育波漁港の釣り場紹介(淡路島北淡)潮通し抜群でサゴシ狙いのショアジギング)

育波漁港の釣り場紹介(淡路島北淡)潮通し抜群でサゴシ狙いのショアジギング)

育波漁港のポイントまとめ

ポイント:育波漁港
場所:兵庫県淡路市育波
種類:堤防
釣り方:ショアジギング・エギング
魚種:サゴシ・アオリイカ・ハマチ・メジロ・カレイ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★★★★
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★☆(神戸淡路鳴門自動車道北淡IC.から車で約5分)
隠れ家度   :★☆☆☆☆(釣り人は多いですが釣り場が広いので安心です)
駐車場    :★★★☆☆
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(ローソン北淡町育波店まで車で約2分)


育波漁港でどんな魚と出会えるのか

育波漁港は淡路島の北西側にあるわりと大きな漁港です。

下に書きますが、地形的に潮通しが大変よく、サゴシ・ハマチ・メジロなどの青物の回遊が多い漁港です。特に淡路の西側は春先~梅雨前の旬の産卵サワラ・サゴシが有名で、脂がのってとても甘く絶品ですし、引きも強く、釣りものとしても春の味覚としても最高です。

この漁港外側はベイトも多く、アオリイカの魚影も濃いのですが、なんせ潮が速いので大潮まわりの時にエギングでもしようものなら釣りにならないので小潮まわりの潮どまり付近でエギングすると割と大型のアオリイカを狙うことができます。

私は狙ったことはないのですが、漁港内にはカレイが多く狙って釣っておられる方も多いです。

スポンサーリンク




育波漁港の釣り場詳細

育波漁港のメインの釣り場は500mほどの沖側にある長い堤防です。この堤防の外側にはテトラが積まれていて、テトラからの釣りになりますが乗れるような角度で積まれているので足場は割といいです。

(育波漁港の堤防、奥の方に行くとショアジギングを楽しむ人が多くなる)
img_7794 img_7796


私は月1くらいでオフショアジギングやタイラバもするので魚探を見るのですが、この育波漁港やもう一つ北の浅野漁港・富島漁港の沖には手前に横瀬、そのもうひとつ沖にジギングで有名な鹿ノ瀬という沖の瀬があり、そこだけ水深が10m前後になっているため潮がとても走り青物の回遊がとても多いです。(「鹿ノ瀬 海図」と検索すると画像がでてきますので一度見てみてください。)

引き、満ちともに潮は堤防に沿うように横に動き、青物狙いのショアジギングにはもってこいですが、速いのでエギングではほぼ釣りになりません。エギングの場合は漁港内や堤防の付け根やカーブ付近のヨレを狙うと釣りがしやすいです。(漁港内には船がたくさん停泊しているのでひっかけないように注意しましょう)

水深は5m~15mほどで海底は砂です。大潮などの潮のよく動く日に行くならベイトサイズにもよるのですが80g~のメタルジグが釣りがしやすいです。(大丈夫だろうと30gくらいのライトなジグだけしか持っていかないと潮が走り出すと正直釣りになりません)

覚えておくと周りと差をつけれるかもしれないので書いておきますが、淡路島の特に西側は春の名産に産卵サワラ・サゴシ以外にはイカナゴ(オオナゴ)があります。時期は2月末~5月ほど。イカナゴベイトの時はそれなりの釣り方をすると釣果はカナリ変わります。


イカナゴベイトの時のオススメのジグアクション

淡路島の西側ではイカナゴベイトになることがあります。特に春先の産卵サワラの時期に少し先行して始まりますが、イカナゴは砂地の浅場に大きな移動はせずに長い期間同じところに滞在します。イカナゴは夜砂に潜って過ごし、朝になると顔を出し、海底付近を小さく回遊します。

なのでイカナゴベイトの時はシルバーや少し黄色がかった細身のジグ海底付近をすこしスローにアクションすると釣果はかなり上がると思います。

青物の意識もイカナゴベイトの時は下に向いているようで、表層をトップで引いてもあまり反応は良くありません。

イカナゴベイトの時はマッチザベイトがよく効く釣りになります。

バスディ ナゴメタル イカナゴ 65

■サイズ:96mm ■ウエイト:65g ■アクション:タイトウォブリング&ロール ■「泳がないメタルジグが釣れる」エキスパート達が密かに共有していた情報を、バスデイが白日の下に曝しました。ジャーク時の...

販売価格: 970 円 ( 更新)

販売店舗: アクア 楽天市場店


淡路島のエギングルール

淡路島のエギングには淡路島ルールがあります(あ、ヤエンでもミノーにたまたまかかってしまった場合でも同じです)。もちろん他のどの釣り場にもあるゴミを捨てない仕事をしている人の邪魔をしない墨を堤防に吐かせな騒がない迷惑駐車をしないなどなど当たり前のルールはどこにもあるのですが、淡路島のローカルルールがあります。

淡路島のエギングルールは2つ

img_7797


淡路島のエギングルール①

7月~9月はアオリイカを釣ったら持ち帰らず優しくリリースする。(どうやら7月~9月は淡路島ではアオリイカは産卵期のようで、エギンガーが増えすぎてオリイカ激減!!なんてことにならないように守ってください。もちろんオスメス限らずです。優しく手では触らず低いところからお願いします。

ん???私が知っているアオリイカの産卵期は春。場所によっても違うのかもしれません。新発見です!!!)

淡路島のエギングルール②

胴長15cm以下のアオリイカは優しくリリースする。これも手で触らず優しく低い場所からリリースする。

これは淡路島だけでなく、どの釣り場でも守りたいものです。

受け売りではあるんですが、子イカをカンナに引っ掛けてしまってリリースしたあと、生きていくのにどんな影響があるかはわからないのですが、「大きくなって帰ってこい」と低い場所から優しくリリースしてあげれば、元気に成長できるんじゃないかな、という気もします。(墨噴射のお土産にご用心。子イカを優しくリリースするときよく墨を吐きます)

そして、できれば子イカが多いような7~9月はエギングをしない方がいいのではないかなー、とも思います(淡路島は産卵期のようですが)。淡路島は夏場に大型の青物も上がりますし、他の釣りものもいっぱいいるので7~9月は他の釣りものにシフトして、アオリイカ釣り解禁になる日を待ちわびる。というのも楽しいんじゃないでしょうか。

おじいになってもエギングを楽しめる海があると嬉しいですね。


育波漁港まとめ

育波漁港は堤防にそってカナリ潮が走るショアジギングにもってこいの漁港。淡路島名物春の産卵サワラを狙うのにはとても良い釣り場。沖に有名オフショアジギングポイントもあり、沖でハマチやメジロの釣果が見られる時には育波漁港にも回遊のチャンスは大いにある。(オフショアの釣果は「播磨灘」や「鹿ノ瀬」であがっていることが多いです。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう