目津崎カンスの釣り場紹介(和歌山県中紀みなべ)北西風に強いエギング地磯

目津崎カンスの釣り場紹介(和歌山県中紀みなべ)北西風に強いエギング地磯

目津崎カンスのポイントまとめ

ポイント:目津崎、カンス
場所:和歌山県日高郡みなべ町山内
種類:地磯
釣り方:エギング
魚種:アオリイカ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★☆☆
隠れ家度   :★☆☆☆☆
駐車場    :★★★★★(キレイな無料駐車場)
トイレ      :★★★★★(駐車場にキレイなトイレ)
コンビニ     :★★★★☆(勝浦町下里店まで車で約5分)


目津崎カンスでどんな魚と出会えるのか

目津崎カンスと書きましたが、目津崎の釣り場紹介と目津崎にある地磯カンスの釣り場紹介です。
目津崎は和歌山中紀(日高郡なのでギリギリ中紀?)みなべの南部ロイヤルホテルの裏にある地です。

砂浜の横で少し突き出た目津崎に小さな湾があり、複雑な地形になっているためいろいろな魚が狙えます。

カンスは目津崎の右側にある


ここの部分です。
目津崎の方でもカンスの方でも主な釣り物としては、春イカも秋イカもいいアオリイカグレアイゴなどをフカセで狙っている方もいらっしゃいますし、遠投でイシダイを狙っている方もいます。

また駐車場から降りて右側の砂浜に向かってキャストすれば大型のキスを狙うこともでき、いろいろな魚を狙うことができます。
スポンサーリンク




目津崎カンスの釣り場詳細

目津崎は西側と目津崎先端にある内湾(衛星写真でいう左っかわ)。カンスは右っかわとして説明します。

目津崎の釣り場詳細

目津崎は駐車場から海沿いの地磯を歩いて行ける釣り場で、その途中に干潮付近であればエギングでうってまわれるような釣り座がたくさんあります。

ただし、満潮時など水が多い時は道中や釣り座が水に浸かるところも多いのでご注意ください。

水深はだいたい3~7mほどで、先端に行くほど深くなります。シモリがたくさんあり秋イカ狙いにオススメです。


こんな感じで足場が低く割と釣りがしやすいです。

目津崎の先端から回り込むとある小さなシャローの湾は春イカ狙いにオススメです。

目津崎へ向かう前に駐車場から降りてすぐのところにはラクダ岩という岩があって、駐車場から手軽に行くことができます。ここは干潮付近のみ

その岩の裏も秋イカ狙いにはオススメの釣り場です。


ラクダ岩。本当にラクダっぽく見えます。ラクダ岩の続きはずっと砂浜です。


この砂浜ではウミガメが産卵するらしく駐車場にはこんな看板がたっています。


夜釣りの方は気を付けましょう。

また目津崎は北東側に森があって北東風を避けることができます

カンスの釣り場詳細

カンスは目津崎の東側にある平たく大きな地磯で、駐車場からすこし海沿いを歩き左手の森の前に船が数艘置いてある裏に森の切れ目が見えたら森に入って抜けていくことでカンスまで行くことができます。

ただし、最後はロープで降りますので要注意。大潮ド干潮であればロープを使わずに行くことができます。

目津崎のカンスはこんなところです。かなり広いです。


このとおり足場が低く釣りはかなりしやすいですが、大潮満潮時などはつかるところもあるので注意が必要です。

森をぬけていくのですが、カンスに降りる時に1,5mくらいのところをロープで降りなくてはいけません。

カンスの東側に広がる湾もカンスの先端付近も春・秋ともにアオリイカの好ポイントで、他にもグレ・イシダイ狙いの方もいます。


水深や地形などは目津崎とそれほど変わらず、こちら側は後ろに森があるため多少の北西風なら避けることができます。

目津崎一帯どこでもアオリイカ狙うことができます。


目津崎カンスへの行き方

目津崎カンスへは阪和自動車道をみなべI.C,で降り、みなべI.C.前を左折して海側へ向かいます。

そのまま直進すると海沿いの国道42号線へ出るので、右折します。

そのまま進みレストランく~るの横を左折して入っていきます。

南部ロイヤルホテルの看板がたっているT字路で左折します。


そのまま道なりに進み、突き当りにビニールハウスがある突き当りで道なり左へ。

 

こんな三叉路にでるので左へ行きます。


そのまま道なりに奥へ奥へと進むとトイレのある無料駐車場があります。

ここから目津崎へは砂浜沿いを歩きまっすぐ。カンスへはこのあたりにある小道に入って森を抜けます。


目津崎カンスの釣り場まとめ

目津崎やカンスは春イカ・秋イカ狙いにオススメの地磯。足場が良く道中もそれほどアップダウンがないので手軽に行くことができます。また北西風が強い時にでも風裏となる釣り座がいくつかあります。

道中満潮時には浸かる場所もあるので長靴やウエーダーでの釣行がオススメです。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう