スプリットリングやスナップを使ってルアー交換が便利

スプリットリングやスナップを使ってルアー交換が便利

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

今週末、少しだけ冬型がゆるんで釣りができそうですね。ワタクシは仕事ですがw職場の釣りする方と毎朝釣りトークを数分してから仕事が始まるのですが、そこで冬の釣りの時にはラインの結束が大変だという話になり、聞いているとメタルジグ・ペンシル・エギをスナップなしで結束しているらしく、「え!?あかんあかん」となって、そこから思いつきましたw

今回はメタルジグ・ペンシル・エギを問わずスナップやスプリットリングを使ってリーダーとルアーを結束した方がいろいろな面でいい。というお話です。調査したことないのでハッキリとは言えませんが、意外とリーダーとルアーを直結びの方が多いようです。


リーダーとルアーはスナップやリングを介して結束する

リーダーをルアーに直結びしないでエギだったらスナップ、メタルジグやペンシルならスプリットリングとソリッドリングを介して結束した方が良い理由はいくつかあります。

  • ルアーを交換するときに楽
  • 結び目が動きを制限しないので設計通りのアクションに近づく
  • ルアーを動かしたときにリーダーが結び目ですれないのでリーダーに優しい

などなどいろいろあります。ワタシはエギングでは漁師結びやパロマーノットを使ってリーダーとスナップを結束していることが多いのですが、ショアジギング・ショアキャスティングではパロマーノットと編み込みとエンディングノットという結構時間のかかるノットで結ぶことが多く、ルアーの交換がとても楽という理由が一番大きいです。
スポンサーリンク




スナップやリングでルアーを交換する方法

エギング用のスナップは何種類かの形状のものがありますが、特に難しくないので端折ろうかと思います。基本的にはスナップにリーダーを結んで、スナップにエギを付けるだけです。

個人的には巻き巻きするタイプのエギング用スナップよりも普通のスナップの方がオススメです。巻き巻きするタイプのスナップを試したことはないのですが、エギングではできればキビキビした動きもふわふわした動きもルアーの設計通りにいくように余計なものの表面積や重さは小さい方が良いので、構造上表面積の大きくなる巻き巻き型よりもシンプルなスナップがオススメです。

ショアジギング・ショアキャスティング用にはスナップは特に必要なく、リング2つでの結束が良いかと思います。ワタシも昔は強いハワイヤンフックとスプリットリングとソリッドリングを用いていましたが、上記と同様の理由でできればシンプルな方が良いのでスプリットリングとソリッドリング一つずつで結束するのがオススメです。(初めから鈎がついているタイプのメタルジグにはソリッドリングが一つ足りないものが多いのでご注意を)

ソリッドリングとスプリットリングの使い方

メタルジグの結束にはメタルジグ・ソリッドリング・スプリットリング・ソリッドリングのついたアシストフック(写真のは自作です。アシストフックの自作の方法についてはコチラ)を使います。


ソリッドリングは完全に輪っかになってるやつで、スプリットリングはぐるぐる回転しているリングです。大雑把には、、、

ソリッドリングは糸を結ぶところとして使います。

スプリットリングはソリッドリングを束ねるものとして使います。

  1. ソリッドリングはスプリットリングとつないだ状態で持っておく
  2. スプリットリングにメタルジグを結束する
  3. ソリッドリングにリーダーを結ぶ
  4. スプリットリングにアシストフックを付ける
  5. ルアー交換の際はスプリットリングに付けるものをかえるだけ

という感じでルアーの結束と交換を行います。

まず、スプリットリングの開閉にはスプリットリングオープナーというものをつかいます。


ペンチのさきっちょが少しまがったもので、このちょぼにスプリットリングを挟んで開けた状態でルアーやソリッドリングの交換を行います。強度の弱いものであれば爪であけることも可能ですが、ショアジギング、ショアキャスティングで使うような強いスプリットリングは指じゃあとてもあけられません。(ちなみにスプリットリングの強さは袋に書いてあるポンド(lb)はほとんど参考になりません)

オーナー ソリッドリング P−14 5.0mm

≪製品仕様≫このリングには繋ぎ目も接点もない。SUS鋼板を打ち抜いてリングにした。そして、それを研磨した。だから当然、構造的にみても素材的にもハンパではない強度を誇る。そのうえ、研磨処理で表面はツルツ...

販売価格: 341 円 ( 更新)

販売店舗: 釣具のポイント 楽天市場店

で、スプリットリングはソリッドリングと一緒に使うことが多いので、タックルボックスの中でソリッドリングとスプリットリングを結束した状態で保存しておきます。


この状態にしておくと楽です。

で、スプリットリングにメタルジグを結束します。


前にショアジギングでオススメのパロマーノット+編み込み+エンディングノットの結び方の記事(コチラ)で紹介しましたが、このようにソリッドリング・スプリットリング・メタルジグを結束した状態にしてからリーダーを結んだ方が断然楽に強いノットを結べます。リーダーは上の写真のソリッドリング(左に出てるやつ)に結びます。

で、リーダーを結束したらスプリットリングにアシストフックのついたソリッドリングを付けます。


ちなみに水平フォールのものなら

 


このように沈降方向の逆(鉛直上側)にアシストフックがくるようにセッティングします。(アシストフックを付ける側は実は決まっている。という記事はコチラ

この状態でルアーを使用し、ジグを交換するときはスプリットリングからジグだけ外し、ペンシルを投げる時はメタルジグとアシストフックを外し、という風にして交換するとルアーチェンジがすごく楽にすみます。ルアーチェンジで結びなおす必要は全くないのですが、リーダーの傷チェックはこまめにして傷がいったら結びなおすようにするといいかと思います。

ちなみにワタクシのオススメスプリットリングとソリッドリングはコチラです。スプリットリングは普通のものより強固ですので注意してください。

Error: Failed to retrieve data for this request.


ソリッドリングとスプリットリングの使い方まとめ

エギング・ショアジギング・ショアキャスティングを問わず、スナップやリングを使ったルアーの結束は快適によりよく釣りをするのに有効です。「スプリットリングやソリッドリングってどう使うの?」という方の参考になればいいなと思い記事を作ってみました。スナップやスプリットリングはエギングでもショアジギングでもルアー交換をよくするワタシにとっては絶対必要な釣具の一つですので使ったことない方は一度検討してみてください。

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう