安指マハナの釣り場紹介(和歌山県南紀串本)エギングにオススメのお手軽地磯

安指マハナの釣り場紹介(和歌山県南紀串本)エギングにオススメのお手軽地磯

安指マハナのポイントまとめ

ポイント:マハナ
場所:和歌山県西牟婁郡串本町和深
種類:地磯
釣り方:エギング・ロックフィッシュ・フカセ
魚種:アオリイカ・グレ・ガシラ他ハタ系の魚
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★☆(磯歩きは短めです)
隠れ家度   :★★☆☆☆
駐車場    :★★★★☆
トイレ      :★☆☆☆☆
コンビニ     :★★★☆☆(ファミリーマート串本町高富店まで車で約12分くらい)


安指マハナでどんな魚と出会えるのか

安指漁港の横にある地磯、マハナは手軽に行ける地磯です。

グレ釣り師さんたちに人気の地磯で、潮通しもよくグレの他にアオリイカも狙うことができます。

アオリイカ狙いのエギングでは漁港の出入り口のテトラでも地磯回りのどこでも釣りをすることができます。
スポンサーリンク




安指マハナの釣り場詳細

安指マハナは漁港のすぐ横にあり、急な上り下りもなく手軽に行ける地磯です。

潮位が120cm未満くらいであればどこでも釣りをすることができますが、それ以上であれば下に書く先端部へは行くことができませんのでご注意ください。


マハナの先端付近は写真のような感じで足元にはシモリが多く多少投げる釣りが必要になる釣り座が多いですが、波風の穏やかな日は釣りの出来る場所が何か所もあります。


一番先端部は足場にシモリはありませんが、投げるとちょくちょくシモリがあったりするのでウネリのある日や風のある日は釣りがしにくいので注意が必要です。

マハナの沖向きはどこでも水深がだいたい3mほどで遠投したところでも5mほどでそれほどめちゃくちゃ深くはありません。

が、海底の起伏はかなり激しいので根がかり要注意です。

逆に言うと秋イカ狙いやロックフィッシュ狙いでもオススメのポイントで、マハナの先端部から基部までランガンすることができます。


マハナの漁港側(漁港から出て右側)は小さな地磯とテトラ帯になっていてこちら側もいいポイントです。

秋イカ狙いのエギングとアジングだったらテトラからのほうが釣りやすいかもしれません。

水深はマハナからよりもテトラから漁港の水道ライン向きのほうが深く、潮通しもこちらの方が良いのでエギングで回遊待ちされる方はこちらのほうがいいかもしれません。

テトラの根元にある地磯からも釣りはできますがドシャローなのと根がめちゃくちゃ荒くて根がかりしやすいです。


安指マハナへの行き方

安指漁港へは紀勢道すさみ南I.C.で高速を降りて国道42号線へ出て左折し、串本方面へ向かいます。

串本方面へ向かうとJR紀勢本線和深駅をちょっと過ぎたあたりにこんな景色の橋があるので、このすぐあとにあるのが安指漁港です。(マップのおくっかわにあるのが安指漁港です)

漁港入り口に初田渡船さんがあるのが目印です。

安指漁港の南東の端に階段がありマハナへ降りることができます。

だいたいこのへんです(漁港の角っこ)。

マハナの先端部へは地磯へ降りて左へ左へ、テトラ帯へは地磯へ降りて右へ進みます。が、ちょっとわかりにくいので地磯の雰囲気と行き方は下の動画をご確認ください。

動画編集中です。少しお待ちください。


安指マハナの釣り場まとめ

安指マハナは秋イカ狙いのエギングやグレ狙い、ロックフィッシュ狙いにオススメの手軽な釣り場です。

波風には弱いので注意が必要ですが、漁港から手軽に行ける地磯釣り場ですので一度訪れてみてはいかがでしょうか。

また、手前の安指漁港も常夜灯がついてベイトがたまりやすい漁港ですのでエギングやアジングにオススメです。安指漁港の釣り場詳細はコチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう