アオリイカを締めておいしく食べる方法(絞め方と沖漬けの作り方)

アオリイカを締めておいしく食べる方法(絞め方と沖漬けの作り方)

エギングが大流行している原因の一つと私は考えているのですが、アオリイカはとてもおいしいです。特に秋に釣れる新子のアオリイカはスーパーで買うどのイカよりもおいしく、これが私がエギングにハマった一つの理由でもあります。エギングを始めてアオリイカが釣れたら、せっかくなのでおいしく食べられる工夫をしてもち帰りましょう。ちゃんと処理するかそのまま持って帰るかでアオリイカの味と食感は劇的に変わります。そして実はこのアオリイカ、ちゃんと処理して冷凍すれば年中柔らかく食べられる超保存食なのです!!(冷凍庫に大量に入れておいて怒られないかは各自で判断してください、、、)

ということで、お刺身・炒め物・冷凍保存などにする場合のアオリイカの絞め方と釣り人だけの楽しみアオリイカの沖漬けの作り方の2パターンで紹介したいと思います。


①アオリイカを絞めて持って帰る

オーソドックスな方の持って帰り方です。お刺身、炒め物、イカ焼き、冷凍保存などなど、ほとんどの料理はこの方法で持って帰るとおいしくいただけます。

必要なものは:イカ絞め具クーラーボックス(500mlペットボトルに入れて作った氷がクーラーボックスが濡れなくてよいです)、ジップロックの袋タイプ(クーラーボックスがイカ臭くならなくてよいです)。

(1)イカを絞める。

イカが釣れたら、あまり手でベタベタ触らないようにして元気なうちにイカ絞め具で目と目の間をさしましょう。(少し残酷に思うかもしれないですが思い切ってさしてください。)少し見にくい写真ですが、赤丸のあたりです。

001


すると、イカが透明になります。この透明になったのが絞まったサインで、半身だけ透明になった場合は少し場所を変えてもう一度さしましょう。

スポンサーリンク



(2)保存する。

持ってきたジップロックにイカを入れます。入れるときも手で触らず、エギのカンナ(針の部分)でひっかけて入れると手が臭くならないので良いです。ジップロックをキッチリしめて、氷の入ったクーラーボックスへ。釣り場ですることはこれだけです。ナイロン袋だと、イカ汁???が外に出て、クーラーボックスを洗うときに手間です。

②アオリイカの沖漬けを作りかた

アオリイカの沖漬けは釣り人だけのお楽しみです。通常アオリイカの沖漬けはスーパーなどで販売されていないので、味わう機会は少ないのですが、絶品です。なので一度お試しください。

(1)釣行時に沖漬けのタレを作っていく。

ほんの一例なので一度やってみてお好みに調整してもらえればいいとおもいます。

沖漬けのタレ

めんつゆ:しょうゆ:酒 = 3:1:1

で作ったタレにしょうがをひとカケ、おろして混ぜる。以上です。コレをペットボトルに入れて釣行するといいです。私はいつも500mlのペットボトルに作って2本もっていきます。

(2)イカを釣る!!!

沖漬けを作るには、、、生きたアオリイカが必要です。なので、頑張って釣ってください。タレを作るのは簡単なので、ここが一番の難関だと思います。

(3)生きたまま漬ける

少し残酷に思うかもしれませんが、必ず「生きたまま」つけてください。ジップロックに沖漬けのタレを入れて、手でもみすこし温めます。(クーラーの温度のままだと低温すぎてイカがすぐに死んでしまうため)。ほんのすこしタレがぬるくなったら、生きたままのアオリイカをドボンと入れます。(イカがタレにびっくりして墨を吐くことが多いのでご注意ください)

アオリイカはタレの中で呼吸します。これでイカの中まで味が染み込んで、なんとも言えない味になります。なので、20分くらいはジップロックのフタをしめずに外で放置してください。すぐにしめてクーラーに入れるとあまりタレを吸わないうちに死んでしまいます。

20分くらい経ったらジップロックのフタをして、クーラーボックスに入れます。ここから12時間ほど経過したらできあがり。それまでに家に戻ったら冷蔵庫に入れておきましょう。

このまま食べるもよし、ごま油とスライスニンニクで炒めるもよし。絶品です。炒める時もアオリイカの皮は剥いでください。必ず。


釣ったアオリイカをおいしく食べる方法まとめ

釣ったアオリイカをおいしく食べる方法は大きくは2つ(他にもあるでしょうが)。すぐに絞めて持って帰るかアオリイカの沖漬けにしてもってかえるか。どちらも捨てがたいが、たくさん釣れればどちらも楽しめる。楽しく釣れておいしく食べられればエギングの楽しみは格段に広がるし、それを友人などが食べれば周りにエギング仲間も増えて、大勢で釣りに行けば釣りはさらに楽しいものになる。私は釣りの楽しみは道具を揃えて・準備して予定を立てて・釣って・食べる。これらを全部含めて釣りの楽しみじゃないかと思っています。

早速、アオリイカが釣れる釣り場を探す方はコチラ




スポンサーリンク(advertisement)


当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。記事上下のボタンでいいねしていただけると幸いです。



よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

(googleマップのマイマップへはコチラ

◎エギングの記事は→コチラ

◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ



関連コンテンツ(related contents)