サワラ・サゴシのおいしい持って帰り方と食べ方(3種のサワラ丼)

サワラ・サゴシのおいしい持って帰り方と食べ方(3種のサワラ丼)

最近、ショアジギングの外道から狙いの魚に変貌を遂げているサワラ・サゴシ(私の勝手な感想ですが)。もともと足が早すぎる(すぐに品質が落ちる)からとサワラの生食は避けられてきましたが、漁師さんでなくても、釣ってキッチリ処理すれば生食することができます。沖で釣れるサワラより、沿岸で釣れるサワラの方が臭いとよく言いますが、潮通しの良い場所で釣った大型のものであればそんなことありません。めちゃくちゃ美味です。(たしかに大阪湾の東側で釣れるサゴシは臭い気がしますが、、、)

a0002_010535


特に最近有名になった淡路島名物産卵サワラは大変美味で、春の時期に淡路で釣れたサワラ(大きい個体の方が個人的にはおいしいと感じています)はクセになります。

スポンサーリンク




サワラは釣ってすぐに処理。

上にも少し書きましたがサワラは足が早く、臭みが出ると急にオイシクなくなる魚です。よく釣ったサゴシやサワラをそのままストリンガーにかけて死んだまま堤防につるしている方をみかけますが、サワラはストリンガーにかけない方がいいと私はおもいます。お腹を壊すってことはないでしょうが、オイシク食べたいなら、釣ってすぐ血液と内臓を抜いて頭を落としたら、クーラーボックスへ入れるのが良いと思います。1度だけ試しでストリンガーにかけて放置しましたが、すぐ死んでしまい、持ち帰っても臭くなってしまっていました。サワラはキチっと処理すれば臭みなんてないですよ♪

サワラ丼の作り方

鰆は塩焼き、西京焼きなどがおいしいので有名ですが、きっちり処理をすれば生食や炙り(あぶり)や漬けでも大変美味です。

サワラ丼の作り方

鰆をさばいて少し厚めにきります。あつあつのゴハンに盛り付けてキザミノリ・ネギ・ネリワサビを乗せ、刺身醤油をかけたら完成です。(美味ですが、書いてみたものの作り方がシンプルすぎました、、、)しめで温かいダシをかけて茶漬けにすると、これまた美味です。

サワラの漬け丼の作り方

上と同様に厚めに切ったサワラを(醤油:ミリン:酒=1:1:1+すったショウガを少々)で作ったタレに半日ほどつけます。あとはゴハンに盛り付けてネギを乗せれば完成です。

サワラの炙り(あぶり)丼の作り方

鰆を3枚におろし、ガスボンベ(カセットコンロに使うやつ)にバーナーをセットして皮目だけをほんのちょっと焦げ目がつくくらい炙ります。ごはんにもりつけて、お好みでみょうがなどを添えたら完成です。炙ると皮と身の間の脂が溶けてこれまた絶品です。


サワラ・サゴシのおいしい食べ方まとめ

サワラ・サゴシは「足が早すぎる」といわれるほど足が早い。ストリンガーにつないでも元気に生きているようなメジロやブリ・ヒラマサ・マダイなどをストリンガーで活かしておくのはオイシク食べるために必要だが、サワラ・サゴシはすぐ死ぬのでストリンガーにかけずスグに捌いて内臓と血は抜きたい。そうして持って帰れば生食でも全然生臭くない美味なサワラ・サゴシが味わえる。(ただし私個人の感想では、大阪湾東側やあまり大きく回遊出ず居ついているようなサワラ・サゴシは生臭いような気がします)

サワラが狙える釣り場を探す→コチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう