太地くじらの博物館横の釣り場紹介(和歌山県太地)手軽なエギング・サビキ釣り場

太地くじらの博物館横の釣り場紹介(和歌山県太地)手軽なエギング・サビキ釣り場

くじらの博物館横のポイントまとめ

ポイント:くじらの博物館横
場所:和歌山県東牟婁郡太地町太地
種類:堤防
釣り方:エギング・サビキ
魚種:アオリイカ・アジ・イワシ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★☆☆☆
潮通し     :★☆☆☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★★
隠れ家度   :☆☆☆☆☆
駐車場    :★★★★★
トイレ      :★★★★★(近くにウォシュレット付き)
コンビニ     :★★★☆☆(ファミリーマート勝浦下里店まで車で約10分くらい)


くじらの博物館横でどんなさかなと出会えるのか

太地くじらの博物館横は和歌山県太地町のくじらの博物館の近くにある小さな堤防で、エギングやファミリーフッシングでアジ・イワシなどを狙ったサビキ釣りが楽しめる手軽な堤防です。

堤防の付け根はシャローでテトラもあり、駆け上がりになっているのでアオリイカの付き場となっており、また先端から右沖向きでは潮が左から右によく流れることが多く、この流れにもアオリイカがついていることが多いです。

アジやイワシ狙いのサビキでも先端付近から飛ばしサビキで沖向きを狙うのがオススメです。

スポンサーリンク




太地くじらの博物館横の釣り場詳細

くじらの博物館横の堤防は太地町の森浦湾内にある小さな堤防です。「くじらの博物館横」と勝手に呼んでますが、捕鯨船第一京丸が展示されているすぐ横です。

駐車スペースも近く、自販機やトイレも近くにあるため手軽に釣りを楽しむことができます。


写真を撮った時間が少し暗くて申し訳ないのですが、堤防の全体はこんな感じ。


割と人気の釣り場で、堤防の全長も30mくらいなので釣り場がなくなっちゃいそうですが、上の写真の堤防の根元の部分はあまり人気がないですがアオリイカ狙いのエギングでオススメのポイントです。テトラ帯が続いていて、テトラから15mくらいのキョリでテトラが切れてブレイクになっているのでそのラインを攻めてみるとおもしろいかもしれません。特に秋シーズンは先端から潮通しの良い沖側を狙うよりもこちらのほうが新子狙いで分がある気がします。


堤防の先端部分はアジ・イワシ狙いのファミリーフィッシングや他のエサ釣りの方に人気のポイントで沖側(ちょうど写真の方向)に遠投してなんとかとどくくらいのキョリに潮が横向きに走ります。

先端付近から沖に遠投しても水深は3~5m前後、堤防の根元で水深は2~3m前後でシャローの釣りになります。


太地くじらの博物館横の釣り場まとめ

くじらの博物館横の堤防釣り場は手軽な堤防で、ファミリーフィッシングやランガンのエギングなどちょこっと手軽に釣りでもするかな、、、な釣りにオススメの釣り場です。

自販機やトイレも近くにあり、博物館や捕鯨船の展示など他にもたのしめるものがたくさんありますし、コンビニやごはん屋さんも近くにあるのでオススメです。

春や秋のエギングや、家族連れでのファミリーフィッシングにオススメですので一度訪れてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)