な予感がするので、朝マヅメ予定高富まで行って寝ます。

(江田漁港の釣り場詳細はコチラ)

「江田の堤防の釣り場紹介(和歌山南紀串本):手軽に常夜灯でナイトエギング」

 

5時前から高富のローソン裏の地磯

ワタシは

コレ(釣り場紹介ページの①の釣り座)

釣友は

コレ(釣り場紹介ページの②の釣り座)

に入ります。

 

とりあえず、明るんでくる前からシャクリ倒しましたが反応なし。

明るんできたタイミングで、潮がガンガン走ってきたのでチャンスタイム。

潮の中で結構強めに激しくシャクります。

 

潮の中で、

おさわり、のらず。

フォローで軽めにシャクッて

おさわり、のらずw

またフォローでフリーで落としてまたシャクって

おさわり、のらずw

 

このパターンはデカいかも、、、と思いつつ手前まできてやっと乗りましたw

思ったより伸びずの700g

Draw4 3.5号ピンク/パールホロです。

 

好評につき売切れです

エギはいろいろチェンジしまくる派ですが、最近このカラーにハマってます♪

 

その後あかるくなってアタリが連発します。

しかもシブいアタリがw

乗れども乗れどもコノサイズ。。。。

ゴメンよ、と海に帰ってもらいます。

 

釣友もこのタイミングで150gをゲット。

アタリが止んで移動します。

高富のローソン裏の地磯の釣り場詳細はコチラ

「串本高富のローソン裏の地磯の釣り場紹介(和歌山南紀串本):串本の手軽な地磯で春秋のエギングアオリイカ数釣り狙い」

 




 

とりあえず、風がすごくなってきたので北西風に強い伊古木まで一気にもどります。

 

風は大丈夫なんですが、ウネりが入ってきます。

まだ釣りになりましたがアタリもなく、昼休憩をかねて道の駅日置川でご飯

もちろん「激シブに勝つ!!!!!丼」w

すいません。。。。

アホなこと言うてるから、このあと結局激シブに負けますw

 

風がエグイ、、、なんとかなるとこで夕マヅメを、、、ということで笠甫の右岸へ。

 

風にめっぽう強い笠甫ですが、それでもたまに入ってきます。

なんとか我慢して、小潮のくせによく動く潮のなかにエギを通しまくりましたが、釣れず。

納竿としました。

 

スポンサーリンク




 


南紀秋イカ激シブのエギング釣行と第3回勝手にエギングカップのまとめ

先月とはうってかわって南紀は激シブ。釣果情報を聞いてると中紀も激シブのようで、どうしたんだ今年のアオリイカ、、、って感じです。

まあでも水温もちょこっと低いし、台風の影響もあるやろうし、、、。釣れただけでも良しとするか。

なんて思ってます。とりあえず、釣友に「先生」と呼ばせるw

 

今回いった釣り場は

(夜)

伊古木地磯

伊古木漁港

オオバエ(ウネリでほとんど打てず)

江田漁港

(朝マヅメ)

高富ローソン裏の地磯

伊古木地磯

(夕マヅメ)

笠甫右岸の地磯

青い文字の釣り場はクリックすると釣り場ページにジャンプします。

 

気になる方は前回の勝手にエギングカップの記事を見てみてください。この日は割と好釣果です。

「南紀秋の勝手にエギングカップ釣果報告10月に800g台のアオリイカ」

 

そうそう、11月末にまた南紀の高速通行止めがあります。

釣行予定の方はお気をつけください。

 

次回の釣行は「激シブの中紀で中学生にアオリイカ釣らせてあげたいエギング釣行」




スポンサーリンク(advertisement)


当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。記事上下のボタンでいいねしていただけると幸いです。



よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

(googleマップのマイマップへはコチラ

◎エギングの記事は→コチラ

◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ



関連コンテンツ(related contents)