新井崎漁港の釣り場紹介(京都伊根)日本海の北西を避けれる濁りに強い漁港

新井崎漁港の釣り場紹介(京都伊根)日本海の北西を避けれる濁りに強い漁港

新井崎漁港のポイントまとめ

ポイント:新井崎漁港(にいざきぎょこう)
場所:京都府与謝郡伊根町新井(にい)
種類:堤防・地磯
釣り方:エギング・ショアジギング
魚種:アオリイカ・ハマチ・シオ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★☆☆(鳥取豊岡宮津自動車道与謝天橋立IC.から車で約45分)
隠れ家度   :★★★☆☆(秋イカシーズンには人が増えます)
駐車場    :★★★☆☆(漁港内の隅っこか、漁港上の道路に駐車スペースがあります)
トイレ      :★★★★★(キレイです。助かります)
コンビニ     :★★★★☆(ローソン与謝町男山店まで車で約30分)


 新井崎漁港でどんな魚と出会えるのか

新井崎漁港は京都伊根の若狭湾向きにある漁港です。

地理的に若狭湾の西側にあり、宮津あたりの湾奥から日本海に抜ける潮が通る場所にあたり、引き潮時の潮通しがとてもよいです。この漁港は漁業もとても盛んで、漁港南側と新井崎の少し沖に青物の回遊も多いため定置網が仕掛けられてます。回遊が多いので、堤防からもポツポツ釣ることができます。とはいえ、青物の魚影がとても濃いというわけではないので、青物よりもメインターゲットはアオリイカになります。

秋イカシーズンには堤防は墨だらけになるほどアオリイカの魚影は濃いです。(堤防が汚れるのは良くないですが、良い目印です)

他には、水深があり海底が岩礁帯なのでアコウやマダイが上がることもあります。

スポンサーリンク




新井崎漁港の釣り場詳細

新井崎漁港には大きな堤防が一つあり、漁港内外ともに水深があります。

(漁港奥から堤防を撮影)


(漁港奥から漁港内を撮影、新井崎方向)


(漁港奥から堤防全景を撮影)


新井崎漁港の堤防は200mほどの長い堤防で、付け根は地磯とテトラ、先端はケーソンになっています。堤防先端部から根元までエギングでは好ポイントです。

堤防根元から新井崎方向


堤防根元から新井崎にかけてはちょっとしたワンドになっており、水深は3m~5mほどで海底がかなり複雑な岩礁帯であるので秋イカ狙いのエギングアコウ狙いのロックに向いています。

シモリもとても多いので、ナイトエギングでは足元も悪く根がかりが頻発するため日中の釣りにオススメです。

堤防中腹から先端部


堤防中腹から先端部にかけては、水深があり海底も少し投げると砂になります。水深は先端付近から沖向きに遠投して30mほどあります。ナイトエギングでみなさん沖向きにキャストされていますが、オススメは漁港内部にある沖堤との間のミオ筋と沖堤回り

(堤防先端部から沖堤方向を撮影)


沖堤まではだいたい30mほど。ひっかけないようにご注意を。沖堤まわりの水深は10mほどで裏の山の地形そのままでかなり入り組んだ岩礁帯になっています。この沖堤まわりがエギングの1級ポイントで、外が魅力的なので、地元のエサ釣り師が入っている程度でたいてい空いています。(引き潮の時間帯にはミオ筋はめちゃくちゃ流れるので重たい目のエギももっていくといいかと思います。)アコウもこのあたりでよくでます。

ショアジギングのオススメポイントは堤防先端から沖へ向いてすこし右斜め方向にズドンと落ち込んだブレイクがあります。(30m→40mに急なブレイク)青物はここでヒットすることが多いのですが、定置網が入っているためここのところあんまりです。

新井崎の2つのオススメポイントどちらおですが、この漁港は東以外を山に囲まれているため、北西風に強く経ヶ岬や犬ヶ崎・蒲入漁港が北西で大荒れになった時でも入れますし、むしろそういうときの方が釣果は良い気がします。さらに全体的に濁りにくく、大荒れ後でもエギングができます。


新井崎漁港その他

堤防から見える新井崎とは別に、もう一つ北側に地磯があります(名前は分からないですが)。上のgoogleマップでも確認していただけますし、釣り場マップにもポイントしています。こちらもエギング・ショアジギングともに好ポイントですが、こちらの地磯は北西に弱いです。道路から普通に降りることができます。

(人が映ってしまってますが、ちょうどココを降りたところです)

漁港にキレイなトイレがあります。漁港は基本仕事場なので、キレイに使いましょう。



新井崎漁港まとめ

新井崎漁港は日本海の釣り場では珍しい北西を避けて釣りができる釣り場です。エギングやロックで攻める場所はたくさんあり、日本海の地磯でショアジギングをするとき北西風が強くては入れなければ新井崎漁港への釣行を検討してみるのもいいかもしれないです。

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう