阿尾地磯の釣り場紹介(和歌山中紀)手軽な春秋イカ狙いの地磯

阿尾地磯の釣り場紹介(和歌山中紀)手軽な春秋イカ狙いの地磯

阿尾地磯ポイントまとめ

ポイント:阿尾漁港
場所:和歌山県日高郡日高町阿尾
種類:地磯
釣り方:エギング
魚種:アオリイカ・カマス・アジ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★☆☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆(ありますが、光量が足りない気がします)
アクセス     :★☆☆☆☆(湯浅御坊道路御坊ICから車で約25分)
隠れ家度   :★★☆☆☆(ヤエンの方に人気のポイント)
駐車場    :★★★☆☆(無料1台か阿尾漁港に停める)
トイレ      :★★★☆☆(漁港入り口にあります)
コンビニ     :★★☆☆☆(ローソン紀伊内原駅前店まで車で約10分)


阿尾地磯でどんな魚と出会えるのか

阿尾地磯は中紀の阿尾漁港の横にある小さな地磯です。

アオリイカの魚影の濃い釣り場で、特に秋の数釣りを楽しむことができます。

またシャローで藻も生えるので春イカ狙いにも適しています。

他の釣りものとしてはカマス・アジの回遊もあり、夜釣りでヤエンをしながらカマスやアジ狙いでルアーを投げてられる方もいます。
スポンサーリンク




阿尾地磯の釣り場詳細

阿尾地磯は阿尾漁港の少し西側にある地磯で、ゴロタの底にシモリがちょこちょこある小さな地磯です。

道沿いにちょことある手軽な釣り場です。(下のストリートビューにちょこっと見えてるやつです

 
阿尾地磯の釣り場は小さな地磯の周りがゴロタとシモリのちょくちょくあるシャローフラットの釣り場です。


上の写真はド干潮時です。ド干潮時で30mくらい投げても水深は2mあるかないかくらいで、シャローが続いています。


地磯の手前側はつぶが小さめのゴロタ浜で地磯の方も海底はこんな感じのゴロタにちいさめのシモリがたくさんあり、そのシモリ周りにちょろちょろっと藻が生えます。

足場が2mくらいとちょうど釣りがしやすく、秋イカのサイトフィッシングにもってこいの釣り場です。


阿尾地磯への行き方

阿尾地磯へは湯浅御坊自動車道川辺インターチェンジで高速を降り右折して国道42号線に向かいます。

 
初めの三叉路で右(日高の方)に向かいます。

 
そのまま直進して突き当りの萩原というT字路(国道42号線沿いのファミリーマートのところ)で左折します。

 
内原駅前の交差点で右折して

 
そのまま道なりにすすんで下のようなT字路をまっすぐ進みます。(道なりに右に行くんではなくてまっすぐです)

そのあと道なりにすすむと比井漁港

 
産湯漁港

 
の入り口を越えてそのまま海沿いの道を進むと阿尾漁港の前に出るので少し通りすぎます。

もう少し進んだ次のカーブのところにしたのような大きな防波堤があります。


この左側の路肩が広くなっていてギリギリ1台車が停められます。

ここに車を停めて歩いていくと、堤防に下のような切れ目があり、そこから地磯に行けます。


この切れ目から地磯に出ると、


こんな感じですぐ地磯ですので、かなり手軽で秋イカ狙いのランガンにもオススメです。





中紀に行ったときのオススメお土産イカまじりシラス

お土産が釣れなかった場合に備えて、、、、帰りに御坊I.C.から高速にのる方にオススメなのがフタバ商店さん。
御坊インターチェンジの手前のファミリーマートさんの隣にあるお土産もんやさんです。


でここのイカまじりシラスが絶品なのでお土産としてオススメです。


阿尾地磯の釣り場まとめ

阿尾地磯は手軽に行ける中紀のシャローフラットな地磯で、秋イカ狙いのランガンに特にオススメです。

中紀をエギングでランガンするときには一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

隣にある阿尾漁港もその向こうの産湯漁港もオススメです。

 

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう