戸津井漁港の釣り場紹介(和歌山中紀)常夜灯まわりのナイトエギングとアジング

戸津井漁港の釣り場紹介(和歌山中紀)常夜灯まわりのナイトエギングとアジング

戸津井漁港ポイントまとめ

ポイント:戸津井漁港
場所:和歌山県日高郡由良町戸津井
種類:漁港
釣り方:エギング・アジング
魚種:アオリイカ・アジ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★☆☆☆
潮通し     :★★☆☆☆
常夜灯    :★★★★★(かなり明るく、ベイトが集まる常夜灯が3つあります)
アクセス     :★★☆☆☆(湯浅御坊道路広川ICから車で約20分)
隠れ家度   :★★★★☆
駐車場    :★★★★☆(無料20台ほど)
トイレ      :★★★★★(漁港入り口にキレイなトイレがあります)
コンビニ     :★★☆☆☆(ローソン広川インター前店まで車で約20分)


戸津井漁港ではどんな魚が釣れるのか

戸津井漁港は和歌山県中紀にある明るい常夜灯のある小さな漁港です。

私がいつも夜間にランガンエギングを始める場所です。

戸津井漁港は紀伊水道川を大きな堤防で囲まれ入り組んだ地形になっているため、アオリイカを捕食する魚が入ってこず、常夜灯にベイトがたくさんついているためアオリイカ秋の新子狙いにもってこいの漁港です。特にこの戸津井漁港では、中紀の中でも早めの時期にアオリイカが釣れ始めます。

スポンサーリンク




戸津井漁港釣り場詳細

戸津井漁港のメインのポイントは漁港内にある2つの堤防です。

特に駐車スペース側にある堤防には常夜灯が4つほどあり、この堤防の周りのみかなり明るくなっています。

①戸津井漁港内側の堤防(常夜灯あり)

(少し確認しづらいですが、堤防にある電灯すべて夜間つきっぱなしです)

004


この堤防は常夜灯がとても明るく、ベイトが集まるためナイトエギングでのアオリイカの数釣りが楽しめます。ヘッドライトがいらないくらいの明るさです。

水深は漁港内のどこに投げても浅く、2~4mほどで、海底は砂地ですがロープか何かがところどころに落ちているみたいで、底を引きずると根がかりします。

浅いためか、干潮時はには釣果はあまり出ず、満潮時がとてもいいのですが時合はいつも短いです。満潮時にこの堤防から外向き(写真の左向き)に投げると、この堤防と外側の堤防の間にあるスリ鉢状の海底のあたりでよくアタリます。

②戸津井漁港外側の堤防

私はこの漁港は夜間の常夜灯回りのみですが、昼間になると漁港外向きでエギングをされてる方も多いです、日が昇ると①の内側の堤防で釣りをする人がいなくなるところを見ると、夜間は内側の堤防で、日中は外側の堤防で釣果が上がるようです。

(戸津井漁港外側の堤防、このさらに外にもう一つ堤防があるが、ここはいつも釣り人でいっぱいです)

007

006


内側の堤防も外側の堤防もですが、この漁港は濁りに弱いため、外海が波気だったらあまりオススメできません。


戸津井漁港への行き方

戸津井漁港へは阪和道(湯浅御坊道路)広川IC.で高速を降り、降りたらそのままひたすらまっすぐ道なりに進みます。突き当りに海岸があるので左折し、さらに道なりに進むと衣奈漁港がある、ここを過ぎると次の漁港が戸津井漁港、となっているが道路が戸津井漁港の上を通る(橋になっています)ため大変わかりづらい。トンネルが見えたら、海側でなく山側に漁港があるので確認してみてください。

夜間はここからエギングのランガンをスタートし、暗いうちに

戸津井漁港神谷漁港小浦漁港とまわるのがオススメ。


戸津井漁港まとめ

戸津井漁港は常夜灯狙いのナイトエギングにオススメの漁港。常夜灯回りにベイトがかなり集まるので月の出ない夜には釣果は逆に良くなる。

アジも常夜灯回りに集まっているのでアジングも楽しめる。

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう