阿尾漁港の釣り場紹介(和歌山中紀)秋エギングでもサイズが狙える漁港

阿尾漁港の釣り場紹介(和歌山中紀)秋エギングでもサイズが狙える漁港

阿尾漁港ポイントまとめ

ポイント:阿尾漁港
場所:和歌山県日高郡日高町阿尾
種類:漁港
釣り方:エギング・サビキ
魚種:アオリイカ・アジ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :★☆☆☆☆(ありますが、光量が足りない気がします)
アクセス     :★☆☆☆☆(湯浅御坊道路御坊ICから車で約25分)
隠れ家度   :★★★☆☆
駐車場    :★★★☆☆(無料15台ほど)
トイレ      :★★★☆☆(漁港入り口にあります)
コンビニ     :★★☆☆☆(ローソン紀伊内原駅前店まで車で約10分)


阿尾漁港でどんな魚と出会えるのか

阿尾漁港は中紀の産湯漁港と同じ湾の反対側にある少し大きめの漁港です。

アオリイカの魚影のとでも濃い漁港で、数型ともに有望な中紀のなかでも、大型のアオリイカを狙うことができます。理由はよくわからないのですが、右側の堤防先端部から沖堤方向で釣れるアオリイカは他よりも多少型がよいきがします。

他の釣りものとしてはタチウオ・カマス・アジの回遊もあり、それほど大量ではなさそうですが釣りあげられているかたもおられます。

スポンサーリンク




阿尾漁港の釣り場詳細

045

044


阿尾漁港には二つ堤防があるのですが、白い灯台があるほうの堤防がオススメです。(上のgoogleマップでいう右側の堤防
(もう一つの堤防は足場が低く釣りやすいのですが、アオリイカの魚影はそれほど濃くなくサビキ釣りをしているファミリーが多いのであまりオススメできません。)

堤防横にはサーフがあり、サーフ側にテトラが積んであるのですが、こちら側は水の透明度が高くサイトでのエギングが楽しめます。

堤防中腹までは、サーフが遠浅になっていることもあり遠投をしても水深は1~4mほどで海底は砂でほとんどシモリはありません。
釣りやすいのですが、この砂のエリアにいる見えイカにはあまりやる気がないように思えます。

メインとなるポイントは堤防の先端部です。

039


ここまでくるとサーフ方向に投げても水深は3~5mほどあり、満ちのタイミングで沖堤との間の水道から潮が入ってくるのでオススメです。

037


沖堤との間もオススメで、同様に水道になっていて潮通しがよく、ちょうど写真の角度の沖堤との中間あたりにちょっとすり鉢状になった地形があり、ここでサイズの良いアオリイカがかかることが多いです。(ちょうどこの写真の方にロングキャストしたあたりです)

038


白灯台から、もう一つの堤防へ向けてのキャストも船道が作ってあり水深が5~8mほどとオススメですが意外と漁船の出入りが多く、ちょっと大変ですので、堤防先端部からサーフ方面か沖堤方面がオススメです。

アオリイカの魚影は濃いですが、小場所であるのでヤエン釣りをするにはあまり向かないと思います。


中紀に行ったときのオススメお土産イカまじりシラス

お土産が釣れなかった場合に備えて、、、、帰りに御坊I.C.から高速にのる方にオススメなのがフタバ商店さん。
御坊インターチェンジの手前のファミリーマートさんの隣にあるお土産もんやさんです。


でここのイカまじりシラスが絶品なのでお土産としてオススメです。


阿尾漁港まとめ

阿尾漁港は中紀にあるアオリイカの魚影の濃い漁港で、中紀のランガンコースの中では一番サイズの狙える漁港です。釣り場も広く、ベイトも豊富なため「もう少し方が良いものを」なんて時に特にオススメしたい釣り場です。

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう