串本袋湾奥の釣り場紹介(和歌山県南紀串本):手軽にエギングファミリーフィッシング

串本袋湾奥の釣り場紹介(和歌山県南紀串本):手軽にエギングファミリーフィッシング

串本袋ポイントまとめ

ポイント:串本袋
場所:和歌山県東牟婁郡串本町二色
種類:堤防?(小さな護岸です)
釣り方:エギング・サビキ
魚種:アオリイカ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★☆☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :☆☆☆☆☆(紀勢道すさみ南I.C.から車で約25分)
隠れ家度   :★★☆☆☆(国道沿いで手軽なので釣り人がいることが多いです)
駐車場    :★★★★★(無料、釣り場横づけ)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :☆☆☆☆☆(ファミリーマート串本桟橋店まで車で約5分)


串本袋でどんな魚と出会えるのか

串本袋の釣り場は国道沿いにあるちょっと出っ張った船着き場?みたいなところです。住所は串本町二色なのですが、串本の袋漁港と同じ湾にあるので袋と読んでいます。白浜町日置にも袋というところがありますが全然別物です。(地形はちょっと似てます)区別するためにも串本袋と呼んでいます。白浜町日置の袋の釣り場紹介ページはコチラ

串本袋の釣り場は国道沿いのちょぼっとなったところで4,5にんまでならなんとか釣りになるかなぁ、、、、といった小場所です。
すごい手軽でウネリなどをかわせる釣り場ですがベイトが多く、アオリイカ(特に秋イカ)アジ・セイゴなどを狙うことができます。

チヌも姿を見せますが、狙っている人はあまり見たことがありません。


串本袋の釣り場詳細

串本袋は西を砥崎、北は紀伊半島、東は潮岬に続く低地、南は潮岬にかこまれていて外海があれていてもビックリするくらい静かだったりする釣り場です。

国道から入ってすぐに車を停めて、その横で釣りができるような場所なので手軽にエギングのランガンなどで使えます。


スポンサーリンク




足場も良く、柵こそありませんが子供連れでも釣りができるようなファミリーフィッシングに向いた釣り場だと思います。

水深は湾中央に向かうほど深くなっていくゆるやかなスリ鉢状でテトラ際で水深1mほど、沖に向かって4、5mくらいまで深くなっていく感じになっています。

ベイトは岸壁沿いについていることが多いですが、アオリイカやセイゴが良く釣れるのは湾向き左の沖にあるシモリ回りで、その付近の潮だけ少し動くのでシモリ回りを攻めるのがオススメです。


写真ちょっと左にシモリがうつっています。この回りを攻めるのがオススメです。またテトラ際のどシャローについていることもあるのでチェックしてみるといいかもしれません。


串本袋への行き方

串本袋へは紀勢道すさみ南I.C.で高速を降り、42号線を左折して串本へ向かいます。

行き方というほどのものでもありませんが、国道沿いですぐ見えるので分かるかと思います。


串本袋の釣り場まとめ

串本袋は手軽な釣り場でエギングやファミリーフィッシングにオススメです。この湾には袋漁港もありますが、さらに手軽でちゃちゃっとチェックするにはこの国道沿いの場所がオススメでベイトもこちらの方がたまっていることが多いです。

ガッツリ腰を据えて、、、という釣り場ではないですが、南紀をエギングでランガンするときにはちょこっと立ち寄っておきたい釣り場です。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう