釣りの長さ単位換算表と糸の強度表(ポンドテストとポンドクラスの違い)

釣りの長さ単位換算表と糸の強度表(ポンドテストとポンドクラスの違い)

釣りに使われる長さの単位についてです。
釣りでは、フィートやヒロ(尋)といったあまりなじみのない単位をよく使うので、それらを馴染みの深いcm(センチメートル)に換算できるように表を作っておきます。


釣りに使われる長さの単位

ヒロ(尋)

糸の長さや海の深さの単位。もともとは両腕をいっぱいに広げた指先から指先の長さが1ヒロです。ので個人差があるんです。釣り場に巻き尺をもっていくのも手間ですので、釣り場でおおまかな長さを測るときはコレをつかいます。
なので1ヒロ=5~6尺≒1.6mとして表にしています。

ヒロ(尋)     m
1        1.6
2        3.2
3        4.8
4        6.4
5        8.0

 

フィート(ft.)

竿に使われる長さの単位です。日本ではあまりなじみがないですが、海外ではよく使われる長さです。
1フィート=0.3048mで語源は足のつま先からかかとの長さです、、、、(巨人ですね)

ft(フィート)   cm
1          30.48
2          60.96
3          91.44
4        121.92
5        152.40
6        182.88
7        213.36
8        243.84
9        274.32
10           304.80

スポンサーリンク



釣りに使われる糸の強さや太さの単位

lb(ポンド)

糸の強さを示す。(もともとは重さの単位です)

糸の強さを示すのによく使われる単位はlb(ポンド)なのですが、実は糸の強さに使われる場合、表記には
「ポンドテストライン(PTL,TEST(lb),lbT)」と「ポンドクラスライン(PCL,CLASS(lb),lbC)」の2種類があります。

日本での糸の強さの表記は後者のポンドクラクラインが使われているのですが、アメリカ等ではポンドテストラインが使われています。

ポンドテストラインとポンドクラスラインの違い

ポンドテストライン:そのポンド以下の力では破断しませんよ。という重さです。
ポンドクラスライン:そのポンド以上お力では破断そますよ。という重さです。全然意味合いが違います。なのでアメリカで日本でよく使っているポンドのラインを手に取ると、かなり太いものがでてきます。
ポンドとKgの換算は共通ですので、それを表にしておきます。

ポンドとキロ換算表

簡単に計算するにはポンドを半分にして1割引きしたらキログラムになります。

lb(ポンド)   Kg(キログラム)
1         0.45
2         0.90
4         1.35
6         2.70
8         3.60
10       4.50
12            5.40
14         6.30
16         7.20
20         9.00
30       13.50
40       18.00
50       22.50
60       27.00
80       36.00
100        45.00

号(ごう)

糸の太さです。強さではなくあくまで太さの単位です。主はオタク系フィッシャーマンなので、一度顕微鏡で何社かのフロロカーボン・ナイロンラインの断面の直径を測ったことがあるのですが、結構誤差が大きいです。ので、○号から△号に変更したら太さは何倍になるのかな?程度の参考がいいと思います。

号(ごう)     直径(mm)
0.8        0.15
1           0.17
1.5                          0.21
2                             0.24
2.5                          0.26
3                             0.29
4                             0.33
5                             0.37
8                             0.47
10                           0.52
12                           0.57
14                           0.62
16                           0.66




スポンサーリンク(advertisement)


当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。記事上下のボタンでいいねしていただけると幸いです。



よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

(googleマップのマイマップへはコチラ

◎エギングの記事は→コチラ

◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ



関連コンテンツ(related contents)