エギングのポイント選びと釣行日の選び方(満月?新月?)

エギングのポイント選びと釣行日の選び方(満月?新月?)

道具の準備と釣り場で何をすればアオリイカが釣れるのかが分かったら、次はエギング出かける前に「いつ」「どこに」にでかけるのかを決めましょう。日本全国ほぼどこでもエギングを楽しむことができますが、釣行日や釣行場所で全く釣果が違うのも事実です。

釣行日や釣行場所をあらかじめ下調べして選んでおくことでアオリイカを釣るのに一歩近づくことができます。

あくまで月に何日も釣りに行けない人向けの記事です。行ける人は何度も何度も釣りに行く方が釣れる確率はもちろん上がりますが、、、。


釣行時期の決定

アオリイカにはよく釣れる時期とあまり釣れない時期があります。その年の海水温や前年の産卵の状況にもかなり影響をうけますが、通年は、、、、

梅雨前後:浅い藻の多い場所に前年・前前年生まれた個体が産卵する。個体が大きく引きも強くゲームとしては楽しいですが、食べると少し硬く甘味もあまりなくておいしくないです。場所により前後しますがだいたい4月後半~6月中盤くらいがこのシーズンになります。

晩夏から初冬:その年に生まれた個体が成長して、エサを食べに接岸しています。その年の産卵と水温にかなりの影響を受けますが例年は9月中盤~12月前半くらい。その年生まれた個体を新子(しんこ)といいますが、新子のシーズンのイカは柔らかく、たくさん餌を食べるため甘みも強くておいしいです。釣れるサイズは150g~800gほどですが、数が多くバカ食いしているためよく釣れますし、稀に1キロを超えるアオリイカが釣れたりして楽しいです。(楽しいですが、いつまでもエギングを楽しめるよう小さなイカは「大きくなって帰ってこい」と逃がしましょう。イカが弱ってしまうのでリリースの際は、手で触れないようにして餌木を持ってひっくり返してあげると簡単に外れます。で、できるだけ低いところから海面に横向けくらいになるように外してあげると元気に帰っていきます。)

時期としては上記みたいな感じになります。ですので、エギングを始めるには新子がそこそこいいサイズになってくる9月の後半~11月前半くらいが数も釣れ、アタリも明確に出るのでオススメです。

スポンサーリンク



釣行日の決定

せっかく釣りに行くのですから、アオリイカがよく釣れる日を選んでいったほうが楽しいです。個人的には釣りは釣れなくてもアレコレ考えて楽しいのですが、もちろん釣れた方が楽しいです。

釣り全般に言えることですが、潮がよく動く日がよく釣れます。(もちろん潮があまり動かない時のほうがいい釣りものもいますが)。「潮が動く???」といってもよくわからないかもしれないので簡単にだけ説明すると。海水は月と太陽からひっぱられていて、そのひっぱり具合がおおよそ1か月に2周期で変化します。(台風のときに大潮の日なのでどうこう、と言っているアレです)新月、満月の日が大潮下弦の月と上弦の月の日の前後数日が小潮となっています。

大潮の日は満潮と干潮の海面の高さの差が大きくその日の海水がよく動きます。

小潮の日は反対に海水があまり動きません。

アオリイカに限らず潮が良く動く日の方が好きな海の生き物は多いようで、大潮の日に近い日を選んで釣行予定を立てるといいと思います。アオリイカに関しては、大潮小潮だけでなく。1カ月に2度ある大潮のうち、通例としては満月の大潮の方を好むと言われています。が、意外と新月の大潮の日でも爆発的に釣れる時もあります。エギのカラーや大きさなどの選び方が変わってくるので、あまりカラーを選ばずより活性が高い満月の大潮の日がオススメです。個人的には満月の大潮の日はエギンガーが多くなるので、新月の方が好きですが、、、。

地域によってもこの潮の満ち引きはかなり変わってくるので下のリンクから潮汐表を確認してみてください。

潮汐表

潮汐表を確認したら、どの時間がチャンスタイムなのかを考えておくと釣行にメリハリが出て楽しみも増えます(潮が止まる時間くらいにご飯を食べたり)。場所の特性にもよるのですが、潮が良く動く(細かいことを言うと潮汐表のグラフの接線の傾きの絶対値が大きい時間が潮のよく動く時間です。感覚的にはグラフがグイン!!っと上がっている時間やグインっ!!と下がっている時間帯です)時間がよく釣れるので、その時間にルアーを投げれるように予定を立てるといいと思います。引き潮が釣れるのか、満ち潮が良く釣れるのかというのは釣り場によってまちまちですが、個人的には満潮過ぎ~干潮が一番ねらい目になりやすい時間帯なんじゃないかなぁと思っています。

釣行場所の予定を立てる

これを読んでいただいている方が住んでいる場所にもよるとは思うのですが、イカがよく釣れる場所はその習性を考えると割と手軽にみつけられます。

釣りに関わるアオリイカの習性

・濁った水が嫌い

アオリイカに限らず、多くのイカは目が良いです。獲物を捕らえる時も目でキッチリ見て捕え、大雨が降った後河川から泥水が河口から流れ込むような場所や底が泥交じりで波がたつと海底の泥が巻き上げられてすぐ濁るような場所はその濁るタイミングで釣行するのは避けた方が良いです。

・小魚を食べる

アオリイカは小魚を食べます。なので小魚が集まるような場所でよく釣れます。これはいたるところにありますが、堤防先端付近や堤防のカーブ付近の潮がよどんだ場所やブレイクライン、テトラポットの近くやプランクトンが良く集まる常夜灯の周りなどです。

・水温が低すぎると死ぬ

アオリイカは15℃以下になると半分くらいの個体が死滅するといわれています)逆に高い水温ではどうか、というと32~33℃くらいになると死ぬといわれているのですが、日本近海ではこれくらいの高温はあまりお目にかかれません。ので、低水温が嫌いというほうだけ気にかけていればいいんじゃないかと思っています。また、水温の急激な変化も嫌うので水温が安定しているほうが良く、黒潮域でエギングが盛んなのもコレが理由なんじゃないかと言われています。

・汽水(淡水と海水の間)には長時間いられない

浸透圧の関係で、塩分濃度の低い環境に長時間いると、体内に水分が多く入ってきて生命機能が維持できなくなってしまいます。よく言われる「イカは水潮(大雨が降った翌日などに塩分濃度が低くなる現象)を嫌う」というのがコレです。ですが、どこでもイカが消えるわけではなく、水潮の影響の少ない沖か深い場所(淡水よりも海水のほうが密度が大きいので海水のほうが底付近へ移動します。)や気候状況や河川の流れ込みによって海水の割合の多い深さ場所に移動します。陸から狙えるこの深い場所や水潮を避けられる深さを探すというのも手です。これは一概に河口域がだめというわけではなく、河口域にはベイトが多いというアオリイカがつく好条件が整っているので、河口域でも淡水の割合の少ない深さや場所を選ぶと爆釣になることもあります。和歌山県南紀にある富田川河口やすさみ漁港の河口のところなどはまさしくソレで、有名ポイントですが、いい場所や深さを外すと全くダメだったりします。)下のリンクに海水と淡水の分かれ方等について書いていますので覗いてみてください。

水潮・濁り潮とエギングについて詳細をかいています。よかったらどうぞコチラ

エギングポイントと釣行日の選び方まとめ

 

アオリイカには分かりやい習性があり、それを踏まえて安全な漁港に釣行するのが良いです。どこにあるのかを探すのはなかなか大変ですが、

・夜間釣行するのであれば常夜灯のある手軽な漁港へ。

・昼間釣行するのであれば潮通しの良い漁港や手軽な磯へ。

・外海の波が高い日に釣行するのであれば、海が濁るので、濁りにくくて安全な漁港へ。

・前日、前々日に雨がふったのであれば、河口から遠く水深のある釣り場へ。

などと考えて釣行する場所を決めるのもエギングの楽しみ方の一つです。

このブログでは釣り場も紹介していますのでよければ下部から釣り場を探してみてください。

釣り場マップを見る方はコチラ

常夜灯のある漁港を探す方は方はコチラ

エギングにオススメの釣り場を探す方はコチラ

アオリイカをおいしく食べるための予備知識を見ておく方はコチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう