ファイヤーノット(エギングにオススメの素早くて簡単な結び方)

ファイヤーノット(エギングにオススメの素早くて簡単な結び方)

今回はエギングリーダーとPEの結び方は何がいいのか?についてちょっと書きたいと思います。「0からでもエギングが始められる」とか書きながら肝心な結び方について書くのを忘れていました。すみません。

ワタシは個人的にエギングでは手軽で簡単、なおかつそこそこの強度のファイヤーノットをオススメしています。昔はショアジギングと同じようにFGノットで結んでいたのですが、時間・強さともにちょっと無駄な気がしてもっと手軽なものにしました。

できるだけ分かりやすいようにと思い、パソコンで図を作っていたのですが、不器用なもので、、、結局写真になってしまいました。写真だけだと分かりにくいのでそのうち分かりやすい図も作って追加する予定です。


ファイヤーノットの利点と欠点

ファイヤーノットはすごく簡単にいうとPEをリーダーの輪っかに絡めつけて、ひっぱりつづける力と摩擦力だけで結束するノットです。巻き数やバランスなどをミスるとスッポ抜けやすいという声の多いノットですが、ワタシの印象では慣れればまずすっぽ抜けることはありませんし、シーバスやフラットフィッシュ・タイラバくらいまでなら全然余裕でこなせます。ショアジギングやショアキャスティングでオススメのFGノット+エンディングノットはまた別記事に各予定ですのでご安心を。ショアジギングやショアキャスティングではファイヤーノットでは結束力不足だと思います。

ファイヤーノットの利点

結ぶのが簡単速いことだと思います。簡単なわりにそこそこ結束が強く、どちらかというと細い糸どうしを結束するのに向いているノットです。個人的には結束ミスが起こりにくいと思っているので揺れる船上でもけっこう楽に結べます。とにかく手軽で結び目が小さい

ファイヤーノットの欠点

太い糸には向かないことと結束を強くしたり結び目を小さくしたりという微調節がきかないところかと思います。

これらの利点と欠点から考えてエギングではもってこいのノットだと思っていて、シモリなどで擦れたリーダーも切ってすぐパパッと結びなおせますし、レッドモンスター狙いや春イカ狙いでも十分通用する強度はあります。秋イカ狙いのエギングでの細リーダーでもシーバス狙いくらいのリーダーでも十分に対応できます。ショアジギング用のラインで試したことはないですが、5号くらいまでのリーダーならこれでいけます。

ワタシはエギング・タイラバ・シーバス・タチウオワインド・マゴチング・ロックフィッシュ・チニング・メッキなどなど、いろいろな釣りでこの結束を使っています。青物狙いの時は結束力不足な、、、と思ってFGノットを使っています。

スポンサーリンク




ファイヤーノットの結び方

とりあえず動画で結び方説明してますので確認してみてください。

よかったらYOUTUBEチャンネルの登録もよろしくお願いします。これからも結び方とか釣りしてる動画とかいろいろあげていけたらと思ってます。

YOUTUBEチャンネルへは→コチラ

 

動画では分かりにくい!!という方のために。

2本の毛糸で説明します。緑の毛糸がリーダーピンク色の毛糸がPEラインだと思ってください。実物で写真を撮るとあまりにも分かりにくかったので、忘年会雑貨から頂戴した毛糸です。

リーダーで輪っかをつくる

まず、リーダーで輪っかをつくります。慣れてくれば輪っかは小さくても簡単に結べますが、初めは輪っかがすこし大きい方が結びやすいのでだいたい直径4cmとか5cmくらいの輪っかをつくります。輪っかをつくったら左手でリーダーを束ねて輪っかが壊れないようにつまみます(左利きの人は右手?)。


輪っかは当分このままなのでつまんだ指は離さないようにします。

PEを輪っかに通す

リーダーで作った輪っかの下からPEを通して上に抜きます。下から、、、上です。で、下の写真の方向に抜きます。


(もちろん上から下でも出来るんですが、この後の手順のすべてが逆になります、、ので分かりにくくなると思います)

上から抜いたPEをリーダーの下側に通す

言葉で説明すると妙に難しいんですが、上②で上に出してきたリーダーをリーダー2本の下をくぐらせて逆側にもってきます。。。。分かりにくいですね。下の写真を見てもらった方が分かりやすいと思います。


同じようにPEでリーダーを1周するように、PEを逆に持っていく

これも言葉で説明すると分かりにくいんですが、上野で手前に持ってきたPEをそのままリーダー2本をまたぐようにして上に持っていきます。



同じ要領でグルグルリーダーにPEを巻きつけていく。

リーダー2本をPEで束ねた方向にもう1周PEを巻きます。また1周、、、とだいた7周くらいがちょうと結びやすくていいかと思います。

ここで注意点、PEを巻きつけていく時は必ず輪っかから手の方向に進むようにしてください。つまり、グルグルは輪っか側から始めて、次の1周はさらに手に近いとこで1周するようにしてください。そうしないと最後に結束できずに解けたり締まりません。


こんなイメージらせん状に手に近づいていって7周くらい。別に回数に決まりはないのでだいたい5~8周くらいで結びやすいところで調節すればいいと思います。

輪っかの方に戻りながら同じ回数だけグルグル巻きつける

今度は同じ回転方向で輪っかの方に戻りながらグルグルリーダー2本にPEを巻きつけていきます。特にコツはないんですが、手前側に巻いてきた巻き付けと同じ回数だけ、キレイにクロスするように巻き付けていくとすんなりと結束できます。



キレイに巻き付けられるとこんな感じになります。


(コレは3回くらいしか巻いていない写真です。)

PEの先を初めと対称になる上から輪っかに通す。

グルグル巻いてきたPEの先端を上から輪っかに通します。ここに書いた手順を踏んでくださった方は必ず上から通してください。(初めに輪っかに通した方向と同じ方向にラインが出るようにします)最後にPE2本、リーダー2本で引っ張るので、初めに輪っかに通したPEと対称な形になるのが理想的です。


言葉でどういえばいいのか分かりませんが、PE(ピンク)の2本をひっぱったら締まりそうな形。にします。ワタシは初め何度かやりましたが、逆から輪っかに突っ込んで締めるとティッシュこよりみたいになってしまうのでご注意を。

うまく通せると、、、。


こんな感じになります。

軽く締めてから濡らしてゆっくりキツく締める。

⑦の状態まできたらもうちょっとです。PE2本、リーダー2本をもってかるーくひっぱります。巻き巻きしたところがすこし縮まるので、締めこまない程度に縮めます

巻き巻きしたところを縮めたら巻き巻きした部分をぬらします(ワタシは面倒なのでくわえて唾液でぬらしますが、たまにバッちぃと言われたりするので海水で濡らせばいいと思います)。

ぬらしたらPE2本とリーダー2本を徐々に引っ張って締め、動かなくなったらリーダーの長い方とPEの長い方を引っ張って徐々にキツク締めます。


できあがりです。毛糸でやってもこれくらいコンパクトになるので、PEとフロロでやるともっとコンパクトになります。

あとは余りの部分を切れば完成です。ファイヤーノットは抜けていくタイプのノットじゃなくて端っこで切れる風に力がかかるノットなのでエンディングノットみたいなのはしない方がいいと思います。せっかく小さくて干渉しにくい結び目が台無しになるので、余った端っこはほんの少しだけのこしてカット


ファイヤーノットまとめ

エギングやシーバス・タイラバ・マゴチなどなどいろいろな細いPEラインを使う釣りにオススメのファイヤーノット。簡単なノットとはいえ現場でいざ結ぼうとして結べないと冷や汗ものなので自宅で練習してから釣行するといいんじゃないかなぁと思います。ワタシは現在ショアジギング・ショアキャスティング以外でPEとフロロを結ぶときはこのノットばかりを使っています。

簡単でラクチンで速い。結束力が心配な方は一度結んでみて引っ張ってみてください。キッチリ結べると意外と強いですよ。

他に紹介している釣り糸の結び方の記事は(こう見ると結び方記事は書くのにめちゃくちゃ時間がかかるので少ないですねw今のところ「ラクチン堀田光哉式FGノット」はショアキャスティング用で紹介記事をちょこっとだけかいてます。)

リーダーとスナップやリーダーとソリッドリング

パロマーノット+編み込み+エンディングノット(ショアキャスティング)コチラ

手抜きノット(ショアキャスティング)コチラ

完全結び(エギング)コチラ

PEとリーダーの結び方

ファイヤーノット(エギング)コチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう