間人後の鼻の釣り場紹介(京都丹後間人)丹後で超お手軽地磯と海水浴

間人後の鼻の釣り場紹介(京都丹後間人)丹後で超お手軽地磯と海水浴

後の鼻ポイントまとめ

ポイント:間人後の鼻(のちのはな)
場所:京都府京丹後市丹後町間人
種類:地磯
釣り方:ショアジギング・エギング・フカセ・遠投カゴ釣り
魚種:ツバス・ハマチ・シオ・グレ・アオリイカ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★★
隠れ家度   :★☆☆☆☆
駐車場    :★★☆☆☆(迷惑にならないように路肩か間人漁港に)
トイレ      :★★★★★(すぐ近くにトイレがあります)
コンビニ     :★★★★☆(ローソン京丹後網野町店まで車で約25分)


間人後の鼻でどんな魚と出会えるのか

間人後の鼻は京都丹は後ヶ浜にある地磯で、日本海に少し突き出した間人城嶋公園の近くで潮通しの良い釣り場です。たまたま出会ったおじさんが「のちがはまの横にあるからノチノハナや」と言ってただけなので本当の名前は分かりません。

マップを広域にしてもらうと分かると思うんですが、他よりも少し突き出たような形になっています。

主な狙いはツバス・ハマチ・シオなどの青物アコウ・ガシラなどの根魚秋のアオリイカがオススメで、エサ釣りの方はフカセでグレ、遠投カゴでマダイなどを狙っています。

釣り場詳細でも紹介しますが、磯の張り出しが大きくフカセで届く範囲ではマダイ狙いは難しいので遠投カゴ釣りで狙っているみたいです。

スポンサーリンク




間人後の鼻の釣り場詳細

間人後の鼻は後ヶ浜海水浴場のすぐ横にあるかなり手軽に行ける地磯です。


(すぐ近くのトイレから後の鼻を撮影。目の前です)


すぐ横に後ヶ浜海水浴場があります。めちゃくちゃ水がきれいな海水浴場です。磯回りとテトラ回りにサザエもカナリいますけど、法律上✖です。

砂浜を抜けるとすぐに平らな地磯があります。なかなか広い地磯で、左手には間人漁港が見えます。


後の鼻は東も西も良い釣り場ですが、足元から15m~20mほどは磯の張り出しがあり、そこから深くなるような海底になっています。

水深は張り出し部分が3mほど、その向こうが10m~15mほどでテーブル状になっているので、沈める釣りでは少し釣りづらいです。ですのでストレスなく釣りをするにはトップやフローティングミノーがオススメです。

一番のオススメは間人漁港の見える西側の釣り座で、間人漁港のテトラとの間にできる湾内にベイトがたまり青物がそれを目がけてナブラになることもあります。

間人漁港から釣ってもいいですが、間人漁港からだとテトラになるので、むしろ後の鼻の地磯から投げた方が釣りがしやすいです。エギングもこの小さな湾内がオススメです。


(後の鼻の西の釣り座。この日は少し荒れているので分かりにくいですが、潮目もキッチリ入り足場も良い釣り座です)

後の鼻の東側の釣り座も足元が良く釣りはしやすいですが、やはりテーブル状の地形になっています。


(後の鼻東側の釣り座。向こう側に見える岬が犬ヶ岬です。)

コチラの釣り座は遠投すると海底が砂でマダイ狙い、ヒラメ狙いもおもしろいです。


 間人後の鼻釣り場まとめ

間人後の鼻は手軽に行ける地磯で後ヶ浜がすぐ近くにあるので海水浴と釣りが同時にできます。ガチのヒラマサ狙いで行くような釣り場ではないですが、手軽にファミリーフィッシングもできますし、青物の回遊もあるいろいろできる地磯です。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう