福良漁港の釣り場紹介(淡路島南淡)常夜灯がたくさんあるメバリングとナイトエギングの漁港

福良漁港の釣り場紹介(淡路島南淡)常夜灯がたくさんあるメバリングとナイトエギングの漁港

福良漁港のポイントまとめ

ポイント:福良漁港
場所:兵庫県南淡路市福良
種類:堤防
釣り方:エギング・アジング
魚種:アオリイカ・アジ・メバル・タチウオ・カレイ・キス
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :★★★★★(漁港のいたるところに明るい常夜灯があります)
アクセス     :★★★★☆(神戸淡路鳴門自動車道淡路島南IC.から車で約10分)
隠れ家度   :★☆☆☆☆(人気がありますが、釣り場はかなり広いです)
駐車場    :★☆☆☆☆
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(ローソン南淡町福良店まで車で約5分)


福良漁港でどんな魚とであえるのか

福良漁港は淡路島の南の端にある福良湾にある大きな漁港で、鳴門海峡とも近いためとても潮通しのよい漁港です。

(福良漁業協同組合さんの右側にあるのが福良漁港)

福良漁港は激流の鳴門海峡から少し入ったところにある福良湾にあるため、ベイトがとても多くアオリイカの魚影が濃いです。常夜灯が多く、周りより明るいため、特に月の隠れた暗い日のナイトエギングにとても適しています。

常夜灯回りに集まるベイトの中には大アジもおり、アジングも楽しめますし、メバルも常夜灯の周りに集まりますので、常夜灯回りはエギング・アジング・メバリングの釣り客でにぎわいますが、平日は人が少なく常夜灯を巡れます。ほかにもこれらのベイトを捕食しにくる淡路島全体的に多いタチウオも回遊してきます。昼になるとカレイ・キスを狙った釣り客で賑わい、いろいろな釣りものを楽しめる漁港です。タチウオの群れが入った時はやはりアオリイカは隠れてしまいます。

スポンサーリンク




福良漁港の釣り場詳細

福良漁港は淡路島の南の端にある漁港で、福良湾の中にあるため鳴門海峡の激流は直接はあたらず、ベイトが避難してきます。この湾内は比較的シャローで海底は砂地です。水深はほとんどの場所が3m~6mほどで目立ったブレイクラインはないのですが、漁港の出入り口のミオ筋だけ少し掘れていて深くなっています。

なんといってもこの漁港には常夜灯が多く、周囲よりだいぶ明るくなているため夜釣りがオススメです。

img_7790


淡路の南の方はカナリ田舎なのですが(こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、真っ暗です。私は都会よりそういう方が好きですけどね)、そんななかに町中みたいに多くの明るい街灯が漁港を照らしているのでベイトがたくさん集まります。

水深はどこへいってもほぼ一定していて、常夜灯回りはどこもオススメなのですが、上の写真の青い常夜灯がある堤防のカーブ部分から外向きにキャストすると潮が複雑になっていてエギングのオススメポイントです。(ページ上部に貼ったgoogleマップでいうと一番左側(西側)の堤防のカクカクっと曲がったところから沖に見える島に向かってキャストすると良いと思います。)

満ち・引きともに島の裏からこのカーブの沖あたりに向かって(沖当たりから)潮が通りここでカーブするので少し走り、その周囲でヨレができているみたいです。

この漁港のポイントはここだけではなく、いたるところに常夜灯があるので、その周囲がポイントと考えていただければよいかと思います。

(注!!この漁港には船がたくさんとまっており、たくさんの方が働いておられるので、邪魔にならないようにしましょう。また、堤防の常夜灯に明かりを灯すために堤防上部には電線が通されています。絶対にヒッカケたりしないように注意してください。)


淡路島南淡のナイトエギング漁港オススメ3選

淡路島全体としては常夜灯がありエギングにオススメの漁港は数多くはないですが、南淡には常夜灯がとても明るく、ナイトエギングにオススメの漁港が3つあります。この3つは場所も近く夜にランガンするのがオススメです、よかったら確認してみてください。

①丸山漁港(→コチラ

釣り場は広くないが潮通しが断トツに良く、常夜灯も1番明るい。

②福良漁港(→このページ)

釣り場がとても広く、丸山漁港ほど常夜灯は明るくないが数がかなり多く、漁港全体が明るい。

③津井漁港(→コチラ

常夜灯は明るいが一つだけ。ポイントはかなり狭くうてても2人まで。夜釣りで釣り人がいることはまずない穴場ナイトエギングポイント。


淡路島のエギングルール

淡路島のエギングには淡路島ルールがあります(あ、ヤエンでもミノーにたまたまかかってしまった場合でも同じです)。もちろん他のどの釣り場にもあるゴミを捨てない仕事をしている人の邪魔をしない墨を堤防に吐かせな騒がない迷惑駐車をしないなどなど当たり前のルールはどこにもあるのですが、淡路島のローカルルールがあります。

淡路島のエギングルールは2つ

img_7797


淡路島のエギングルール①

7月~9月はアオリイカを釣ったら持ち帰らず優しくリリースする。(どうやら7月~9月は淡路島ではアオリイカは産卵期のようで、エギンガーが増えすぎてオリイカ激減!!なんてことにならないように守ってください。もちろんオスメス限らずです。優しく手では触らず低いところからお願いします。

ん???私が知っているアオリイカの産卵期は春。場所によっても違うのかもしれません。新発見です!!!)

淡路島のエギングルール②

胴長15cm以下のアオリイカは優しくリリースする。これも手で触らず優しく低い場所からリリースする。

これは淡路島だけでなく、どの釣り場でも守りたいものです。

受け売りではあるんですが、子イカをカンナに引っ掛けてしまってリリースしたあと、生きていくのにどんな影響があるかはわからないのですが、「大きくなって帰ってこい」と低い場所から優しくリリースしてあげれば、元気に成長できるんじゃないかな、という気もします。(墨噴射のお土産にご用心。子イカを優しくリリースするときよく墨を吐きます)

そして、できれば子イカが多いような7~9月はエギングをしない方がいいのではないかなー、とも思います(淡路島は産卵期のようですが)。淡路島は夏場に大型の青物も上がりますし、他の釣りものもいっぱいいるので7~9月は他の釣りものにシフトして、アオリイカ釣り解禁になる日を待ちわびる。というのも楽しいんじゃないでしょうか。

おじいになってもエギングを楽しめる海があると嬉しいですね。


福良漁港まとめ

福良漁港は漁港全体に常夜灯があり、ナイトエギングにオススメの釣り場。アジ・メバル・タチウオなどの常夜灯での釣りが有利な釣りものはなんでも釣れる。頭上の電線や停泊中の船舶に注意してナイトの釣りを楽しむといろいろなターゲットを狙うことができるオススメの漁港です。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)