中浜漁港の釣り場紹介(京都丹後)丹後の数少ない常夜灯エギングポイント

中浜漁港の釣り場紹介(京都丹後)丹後の数少ない常夜灯エギングポイント

中浜漁港ポイントまとめ

ポイント:中浜漁港
場所:京都府京丹後市丹後町久僧東浜
種類:堤防
釣り方:エギング
魚種:アオリイカ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★★☆(夜間限定)
潮通し     :★★☆☆☆
常夜灯    :★★★★★(かなり明るいです)
アクセス     :★★★☆☆(宮津与謝道路与謝天橋立IC.から車で約分50)
隠れ家度   :★☆☆☆☆(金土の夜間はエギンガーが多いです)
駐車場    :★★★★☆(堤防のすぐ近くに20台くらいの有料駐車スペースがあります)
トイレ      :★★★☆☆(駐車場付近にあります)
コンビニ     :★☆☆☆☆(ファミリーマート網野町店まで車で約35分)


 中浜漁港でどんな魚と出会えるのか

中浜漁港は京丹後は経ヶ岬の少し西にある小さな漁港です。

海水浴場から沖向きに伸びる2本の堤防のうち、左側のほうの堤防の先端に明るい常夜灯があり、ナイトエギングで秋イカの数釣りを楽しむことができます。他にもこの常夜灯の周りに、シーバスアジもかなりの数寄ってくるため、ライトゲームを楽しむことができます。

正直潮通しはそれほど良くないため、デイゲームのイカや他の釣りものはあまり実績がありません。完全に常夜灯狙いの夜釣りメインの釣り場になります。

スポンサーリンク




中浜漁港釣り場詳細

中浜漁港は経ヶ岬や犬ヶ岬のすぐ近くにある小さな漁港で、かなり明るい常夜灯もあるため朝からのショアジギング前夜にナイトゲームのエギングでアオリイカを狙うのにもってこいの漁港。

漁港内に常夜灯はたくさんあるが、1つだけ他よりも明るいものが真ん中の堤防にある。

どの堤防か分からない場合は釣り場マップでご確認ください。黄色のポイントで示しています。

(漁港内から一番明るい常夜灯を撮影)

img_7718


(堤防の常夜灯付近、墨跡だらけです)

img_7721


中浜漁港は漁港内外のどこもがシャローで砂地の海底にシモリがたくさんあります。水深は3~4mほどです。この常夜灯はかなり明るく夜間にライトなしでも海底を確認することができます。

(少し見にくいですが、iphoneでフラッシュなしで撮影してもこんな感じです。)

img_7722


回りが真っ暗で、この堤防だけカナリ明るいためたくさんのベイトが集まります。そのベイトにアオリイカスズキがつきます。この漁港の一番のオススメポイントは堤防の先端部分から沖側に見える堤防との間のミオ筋で、この部分だけ細くなっており漁港を出入りするアオリイカの通り道になっています。

この堤防の先端部で投げられなくても、先端の周りはどこも明るいのでアオリイカが回遊してくるのが見えます。

 

お昼はこんな感じです。


堤防の内外どちらもシャローです。

中浜漁港への行き方

中浜漁港へは、綾部宮津道路与謝天橋立IC.で高速道路を降り、右折し消防署前の交差点で左折します。左折したあとはひたすら海沿いを北上。蒲入漁港や経ヶ岬を越え、丸幸晴美釣具店のところを右折すると中浜漁港です。

「中浜キャンプ場」とナビで入力すると行けます。


中浜漁港まとめ

中浜漁港は丹後半島の先端付近にある小さな漁港。犬ヶ岬や経ヶ岬からも近いので、朝からショアジギングをする方も夜にエギングを楽しむのならオススメのポイント。また丹後をエギングランガンするなら夜間に必ず寄っておきたいポイントかと思います。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)