干潮だけ渡れる現れるオススメ地磯

干潮だけ渡れる現れるオススメ地磯

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

昨今、釣り人口も増えてきて、休日は釣り場の選定に困ることもあります。以前3連休にショアジギング釣行した時に釣り場がなくて都道府県をまたいで移動して思いついたのですが、干潮時にだけ現れる地磯や干潮時にだけ渡れる地磯は良いポイントでもあいていることが多く個人的にオススメの釣り場です。

また、何も知らずにこういう釣り場に行くと困ることもあるので、干満に注意が必要な釣り場や干潮時に渡らなくては行けない釣り場を紹介したいと思います。それほど多くはないですが、干満の差は日本海より太平洋側の方が大きいので紹介する釣り場は太平洋側ばかりです。


わざわざ干潮だけの釣り場に行く理由

例えば干潮にだけ現れる地磯は渡礁できるようになるまで誰もうっていない状態から釣りができるのでフレッシュな魚やアオリイカがいる可能性があります。また、干潮時にその釣り場に行けば干潮時にだけしか見れない海底の地形やシモリの位置なども確認できたりします。

干潮時にだけにしか渡礁できない釣り場では渡れる時間帰れる時間が決まっているため、釣り人の多い連休中でもすいている可能性が高くなります。また干潮時にしか現れない釣り場でも、前日からずっと釣りをしている人とかもおらず、空いていることが多いというのが干潮時の釣り場の魅力かと思います。


干潮時だけ行けるゴロタ地磯和歌山中紀の白木海岸


正確には満潮時でも行けなくはないですが、怖いです。道からゴロタに降りる時に水に浸かるかもしれず大潮満潮時には行くのが困難で、うてるばしょの多い広い釣り場なので干潮の間に岬をぐるっとうってまわるのも面白いです。エギングにオススメです。

白木海岸の釣り場詳細はコチラ

干潮時だけ渡れる和歌山南紀の富田川河口丸山


真ん中に見える細長いのが丸山の地磯です。この衛星写真はたぶん潮位1m弱くらいでこの時間には渡れません。富田川の河口域にありベイトが豊富で、ショアキャスティング・ショアジギング・エギングにオススメです。潮位50cmくらいまでを目安にわたるといいかと思います。

富田川河口の丸山の釣り場詳細はコチラ


干潮時だけ現れる和歌山南紀白浜臨海の地磯


右側の岬に続く地磯が干潮時にだけ現れる地磯です。この衛星写真では磯の半分くらい水につかっていますが、大潮でなくても満潮時には磯の大半が水につかってしまいます。エギングにオススメで、白浜周辺にはエギングでオススメの釣り場がたくさんあるので、ランガンの途中に干潮時だけ攻めてみるのも面白いと思います。

臨海の地磯の釣り場詳細はコチラ
スポンサーリンク




干潮時にだけ渡れる地磯すさみ高浜の千畳岩


衛星写真の真ん中にある大きな岩が釣り場です。この衛星写真は潮位30cmくらいだと思います。この釣り場は潮位0cm付近でも少し濡れてしか行けない釣り場で、潮が満ちると船でしか行けません。ショアキャスティングもエギングも良く、冬場でも黒潮の影響でアオリイカが狙える釣り場です。

すさみ高浜の千畳岩の釣り場詳細はコチラ


干潮時だけ渡れる南紀田辺の天神崎と元島

白浜の少し手前、田辺にある有名な地磯でかなり広く釣り場に困らない地磯です。この衛星写真はだいだい潮位40cmくらいでしょうか。元島の方はエギングにオススメで、天神崎の方は大鼻(マップでも大鼻と書いてあります)と天神崎(マップでも天神崎と書いてあります)がオススメですが、元島のゴテンマツ(下にリンク貼ります)などは満潮時でもギリギリ全部は水につからないですが、天神崎や大鼻のほうは大潮満潮時は大半が水につかってしまいますので注意が必要です。ウェーダーや長靴のほうが安心です。

天神崎元島の釣り場詳細はコチラ


干潮時の方が釣りやすい南紀潮岬オゴクダの浜

潮岬のすこし手前にあるゴロタ浜プラス地磯です。年間通して水温が高く冬場でもアオリイカを狙えます。満潮干潮関わらず釣りをすることはできますが、どシャローですが干潮時のほうがゴロタ浜につづく磯に乗ることができるので釣りやすいです。

ここはまだ釣り場紹介ページはつくっていません。


干潮時だけ渡れる現れるオススメ地磯まとめ

干潮時にだけ渡れたり、干潮時にだけ現れる地磯は穴場となる釣り場、こういう場所を探していくメリットはいろいろありますが、デメリットも多い。波が高い時はダメ安全対策は万全にして、食べ物飲み物も十分量持っていく必要があります。また潮汐表にのっている海面の高さと「実際に観測される潮位」というのはズレることも多いので注意が必要です。また気圧が低いと海面は予定より上昇しますので、いろいろな条件を確認してから釣行すると人も少なく快適に釣りができるかと思います。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう