ダイビングペンシルのアクションと波のタイミングの合わせ方

ダイビングペンシルのアクションと波のタイミングの合わせ方

記事を読む前に、、、

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています
釣果記事ならそこに人が集まるかもしれませんし、
釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。

ですが、たくさんの人が釣りオモロっ!!ってなったらなんか嬉しいし、
みんなで仲良く楽しめばいいやんか。

と正直思うので、釣り場を隠していません。

ピッチャーがルールを無視してマウンドの15m前から投げる野球なんてクソつまらんくて、周りに大迷惑になるだけなのと同じで、
ルールを守らない釣りも楽しくなくて、周りに大迷惑をかけるだけだと思いますので 最低限のルールは守るようにお願いします。

このブログを見て行った釣り場は必ず
駐車場はキッチリ、
漁港の方や地元の方の邪魔にならないようにして仲良く、
叫んだりせず騒音を立てない、
人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、
などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り

また来るよ( *´艸`)って
来た時よりもキレイな状態で釣行を終える
よう、よろしくお願いします。
釣り人同志のケンカなんてもっての他(-_-メ)

釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。

ブログ管理人のワタクシは、
釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー、
そんなもん知ってる。。。
でも、誰のものでもない釣り場やし、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)


自分の釣り場が荒れる?自分の釣り場がゴミだらけになる?
んだら、自分が行かへん釣り場はゴミだらけになったりマナー守らんと釣り禁になってええんか?
それってちょっと違うんちゃう?
当たり前ですが考え方は人それぞれなので僕はこう考えて、こんなブログを書いています。。。

悲しいことやけど、看板立ってても横にゴミ捨てるようなのがいてるのも事実、、、 みんながマナー守って、マナー守らん人に教えるような流れにならんと、 釣りできるキレイな釣り場が減ってくのは止めれへんって。。。

という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)

それで守れるのは自分が行く釣り場だけ、、、だと思いませんか、、、( ;∀;)

釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。で教えていただけると幸いです。

(絶対目にとまる位置に書きましたが、コレはブログとしては読みにくいでしょうし、google様からしたらかなりマイナスやけど、意味があってココに書いてるので。皆さんよろしくネ(*´▽`*))
そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



日本海春のヒラマサや南紀の青物で大活躍するダイビングペンシル。大荒れの日を除けばそのダイビングアクションで魚にアピールしたり捕食スイッチを入れたりできます。

ジグやミノーと比較するとダイビングペンシルなどのトップウォータープラグのアピール力は群を抜いていると思います。

で、今回釣りキチ中学生からダイビングペンシルが水面から飛び出してしまうんやけど。と聞かれたのを思い出したのでダイビングペンシルのアクションについてヘタクソな絵を使ってダイビングペンシルのアクションについて説明したいなぁと思います。

先に謝っておきます。ヘタクソな絵ですw


ダイビングペンシルの動き

ダイビングペンシルは水面から前3割~2割くらいを出して立った姿勢から、

ラインを巻き取りロッドを大きく引くと水中にもぐります。

水面直下でウィグリングアクションをした後、強めの浮力で水面にポコっと顔を出して、また水面で立った姿勢に戻ります。

というのが基本のアクションです。

で、そのポコっと顔を出すか出さないかのタイミングで青物がアタックしてくることが多いです。ので、キッチリ潜らせてこのポコッのタイミングを作りたいのです。

(ここの絵も用意すればよかったですねw)

どうやって動かすのか、個人的に参考にしまくっているプロアングラー鈴木斉さんの動画を参考にすると分かりやすいです。


ダイビングペンシルのアクションを波に合わせる

完全に波のないおだやかな凪の日よりもちょっと波気だってるほうが青物は釣れるとよく言います。(ワタシも経験上そんな気がします)

で、上に書いたようなアクションはベタ凪だったら誰でも簡単にできるんですが、少し波気だつと水面からルアーが飛び出してしまい、うまくアクションができないことがあります。

そこで、ちょっとしたコツで波気だっててもダイビングペンシルを上手くアクションさせることができるので、それを紹介したいと思います。ここでヘタクソな絵をヘタクソに写真に撮ったものが登場するのですが、、、。


青いのが水面で、ちょっと波気立っていると思ってください。

左の図が「ここでロッドを引くとルアーが飛び上がってしまうタイミング」

右の図が「ここでロッドを引くとうまくアクションするタイミング」です。

右側に釣り人が立っていて左側に向かってキャストしてます。

左の図は

波の頂点よりも手前にダイビングペンシルがいる状態です。この状態でロッドを引くと何もないところにダイビングペンシルが飛んできます。

右の図は

波の頂点がダイビングペンシルを過ぎ去った後の状態です。この状態でロッドを引くとダイビングペンシルが波の中に突っ込んでいきます。

ですので、波気立っている状態でダイビングペンシルをうまく動かすには右の図の状態、波の頂点がダイビングペンシルをちょっと越えたあたりでロッドを引くと水面からルアーが飛び出さずにアクションできます。

スポンサーリンク




で、実はポッパーをこのタイミングで引くと、ちょっとダイビングさせることができます。ポッパーとペンシルのあいの子みたいな感じになって、泡をまといながらウィグリングしてくれます。ちょっと新しい(かもしれない)ポッパーの使い方ですね。

もとからそんな動きをするルアーもありますけどねw

好評につき売切れです

ダイビングペンシルを連続でアクションさせて止めない

上で説明したとおり、波の頂点を越えたあたりで引くと上手くアクションするのですが、タイミングを合わせるためにルアーをアクションの途中で完全に止めると魚は興味を失ってしまいます

ですので、毎度ポコっと頭を出した後、波が通り過ぎるのをまってから引くのではダイビングペンシルが立った状態が長く続いてしまい、魚はルアーに対する興味を失ってしまいます。ですので連続したアクションのタイミングを波のタイミングに合わせる必要があります。

ロッドを引く長さとリールの巻き取り量を調整して

 

波の頂点が通り過ぎてからダイビングペンシルを潜らせる

ポコっと頭を出すのは波の頂点かそのちょっと手前くらい

ポコっと頭を出したらすぐにロッドを引く

、、、、、

の繰り返しで上手くタイミングをあわせてアクションしてくれます。


ダイビングペンシルのアクションまとめ

 

ダイビングペンシルはメタルジグの沈める釣りと比べると高いアピール力があります。全くベイトっ気もアタリもないなんて時にも遠くからも青物を誘い出してくれるのでオススメです。

さらに青物が水面にあるルアーをバイトする瞬間を見るとやみつきになるので是非ためしてみてください。




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。



◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

◎エギングの記事一覧は→コチラ

◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)





ブレイズスマートEV   

吉宝
Translate »