釣りの重さ単位換算表(ポンドクラスとポンドテストの違い)

釣りの重さ単位換算表(ポンドクラスとポンドテストの違い)

主が初心者の時に(今でもへたっぴですが)困った内容を一つ。

釣りというスポーツはもちろん日本だけでなく、アメリカ、オセアニア、ヨーロッパやカリブ。いろんなところで生活や娯楽のために行われてきました。そのためか、「重さ」だとか「長さ」の単位がごちゃごちゃ入り乱れていて、日本特有・釣り特有の単位まで使われています。

なので、本で「10フィート前後の竿で、、、1/8オンスくらいの、、、、」などという記事をよんでもちんぷんかんぷんで困りました。ので、単位換算表を載せて置き参考になれば、、、と思います。まずはオモリの重さについてです。
竿の重さはg表記なのに、オモリの重さはOzや号と非常にわかりにくいので、すべてグラムに直せるようにしました。
スポンサーリンク




重さ

重さに関してはg(グラム)やkg(キログラム)がお馴染みだと思うのですが、釣りではいろいろな重さが登場します。

「号(ごう)」:一般的なオモリの重さ表記

オモリの号数   g(グラム)
0.3        1.125
0.5        1.875
0.8         3.00
1         3.75
1.5         5.63
2         7.50
3         11.25
4         15.00
5         18.75
6         22.50
7         26.25
8         30.00
9         33.75
10         37.50

「号(ごう)」:ガン玉(糸を挟むタイプの球状のオモリ)の重さ。(ウキの浮力もこれです。)

ガン玉の重さ    g(グラム)
G8              0.07
G7         0.09
G6         0.12
G5         0.16
G4         0.20
G3         0.25
G2         0.31
G1         0.40
B           0.55
2B         0.75
3B         0.95

「小・極小etc.」:割りビシ(ガン玉がラグビーボール状になったオモリ)の重さ

割りビシのオモサ  g(グラム)
極小        0.2
小小        0.22
小         0.4
中         0.75
大         0.9
大大        1.35
特大        2.1

「Oz(オンス)」:ルアーフィッシングで使うオモリの重さ(ジグヘッドなど)

Oz(オンス)    g(グラム)
1/32       0.89
1/16       1.77
1/8         3.54
3/16       5.32
1/4         7.09
3/8         10.63
1/2         14.17
5/8            17.72
3/4            21.26
1          28.35

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)