ショアジギングを始めるのに必要なこと

ショアジギングを始めるのに必要なこと

釣り場を探しに来てくれたアナタが
釣果を見に来てくれたアナタが
記事を読む前に、、、知って広げてほしいこと。

昨日行った釣り場が、明日釣り禁止になってないために、

アナタが何気なく捨てたゴミを見てみんながドンドンそこにゴミを捨てないために、

自分が行く釣り場だけじゃなくて、どこの海も今よりキレイに戻るように、

釣り人全体がゴミしたりマナーが悪いっていうイメージ自体を変えれるように

どうか、ここを読んでから記事を読んでやってください。


こんなことにならないようにココを読んでから記事も読んでやってください。

現状の釣り人のイメージがコレです。

一塊で見られるので、ボクも玄人さんも釣り始めたばっかりの方もアナタも将来釣りするかもなアナタの子供さんも

こう見られていますし、このままやとこういう目で見られ続けます。


@tajisan65さんに許可を頂いて使わせてもらっています)


このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています
たくさんの人が釣りオモロっ!!ってなったらなんか嬉しいし、
みんなで仲良く楽しめばいいやんか。
と正直思うので、釣り場を隠していません。
釣りをするアナタなら「釣りオモロっ!!」でしょうし、 友達にも味わってほしいって思ったことないですか(>_<)

ですが、、、
ピッチャーがルールを無視してマウンドの15m前から投げる野球なんてクソつまらんくて、周りに大迷惑になるだけなのと同じで、
ルールを守らない釣りも楽しくなくて、周りに大迷惑をかけるだけだと思いますので
最低限のルールは守るようにお願いします。
このブログを見て行った釣り場もそうでない釣り場も必ず
  • 駐車場はキッチリ
  • 漁港や地元の方の邪魔にならないよう仲良く、指示は守って
  • 叫んだりせず騒音を立てない
  • 人が多くても無理やり入ったりせず譲り合って仲良く釣りする

などのマナーを守って、
自分の出したゴミはもちろん
落ちてるゴミもちょろっとでええから持ち帰り
また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。

一人一個持って帰ったら、すぐキレイになると思います。


釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。
ブログ管理人のワタクシは、
釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー、そんなもん知ってる。。。
でも、誰のものでもない釣り場やし、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)

(自分の)釣り場が荒れる?(自分の)釣り場がゴミだらけになる?
んだら、自分が行かへん釣り場はゴミだらけになったりマナー守らんと釣り禁になってええんでしょうか?
それってちょっと違うんちゃうかな、、、、?
当たり前ながら考え方は人それぞれなので、僕はこう考えて、こんなブログを書いています。。。
もちろん押し付けはしません。

でも、、、
悲しいことやけど、看板立ってても横にゴミ捨てるようなのがいてるのも事実、、、
みんながマナー守って、マナー守らん人に教えるような流れにならんと、
釣りできるキレイな釣り場が減ってくのは止めれへんって。。。

という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
それで守れるのは自分が行く一部の釣り場だけ、、、だと思いませんか、、、( ;∀;)
釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。で教えていただけると幸いです。

(絶対目にとまる位置に書きましたが、コレはブログとしては読みにくいでしょうし、google様からしたらかなりマイナスポインッやけど、意味があってココに書いてるので。皆さんよろしくお願いします(*´▽`*))

キレイごと!と言ってもらって構いません。キレイごとですからw

その代わり、言ったうえでこういうのが広がるようにご協力よろしくお願いします

いつか、このブログで書いてある釣り場のどこもが、逆にキレイになるように、好きなオススメの釣り場をむしろ書いていきたいと思っています

そんな感じでお待たせしまくりましたwww是非、最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!




豪快に海へキャストし、ブリやヒラマサなどの大きな回遊魚を豪快に釣り上げる。

 

すこし体力はいりますが、やってみたい!!

そんな釣り初心者の方がショアジギングを始めるのに必要な情報について書きたいと思います。

 

まず、ショアジギングとはショア(岸)からジグ(メタルジグというルアー)を投げて魚を釣るルアーフィッシングです。

最近はライトショアジギングやロックショアジギングみたいに派生したものも出てきていますがすべてショアジギングだと思ってください。

(ショアキャスティングにも似たところがあるので一緒に説明したいと思います)

 

ショアジギングの魅力の一つはそのターゲットの多さで主なターゲットはヒラマサ・ブリ・メジロ・ハマチ・カンパチ・マダイ・サワラ・ヒラメ・アコウにガシラなど多岐にわたっています。

 

そんなショアジギングを始めてみませんか。思った以上に簡単に始めることができます。

このサイトでは、初級編~中級編に分けて説明したいと思います。


ショアジギングを始める初級編

 

これからショアジギングを始めたい!!最近テレビでよくやっているショアジギングって?

ショアジギングを始めてみたけど、釣れない。

というかたにオススメです。

 

道具を揃えて青物を釣るまで、各リンクで丁寧に説明したいと思います。

(1から始める方は上の方から順に見ていくと分かりやすいです)

 

「ショアジギングをするのに必要な道具」

 

ショアジギングに限らず釣りをするには道具を揃える必要があります。

 

特にショアジギングは豪快な釣りなので専用の道具が必要です。

専用の道具とはいっても高価なものをそろえる必要はなく最低限のものでよく、2万円もあれば最低限の道具は十分に揃えられてショアジギングを始めることができます。

 

そこで、安価なものでも使いやすいショアジギングの道具の選び方と道具のサイズや重さについてコチラに書きます。

 

ショアジギングを始めたい!!という方はまずコチラからどうぞ。

 

「ショアジギングで持っていくと便利な道具」

 

最低限必要な道具を揃えたら、なんとか釣りを開始することは出来ますが、

快適で安全に釣りをして、釣った魚をおいしく持って帰るにはもう少し足りません。

 

最低限釣りをするための道具をそろえた後は、ショアジギングに持っていくと便利な道具もコチラで見てみてください。

 

専用のものばかりでなく手作りできるものもあります。

 

 

「ショアジギングでオススメの結び方(ソリッドリングとリーダー)」

ソリッドリングとリーダーの結び方にはいろいろあります。

ユニノットでいいんだという方から漁師結びをオススメする方からいろいろいます。

 

ワタシはショアジギングでもショアキャスティングでもパロマーノットで結んだあとに編み込みをする方法をオススメしています。

 

結び方を解説して、しめくくりのエンディグノットについても解説します。編み込みが真っすぐなって強度がでるコツについてもコチラに書いていますのでよかったらどうぞ。

 

「ショアジギングでオススメの結び方(PEラインとリーダー)」

ワタシは個人的にショアジギングはPRノットかFGノットでPEラインとリーダーを結ぶのがいいと思っています。

 

で、ちょっと難しいとされてるFGノットの結び方について記事を書いてますのでよかったらどうぞ。コチラ

 

ショアジギングをするにはPEラインとリーダー、リーダーとソリッドリングの2か所の結び方を覚える必要があります。

 

「ジグの投げ方と動かし方」

 

ショアジギングでは重たいルアーをできるだけ遠くに投げます。

上手な人になると条件が揃えば130m~150m飛ばします。

飛ばせば釣れるか?と聞かれると微妙ですが、ルアーを遠くまで飛ばせると回遊魚が釣れる可能性は確実にあがります。

 

なのでショアジギング独特の重たいルアーを遠くまで投げられるメタルジグの投げ方があります。

またメタルジグは端的に言えばただの重たい金属の塊です。その重たい金属の塊を狙いの魚が捕食する小魚に似せて動かすことでそれに食いついた魚を釣ります。

 

金属の塊をいかに小魚のように見せるか?これはショアジギングの楽しみのひとつだと思いますが、

メタルジグの動かし方、アクションの仕方などについてもあわせてコチラで説明します。

 

マッチザベイトのキモについてはコチラ

 

ダイビングペンシルを動かすコツについてはコチラ

 

「ショアジギングのポイントと釣行時期・時間の選び方」

 

ショアジギングの対象魚のメインとなるのは回遊魚。その名の通り回遊しています。

 

私がメインで狙っているヒラマサには回遊するものと磯場に居ついていて大きな回遊はしないものがおり、

ブリやメジロの回遊には大きな回遊と小さな回遊があったりショアジギングのターゲットはポイントを絞ってつるのがなかなか難しい魚たちです。

 

そのためショアジギング・ショアキャスティングでは、

いつどこに釣りに行くのかが釣果に大きく影響する釣りです。

 

そのショアジギングに行く時期・時間・場所の選び方についてコチラに解説します。

 

また、ブリなどの回遊パターンについても詳しく説明するのでショアジギングをすでにされている方にも役に立つと思います。

 

「釣り上げた回遊魚をおいしく食べるには」

 

ショアジギングで狙う回遊魚はヒラマサ・ブリ・カンパチなど、どれも美味な魚ぞろいです。

 

ですが、回遊魚は釣れたその場でキッチリ処理しないと持って帰った時に生臭くなってしまいおいしくありません。

 

キッチリ絞めて血抜きをして持って帰らないとせっかくの高級魚が台無しです。

 

ですので、釣った魚を帰るまでそのように保存して、どのように絞めて、どのように持ち帰るといいのか詳しくコチラで説明します。

 

ヒラマサの漬け丼の作り方も説明しています。

サワラ・サゴシのおしいい食べ方サワラ丼3種の作り方はコチラ(おいしく食べるための持って帰り方についても書いています)

 


ショアジギングを始める中級編

ショアジギングが好きで、結構魚は釣っているけど、もう少し凝りたい。そんな方にオススメです。

ダイビングペンシルの自作方法まで説明できればと思っています。

 

「アシストフック自作の方法」

 

ショアジギングを始めるときは市販のフック(針)を購入すればよいと思いますが、

少しハマってくると「もう少し長い方がいいのに」や「この針にこのアシストPEがついていたら、、、」などと市販のアシストフックに対して少しもどかしいことが増えます。

 

アシストフックは簡単に自作できますのでよかったら作り方を確認して作成してみてください。→コチラ

 

「ショアジギングのアシストフック用の鈎の選び方」

 

ショアジギングのアシストフック、市販のものを買う時でも自作をするときでも、

魚種や魚のサイズに合わせて何種類かもっておきたい。

 

でも、種類を増やしてもどう使い分ければよいか分からない。

鈎の形状による特徴とそれぞれの部位の役割を知るといろんなシチュエーションでの鈎の使い分けができます。

 

ショアジギングフックの使い分けについてご確認ください。→コチラ




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。



◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

◎エギングの記事一覧は→コチラ

◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)





ブレイズスマートEV   

吉宝
Translate »