和歌山の北西風や北風に強い地磯堤防釣り場

和歌山の北西風や北風に強い地磯堤防釣り場

皆様、良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

当分は北西風が強い状況が続きそうですね、いまのところ年末年始はいい感じみたいですが変わりやすいのもこの時期の特徴で、、、。

冬の釣りシーズンで大きな問題になる強風。個人的には全くの無風よりはちょこっとだけ風があるほうがアオリイカも青物も釣果が良いような気がしていますが、釣りがしにくい状況というのは釣りの楽しみを減らしてしまうものかと思いますし、この寒い時期でしたら「強風だから釣りに行くのもやめとくか」なんてことにもなりかねません。

ということで、今回は北西風や北風、北東風に強い釣り場を紹介したいと思います。日本海側につづいてこれからレッドモンスター狙いで熱くなる和歌山。(勝手な予想ですが、ここのところTVやyoutubeで「レッドモンスター」という単語が頻発しているので、今年は冬の南紀は釣り人がいつも以上に多くなるのでは、という予感がしています)

中紀からどんどん南にいく形で紹介したいと思います。

あくまで北西風に強いというだけですので、安全確保のため現場の手前で実際に状況を確認してからの釣行をお願いします。


産湯崎(の先端までの途中)


和歌山県中紀にある秋イカ狙いで有名な漁港の横にある地磯です。手軽に歩いて行けて、北側にある山が風を遮ってくれます。北風なら遮ってくれますが西を向いてくると回り込んでくるので注意が必要です。メバルとアオリイカ狙いのエギングでオススメです。

産湯崎の釣り場詳細はコチラ

煙樹ヶ浜と潮吹き岩



和歌山県中紀にある地磯とゴロタ浜で、どちらも南を向いていて北風、北西風が後ろからあたる感じになります。潮吹き岩は後ろに山があり風を遮ってくれます。煙樹ヶ浜は後ろからの風で、ショアジギングなどでしたら釣りになります。煙樹ヶ浜は波が高くなりやすいので天気予報に注意してください。

潮吹き岩はシーバスとアオリイカ狙いのエギング、煙樹ヶ浜は青物狙いのショアジギングにオススメです。

煙樹ヶ浜の釣り場詳細はコチラ

目津崎カンス


目津崎カンスは和歌山県中紀(とはいってもみなべなのでもうすぐ白浜)にある地磯です。

カンスと目津崎から入った小さな湾では後ろに森があり、北西風や北風を遮ってくれます。

アオリイカ狙いのエギングやグレ狙いにオススメです。

目津崎カンスの釣り場詳細はコチラ

白浜小島


和歌山県南紀にある駐車場から近く手軽な地磯です。

北側が山から下りてくる斜面で、北風を遮ってくれます。アオリイカ狙いのエギングや寒グレ狙いにオススメです。

白浜小島の釣り場詳細はコチラ
スポンサーリンク



見草漁港とブリマ


和歌山県南紀にある漁港とその横にある地磯で、岩山の半島の影になり北風を避けられる釣り場です。西が強くなってくると風が回り込んでくるのでキツいですが、真北の風であれば避けることができます。厳寒期のアオリイカ狙いのエギングにもオススメですし、寒グレ狙いの方も多いです。1月2月の厳寒期でもアオリイカを狙うことができます。

見草漁港とブリマの釣り場詳細はコチラ

笠甫


和歌山県南紀にある地磯で南西に口を開いた湾の周りを高い崖が取り囲んでいる釣り場です。

シャローで藻が良く生える釣り場なので本格的に良くなるのは春の産卵シーズンからなのですが、厳寒期でもアオリイカがポツポツ入ってきます。ここは冬から春にかけてベイトが多いのでオススメです。また北西風に強く北、東、南東風にも強く、波もかなり避けれるので荒れた天気の時の逃げ場としてオススメです。冬場のエギングやロックフィッシュ狙いにオススメです。

笠甫の釣り場詳細はコチラ

安宅崎(の手前側)


和歌山県南紀にある地磯で先端まで釣りをしながら歩くことができます。北西風に強いのは先端の手前で厳寒期のアオリイカ狙いのエギングでオススメです。先端まで行けるような日であれば先端でショアキャスティングでの青物狙いも楽しめますし、エギングでデカイカ狙いも楽しめます。

すさみ漁港近大裏


和歌山県南紀すさみにある地磯で、ちょうどすさみ漁港の裏っかわにあります。

広い地磯に見えますが釣り座は少なく、どこも北西風が山に遮られて風の強い日でも釣りができます。

国道から釣り人がいないか確認できますので、確認してから釣り場に入るといいかと思います。

黒崎(の裏っかわのシャロー)


和歌山県南紀にある超有名地磯です。青物狙い、レッドモンスター狙い共に有名ですが、先端は波風にめちゃくちゃ弱いです。

北西風に強いのは黒崎の先端から回り込んできた東っかわのシャローなワンド。こちら側は黒崎の山に遮られて北西風に強いです。

黒崎の釣り場詳細はコチラ

名切崎


和歌山県南紀すさみにある北西風に強いので有名な地磯です。手軽に行けて、レッドモンスターも狙えるというのでとても人気があります。

北西風が強い日は場所取りするのが大変だったりします。冬のアオリイカ狙いや寒グレ狙いにオススメです。

里野(の右岸)


和歌山県南紀にある手軽な地磯です。北西風というより、西側に山があり、西風に強いです。真北になると横から風を受ける形になり釣りづらいです。

里野の釣り場詳細はコチラ
スポンサーリンク



須江崎ジゴクノ鼻


和歌山県南紀串本大島にある地磯で西側、北西側が崖になっていて北西風に強い地磯です。

厳寒期のレッドモンスター狙いでもオススメですし、寒グレ狙いの方、底物ねらいの方も多いです。降りる時に結構危険なので良かったら行き方確認してみてください。

ジゴクの鼻の釣り場詳細はコチラ

須江崎ズログチ


和歌山県南紀串本大島にある地磯で、西から北西側に2mくらいの崖があり、その崖を背にしてその下で釣りをするので北西風が全く気になりません。
厳寒期のレッドモンスター狙いにも青物狙いにもオススメです。真北になると横からの風になるので釣りづらくなります。この記事の中で一番北西風に強い釣り場じゃないかと思います。

須江崎ズログチの釣り場詳細はコチラ

樫野崎


和歌山県南紀串本大島にある地磯で、先端部は風にとても弱いですが、先端から右方向樫野崎の南側に回り込むと、樫野崎が結構崖になっているので北西風を避けることができます。できますが、ここは大島を回ってきた波の影響もあるので風情報だけでなく波情報にも注意しておいた方がいいです。

樫野崎の釣り場詳細はコチラ

浦神岩屋崎


和歌山県南紀那智勝浦にある超手軽な地磯です。水深があり、湾内で厳寒期でもアオリイカを狙うことができます。

浦神の釣り場詳細はコチラ

粉白


和歌山県南紀那智勝浦町にある地磯です。

冬の大型アオリイカを回遊待ち!という感じの地磯ではないのですが、北西風に強く寒グレ狙いやロックフィッシュ狙いにオススメです。


和歌山の北西風に強い釣り場まとめ

和歌山には北西風に強い釣り場がいくつかあります。が、紀伊半島全体的に西からの強い風が吹くと高い波が立ちやすいので十分ご注意ください。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう