エギングで持っていると便利な道具

エギングで持っていると便利な道具

記事を読む前にお願い。

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています。
釣果記事なら人が集まるかもしれませんし、釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。

このブログを見て行った釣り場は必ず駐車場はキッチリ、騒音を立てない、人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り

また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。

釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。しゃーない許したるかと思った方はインスタとかで「しゃーないから許したる」と言ってもらえると嬉しいです。

ブログ管理人のワタクシは、釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー。。。でも、誰のものでもない釣り場やから、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。

そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

前回、エギングロッド・リール・ライン・エギがあればとりあえずエギングができますよ。という記事を書きました。

 

が、新鮮なまま持ちかえっておいしい状態で食べるより安全に釣りをする。などには少し物足りません。

 

現在エギングは大流行中で、道具の開発もかなり盛んですのでいろいろな道具が次々と釣具屋さんに並びます。

例えば釣果アップにつながったり、釣った後おいしく持ち帰れたり、釣りをより快適にしてくれるものについて紹介したいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 


エギングにちょうどいいコンパクトなクーラーボックス(おいしい状態で持って帰るのに必要)

 

 

010

 

イカを新鮮なまま持ち帰る、飲み物や食べ物を釣り場に持っていくのに必要なものです。

 

エギングは道具を持ち運びながら釣りをするので、クーラーはコンパクトなものが良いです。

 

500mlのペットボトルが入る形のものを選ぶと空きペットボトルで作った氷を保冷用に入れて、飲み物も入れることができて、イカも入れられるので便利です。

 

ただし、クーラーボックスが汚れるので、イカはジップロックなどに入れてからクーラーボックスに入れましょう。

 

 


懐中電灯(夜釣りをするなら必要)

 

 

008

 

 

 

イカ釣りは日中よりも夜釣りや夕まづめの釣りの方が釣果が良くなることの多い釣りですので(季節にもよりますが)、

夜間出かけることが多くなります

 

懐中電灯は必須ともいえるのですが、あんまり光ったり消したりしたり光でヒトの影が水中にはいったりすると目のいいイカは警戒しますので要注意。

 

他にも蓄光(光を蓄える)できるグローのエギにライトで光をあてるとルアーを光らせることができます

 

 


ラインカッター(あると釣り準備がスムーズ)

 

018

 

ナイロンラインやフロロカーボンのラインを切るハサミのようなものです。

ハサミをもっていってもいいのですが、身に着けておくのに便利で刃が外を向いていないので安全でオススメです。

 

ラインカッターはよく使うため写真のように伸びるキーホルダーに接続して身に着けておくと使いたいときにすぐ使えて便利です。

 

PEラインはこれで切ると後がほつれて大変なので熱できるといいかと思います。よかったらそれにかんする記事をコチラに書いています。→コチラ

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 


タモorギャフ(大きいイカがかかっても安心)

 

(タモ)

021

 

(ギャフ。上の柄につけられるタイプのものです)

 

カンジインターナショナルのショートギャフⅢのインプレと持ち運び・装着する方法と一周の長さ カンジインターナショナルのショートギャフⅢのインプレと持ち運び・装着する方法と一周の長さ

 

釣れたイカを手元にもってくるための道具です。

 

どちらも柄の部分が伸び、長さは3~8mになります。タモは網ですくい、ギャフは先端のハリみたいなものでひっかけます。

 

だいたい700gくらいを超えると、これらを使わずに竿のパワーだけで上げるのは難しいですし、自重でアオリイカの足がちぎれてしまいます。。

 

竿が折れるのも悲しいので、どちらかを準備しておくといいです。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 

 

前までは重たいギャフを使ってて、

ギャフを使ってイカをあげるのが苦手でしたが、

 

この軽いギャフにしてだいぶ楽になりました( *´艸`)

 

このギャフに関しては別に記事を書いてますので気になる方は見てみてください↓↓

カンジインターナショナルのショートギャフⅢのインプレと持ち運び・装着する方法

 


日中でも海の中が見える偏光グラス

 

009

 

 

海面の光の反射を遮光し、海中からの屈折波を通すサングラスです。

 

平たく言うとこれをつけると海中がカナリ見えやすくなります

 

エギングのひとつの大きな楽しみとして、イカを見ながら釣る「サイトフィッシング」というものがありますが、

この偏光グラスをつけないとできません。

 

偏光グラスのレンズの色には意味があって違いがあるのですが、

初めて買うときはあまり気にしなくてもいいと思います。

 

エギングで偏光グラスをかけた方がいい理由のもう一つはラインが見えやすくなるからです。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 


コンパクトなイカ絞め具

 

007

 

 

イカを絞める道具です。

 

イカはちょうど目と目の間を突き刺すと、色が透明になります。

 

絞まったサインなのですが、胴も頭の部分も絞まるまでさしましょう。食べたときの柔らかさ新鮮度がかなり変わります。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.
Error: Failed to retrieve data for this request.

 


グリップ力を上げてくれるグローブ

 

027

 

 

通常の手袋の使い方のように、寒さをしのぐ意味はほとんどありません。

 

釣りの時に装着する手袋は、手を守る、グリップ力があがるという効果をもった手袋です。

(中には暖かいという効果のあるものもありますが)。

 

グローブを着けておくとあまり強くにぎらなくても竿を振ることができて楽に釣りができます

 

さらに慣れてきて激しくアクションを付けるようになると小指の外側などがすれて痛くなったりするのも防げます。

 

これを選ぶときは実際に着けてみて「手が自由に動く」ことと、「竿を握ってグリップ力が上がる感じがする」ことを基準に選んでみてください。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 


バス釣りとかでも使うハリをかけておくフックキーパー

 

フックキーパーでエギをひっかけとく フックキーパーでエギをひっかけとく

 

エギを竿にひっかけておくものです。

 

500円くらいまでで購入できます。歩いて動くちょこっとのランガンなどではとても便利です。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 


磯に行くなら絶対履かなくちゃならない磯靴

 

023

 

磯を歩けるような靴です。

磯靴には大きく分けて3種類あり、フェルト・スパイク・フェルトスパイクがあります。

エギングを始めてハマるまでは購入の必要はありませんが、磯に行って大きなイカを釣りたい、磯へ出かけるためには必須です。

 

フェルト・スパイク・フェルトスパイクは簡単にいうと歩く場所によって使い分けます。

 

スパイクの長靴よりシューズタイプのものの方が蒸れずに快適に釣りができるのでこちらの方が良いと思われます。

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 

いろいろなタイプの磯靴がありますが、ここでは軽くにしておきます。磯靴の選び方についてはコチラに詳しく書いていますのでよかったら参考にしてみてください。

 


マグネットリリーサー

 


ギャフやタモを磯に置いたり肩から掛けたりするのが嫌な人や、

使いにくいと感じている人にオススメです。

 

こんな感じのやつです。

マグネットリリーサーの使い方などについては別ページに書いていますのでコチラを参照してください。

 

 

 

 

スポンサーリンク




 


エギングで持っていると便利な道具まとめ

 

エギングでは竿・リール・ライン・エギの他に持っていると快適に釣りができ、釣果アップにつながる道具がたくさんあります。

 

すべてを持っていると良いというわけではないが、釣り場によっては持っていないといけない場所や、持って帰っておいしく食べるためには必須!!といったものもあります。

 

釣りはじめには必要ないので買いそろえなくて良いが、少しなれてきてからよくいく釣り場や釣りのスタイルに合わせて購入を検討してみると良いと思います。
エギングにかかわる道具はここまで。道具が揃ったら、

次は結び方。エギングにオススメのファイヤーノットについて知りたいという方はコチラ

釣り場に行ってどこに投げてどのようにエギを動かせばよいのかを見る方はコチラ




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。



◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

◎エギングの記事一覧は→コチラ

◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)





ブレイズスマートEV   

どんなときもWiFi(芸能人有)
Translate »