タグ:アシストフック

スプリットリングやスナップを使ってルアー交換が便利

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。 今週末、少しだけ冬型がゆるんで釣りができそうですね。ワタクシは仕事ですがw職場の釣りする方と毎朝釣りトークを数分してから仕事が始まるのですが、そこで冬の釣りの時にはラインの結束が大変だという話になり、聞いているとメタルジグ・ペンシル・エギをスナップなしで結束しているらしく、「え!?あかんあかん」となって、そこから思いつきましたw 今回はメタルジ […]

メタルジグのアシストフックをつける側と水平フォールする向き

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか? 休みが取れた方の中にはこの台風の切れ間に釣行されている方もいるかもしれませんね。釣行しようか迷っている方がおられたら以前に書いた「台風の後の釣りはいい」の記事をよかったら読んでみてください。コチラ(台風の通過と釣りへの影響の記事です) 今回はある新しいメタルジグを楽天市場で注文して、そのジグが水平フォール系のジグだったので思いつきました。 今回 […]

ショアジギングフックの選び方その3(ハリのサイズの選びかたとハリのスロートとは?)

シリーズ的にショアジギングにおけるフックの選び方についていろいろ書いてますが、今回はフックサイズの選び方について書きたいと思います。フックサイズは魚が鈎を吸い込む吸い込み易さと鈎ががりのしやすさに大きく影響します。 鈎(つりばり)のスロートとは タイトルには「鈎のサイズ」と書きましたが、ハリのサイズといっても計測しずらいのでサイズを合わせるのは「鈎のスロートの長さ」でいいと思います。鈎のスロートと […]

ショアジギングフックの選び方その2(シャンク長でハリを使いわける、大きさはシャンクで見る)

シリーズ的にショアジギングにおけるフックの選び方についていろいろ書いてますが、今回はフックの形状の選び方について書きたいと思います。フックの形状は魚が鈎を吸い込んでからフックがかかる力とかかった後のキープ力に影響があります。 鈎(つりばり)の「シャンク」とは シャンクは鈎のチモトから腰曲げの部分のことで、まず一つはその断面の形で長さで鈎の特徴が変わります。(鈎各部の名称についてはよかったらコチラを […]

ショアジギングフックの選び方その1(ハリの各部分の名前と管付き・平打ちの違い)

釣り鈎の種類について 鈎はハリと読みます。一般的にツリバリのような形をしているものを鈎(「かぎ」と打てば変換できます)といいます。エサ釣り・ルアー釣りに関わらず、ツリバリの種類はビックリするくらいたくさんあります。種類が多すぎて釣具屋の店員さんでも専門外の釣りの鈎はどう使い分ければいいのかが分からないくらいです。(別に釣具屋の店員さんをディスってはいませんよ、、、、それくらい多すぎるということです […]

ショアジギング用の自作アシストフックの作り方

アシストフックは自作するべき? ショアジギングで使用するアシストフックは自作するべきか。 結論から先に書きます。「アシストフックは自作しても自作しなくてもどっちでもいい」と思います。 私は自分で作るのが好きなのでショアジギング用のアシストフックを自作して使っていますが、いろいろな種類のアシストフックが市販されているので、特にこだわりがなければ市販のもので十分だと思います。 アシストフックを自作する […]