蒲入漁港の釣り場紹介(京都丹後)丹後のエギング聖地と絶品漁港飯

蒲入漁港の釣り場紹介(京都丹後)丹後のエギング聖地と絶品漁港飯

蒲入漁港ポイントまとめ

ポイント:蒲入漁港(かまにゅうぎょこう)
場所:京都府与謝郡伊根町蒲入
種類:漁港
釣り方:エギング・ショアジギング・ロック
魚種:アオリイカ・ハマチ・小政・アコウ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★☆☆☆(鳥取豊岡宮津自動車道与謝天橋立ICから車で約1時間)
隠れ家度   :★★★☆☆(雑誌で紹介されてから少しエギンガーは増えましたが釣り場がないほど多いことはないです)
駐車場    :★☆☆☆☆(???停めてよいのか不明です。心配なら近くの「甲崎地磯駐車場」に停めましょう)
トイレ      :★★★★☆(漁港内にキレイなトイレがあります)
コンビニ     :☆☆☆☆☆(ローソン与謝野町男山店まで車で約40分)


蒲入漁港でどんな魚と出会えるのか

蒲入漁港は京都の丹後半島、先端の経ヶ岬の少し手前にある小さな漁港です。

となりにある申崎(さるざき)の一つ北は丹後半島の北端経ヶ岬となっており、この漁港もほぼ外海に接しています。潮通しも良いため、青物の回遊もみられます。ですが、この漁港でのメインターゲットはアオリイカで、漁港周辺には地磯と藻場、水も澄んでおり河川の流れ込みもないため春イカも秋の新子もどちらも狙うことができ魚影もとても濃いです。もともとは釣り人はほとんどいなかったのですが、雑誌で「エギングの聖地」みたいな形で紹介されエギンガーは増えましたが、それでもなお魚影も濃いですしスレてる、というほどでもありません。
スポンサーリンク




蒲入漁港の釣り場詳細

蒲入漁港には小さな堤防が一つだけあります。堤防の外側にテトラが積んであり、エギングのポイントはこの堤防回りに多くあります。メインポイントは①堤防先端と沖テトラの間②テトラから地磯回りです。小型の数釣りで良ければ、堤防中央付近から港内の堤防との間がオススメです。そこだけ釣れる日もあります。

gopr0172

①蒲入漁港堤防先端と沖テトラの間

堤防の先端部は足元に沈みテトラがあるくらいで足元がよく釣りがしやすいです。80mほどのところにテトラで沖一文字が作られており、堤防と沖テトラとの間はすこし広めのミオ筋になっています。

gopr0170


このミオ筋には掘られた砂地に沈みテトラがいくつかあり、水深が4~6mほどで、満ち・引き共にこの堤防先端部から沖テトラ方向で釣果があがります。潮どまりではここの釣果は今一つです。

②蒲入漁港テトラから地磯方向

堤防の沖向きはテトラが積んであり、横には申崎の地磯が広がっています。蒲入漁港から申崎の地磯へは大潮干潮時くらいしか渡れません。危険ですのでテトラから地磯方面を釣ると良いです。

gopr0167 gopr0168


テトラから地磯方向は水深が堤防根元で1~3m、堤防中ほどで水深3~8mくらいです。海底は岩礁帯でテトラも入っており、水温が上昇すると藻がかなり生えます。こちらは春イカ秋イカ共に良いですし、潮どまりやデイエギングでもストラクチャーからイカが追尾してきます。

③蒲入漁港回遊魚等のポイント

ショアジギングなどでハマチ・メジロなどを狙う場合は堤防先端部かテトラから沖向きか湾内向きがオススメです。意外とナブラも立ちます。特に北西風が強く経ヶ岬方面が荒れたとき、この蒲入漁港は北西風に割と強いため釣りもできますし、外海が荒れるとベイトも入りそれを追って回遊魚もはいってきます。

少し説明が難しいのですが、堤防先端部沖向きの角からナナメ45度の方向60mくらいのところにすり鉢状になったブレイクラインがあり、ここはマダイのポイントになっています。(オモリをひきずってもらえれば分かります、海底は砂地です。ちょうど写真の方向です)

gopr0171


カルティバ 撃投ジグ 65g GJ-65

撃投ジグ 65g■サイズ:65g■魚種:セイゴ、スズキ(シーバス)、ヒラマサ、ブリ、太刀魚、ヒラメ、マゴチ《カルティバ ジグ》●ただ頑強なだけのジグが必要なら、ボディ、ワイヤーコーティング、その全てを...

販売価格: 907 円 ( 更新)

販売店舗: フィッシング遊



蒲入漁港への行き方

蒲入漁港へは、綾部宮津道路与謝天橋立IC.で高速道路を降り、右折し消防署前の交差点で左折します。左折したあとはひたすら海沿いを北上すると、右手に「蒲入」の看板があるので右折すれば蒲入漁港です。(位置的には経ヶ岬の少し南です)


蒲入漁港の漁港飯

 

この蒲入漁港では、その日の朝にこの漁港の沖の定置網で獲れた魚を刺し身や揚げ物・汁物でだす漁港メシがありますがよくハマチやヒラマサなどの青物、マダイやアコウやホウボウも出てきます。期間限定なのでご確認ください。私も何度か釣り帰りにいただきましたが、抜群に美味しいのでオススメです

蒲入水産さん


蒲入漁港の釣り場まとめ

蒲入漁港は丹後半島のエギングポイントでも1,2を争うほどアオリイカの魚影が濃い釣り場。外海が荒れたときはハマチや小政(ヒラマサ)のナブラもたつため、荒れ気味の日は要チェック。昼休憩がてらに蒲入水産さんで漁港メシを食べると、すごく美味しくその日の回遊状況も分かって一石二鳥。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう