田並地磯コアズエの釣り場紹介(和歌山南紀串本):エギングでオススメの手軽な地磯

田並地磯コアズエの釣り場紹介(和歌山南紀串本):エギングでオススメの手軽な地磯

コアズエポイントまとめ

ポイント:田並地磯コアズエ
場所:和歌山県東牟婁郡串本町田並
種類:地磯
釣り方:エギング・ショアキャスティング
魚種:アオリイカ・ハマチ・シオ・グレ・アイゴ・ブダイ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★★
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :★☆☆☆☆(ないですが、近くの田並漁港の明かりで明るいです)
アクセス     :★★☆☆☆(紀勢道すさみ南から20分、地磯まで15分)
隠れ家度   :★★★★☆(エサ釣り師さんに人気の釣り場です)
駐車場    :★★★☆☆(田並漁港に駐車可能です)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(駐車場からローソン串本町高富店まで車で約10分)


田並地磯コアズエでどんな魚と出会えるのか

コアズエは田並漁港の外にある地磯です。

上の衛星写真を広域にしてもらうと、上の方に田並漁港がでてきます。

黒潮域で、黒潮の接岸時には水温があがり、いろいろな魚が狙えます。メインとなるのはアオリイカで冬でも狙うことができます。(赤系がでるのかは分かりませんのでまた厳寒期に行って調査してみます)

エサ釣りしさんはカゴやフカセでグレ・アイゴ・ブダイを狙っているからがいらっしゃいますが底物師さんを見たことはありません。

またそこまで大型ではないですが、ハマチやシオなどの青物を狙うこともできます。どちらかというと青物も狙う場合はもう一つ沖側にあるアズエまで行った方が釣果はいいです。
スポンサーリンク




田並地磯コアズエの釣り場詳細

コアズエは満潮時以外に行ける地磯です。もう一つ沖側にはアズエという地磯があります。

上の衛星写真で言うと上のちょっとちっちゃいのがコアズエ、下の大きいのが沖側にあるアズエです。

どちらの地磯も東からの風は背中にある山がさえぎってくれるのと追い風になるのであまり気になりません。西や北西の風には弱いです。

コアズエの釣り座

コアズエはエギングにオススメの地磯でエサ釣り師さんもコチラに釣り座を構えることが多いです。



夕方の写真ですみません。写真真ん中ちょい右に見えているちょぼのアタリがアズエ手前の釣り座です。

アズエ手前には釣り座が3か所ほどあり、3人ほどでしたらなんとか釣りをすることができます。どの釣り座にかまえても20m沖くらいにブレイクがあり、このブレイク沿いに潮が流れるエギングしやすい地形になっています。水深はブレイク手前が2~3mでブレイクより沖が5mから少しずつ深くなっていく地形になっています。

海底はゴロタに小さめのシモリがちょくちょくあるような感じで。釣り座の高さはだいたい2mくらい。

足場は割とよく釣りはしやすいですが行くまでの岩がミルフィーユのようになっていて歩きにくいので明るいうちに行くのが無難です。


(写真はコアズエの一番手前の釣り座)

沖側の地磯アズエ

アズエはコアズエよりもブレイク後の水深があり、潮がもう少し沖で走る釣り場になっています。手前側に比べて遠投がきく釣り向きの釣り座です。


写真真ん中に見える岩山の向こう側が沖側の釣り座です。(釣り座の写真撮ったらまたのせます)アズエの沖側は手前側に比べるとちょっと高低差があります。

沖向き、湾内向きどちらも狙えますが、手前側と比べると潮が走る位置が遠く少し遠投のきくタックルで挑むのがいいです。

青物の回遊がみられるのはこちら側の釣り座です。ブレイクの位置や水深は手前側の釣り座とほぼ同じくらいで20m沖くらいにブレイクがあり、そこから沖は5mくらいの水深から少しずつ深くなっていって、メタルジグを遠投すると大体15mほどの水深があります。

手前の釣り座に比べて足場が少し高いので風の日は釣りづらいです。

アズエの釣り場紹介はまた別で書きたいと思います。


田並地磯コアズエの行き方

コアズエへは、紀勢自動車道すさみ南I.C.で高速を降り、国道42号線を串本方面にすすみます。

田並漁港が見えたら漁港敷地内の隅っこに邪魔にならないように停めさせてもらって、歩いて国道42号線へでます。でたらすぐ横にある民宿深海さんの看板の手前にある階段を降りて、そのまま海岸沿いを沖側に歩いていきます。


干潮時しか渡れないわけではありませんが、渡礁の目安は潮位130cmほど。大潮や低気圧でなければ満潮時でもウェーダーで渡ることができますので、潮位が心配な方はウェーダーで行くといいかと思います。

好評につき売切れです

コアズエの釣り場まとめ

田並漁港横の地磯コアズエは山歩きがなくわりと手軽な地磯。黒潮の影響を受けて冬場でも水温低下がマシでアオリイカを年じゅう狙うことができます。満潮時には道中が海水につかるので潮汐表と気圧配置を確認して釣行すると楽しい釣りができるかもしれません。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう