コマキノ鼻の釣り場紹介(和歌山南紀串本)ジャンプで渡れる一級地磯

コマキノ鼻の釣り場紹介(和歌山南紀串本)ジャンプで渡れる一級地磯

コマキノ鼻のポイントまとめ

ポイント:コマキノ鼻
場所:和歌山県東牟婁郡串本町出雲
種類:地磯
釣り方:エギング・ショアジギング・ショアキャスティング・フカセ・遠投カゴなど
魚種:アオリイカ・ハマチ・メジロ・カンパチ・グレ
オススメ度 :★★★☆☆(行くのが大変なので)
魚影     :★★★★★
潮通し     :★★★★★
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :☆☆☆☆☆(地磯への道中が大変です。運動神経必須)
隠れ家度   :☆☆☆☆☆(人気地磯ですがジャンプする人は少なめ)
駐車場    :★★★★☆(無料の駐車スペースが15台分くらい)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★☆☆(ファミリーマート串本桟橋店まで車で約15分)


コマキノ鼻でどんな魚と出会えるのか

コマキノ鼻は和歌山県南紀串本の潮岬の向かい側にある地磯です

グレや青物を狙ったエサ釣り師さんにも厳寒期のレッドモンスターを含むアオリイカ狙いや大型青物狙いのルアーマンにも人気の地磯です。

が、、、地磯の手前にジャンプポイントがあってそれで避けられる方も多いです。
上の衛星写真の真ん中にあるのがマキ崎、左側にあるのがコマキノ鼻です。

釣りものとしてはアオリイカ・ブリ・メジロ・カンパチ・グレなどが有名です。潮がいく・地形が複雑・シャローも深場もある、という好条件がそろっています。
スポンサーリンク




コマキノ鼻の釣り場詳細

コマキノ鼻は串本の萩尾の湾に突き出た地磯で、湾に通る潮が目の前に流れていろいろな魚が狙える釣り場です。
萩尾の湾に向かって右側は深く左側が浅い地形になっていて、アオリイカの回遊待ちやショアジギング・ショアキャスティングの青物回遊待ちではコマキノ鼻の右側から湾内部に見える沖磯に向かってキャストするのがオススメです。


左側もかなり遠投すれば深くなっているのですが、急にストンと深くなるのでカナリ釣りがしづらいです。サラシが良くでるのでシーバス狙いと、トップでの釣りがオススメです。


コマキノ鼻の右側沖にある沖磯に向かってジグをキャストすると30mほどの水深があるかと思えば沖磯よりも左にキャストすると10mもないような場所もあったりするのでかなり根が荒いです。
その分アオリイカにも青物にも良い釣り場です。


写真の真ん中あたりに見える沖磯との間には常に潮目がはしっているような感じで潮通しは抜群です。水深の変かにも富んでいます。

個人的にはコマキノ鼻先端部から右に見える小さな湾が奥がシャローで湾入り口付近がかなり深くなっていて、アオリイカ狙いはこの湾がオススメです。


コマキノ鼻にはジャンプポイントがあるから、、、という方にはこの湾のコマキノ鼻のジャンプポイント手前にもエギング・エサ釣りができるような小さな湾の釣り座があります。


コマキノ鼻への行き方

コマキノ鼻へは紀勢道をすさみ南I.C.で降りて国道42号線を左折し串本へ向かいます。潮岬への入り口のところに青い看板で「潮岬→」と書いてあるのでそれに従い潮岬に向かいます。

ここで曲がらなくても奥で曲がって出雲から向かってもいいのですが、駐車場からは磯の状況が全く分からないので潮岬から状況確認をするためにコチラから回ります。

潮岬観光タワーの向かい側の展望台??からコマキノ鼻が見えるので海の状況と釣り人の状況を確認してからコマキノ鼻へ向かうといいと思います。

(上の衛星写真の真ん中に見える四角いのが展望台です。広域にしていただければ場所が分かるかと思います。)

そのまま道沿いに行くと「出雲」のT字路があるので右折します。

直進すると突き当りにあるロータリーを向かって右側の道に出て。(ロータリーは時計回り)
すぐに左へ曲がって直進すると突き当りがコマキノ鼻・マキ崎へ行く時の駐車スペースです。

(広域にしてもらうと位置関係が分かりやすいかと思います)

駐車スペースからコマキノ鼻への行き方は、、、、カメラで撮影しながら地磯へ行ったのですが、なぜかSDカードが故障wまた今度行ったときに撮影してきます。ので、言葉で説明しますので分かりにくいかもしれません。

駐車スペースから来た道を30mほど歩いて戻ります。

すると、左折するところがあるので左折してコンクリートの坂を下りていきます。

突き当りにガードレールがあり小川が流れているので小川沿いの左側をそのまま歩いていきます。

開けてくると正面がマキ崎、右がコマキノ鼻です。

このへんにでてきます。

小川に木の小さな橋がかかってますのでそれを渡り、すぐ右にある林の中の道に入っていきます。

そのまま坂を少し上るとT字路になっているので左へ曲がります。

するとこの辺りにでてきます。

そのまままっすぐ行くとコマキノ鼻のジャンプポイントに着きます。

ジャンプポイントは潮位130cm、ウネリ0.8mの日でこんな感じ。


ジャンプするクラックの距離は、、、目測1.5mないかなぁ、、、、くらいです。フローティングベストを着て、竿・ミニクーラーボックスを持って成人男性でギリギリ。濡れることも多いのでウェーダーがオススメです。2人以上で釣行して、釣り道具を渡してジャンプ。荷物少な目での釣行がオススメです。

(コマキノ鼻へのジャンプポイント)
コマキノ鼻へのジャンプポイントは向かって左側にあります。googleマップで見ると大したことないんですけどね、、、、。けっこう怖いです。

ジャンプ距離が分かるように動画にしました。恥ずかしい声だして必死で飛んでますがお気になさらずにw


コマキノ鼻の釣り場まとめ

コマキノ鼻はショアジギング・エギング・エサ釣りなんでもオススメな地磯です。手前先端部のマキ崎周辺はルアーフィッシングがしにくいのでコチラがオススメです。ただしジャンプポイントがあるので荷物少な目の身軽な格好で、濡れてもいいようにして、いくといいと思います。

萩尾の湾内に見える沖磯との間にいつも潮目ができるような潮通しの良い釣り場なので、運動神経に自信のあるかたは一度行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう