津井漁港の釣り場紹介(淡路島南淡)常夜灯エギングとショアジギング

津井漁港の釣り場紹介(淡路島南淡)常夜灯エギングとショアジギング

津井漁港のポイントまとめ

ポイント:津井漁港
場所:兵庫県南淡路市津井
種類:堤防
釣り方:エギング・ショアジギング
魚種:アオリイカ・ハマチ・サゴシ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★★★
常夜灯    :★★★☆☆(小場所ですが明るい常夜灯が一つあります)
アクセス     :★★★★☆(神戸淡路鳴門自動車道淡路島南IC.から車で約10分)
隠れ家度   :★☆☆☆☆(割と隠れた場所にあり釣り人は少ないです)
駐車場    :★★☆☆☆
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(ファミリーマート西淡湊店まで車で約15分)


津井漁港でどんな魚と出会えるのか

津井漁港は淡路島の南にある小さな漁港です。

津井漁港はゆるやかな湾の南端にあり、鳴門へ抜ける潮がすぐ前を抜ける地形のためアオリイカと青物の回遊の多い漁港です。漁港内はシャローでシモリも多く秋イカ狙いに適しており、漁港の外にある大きな堤防は潮通しがとてもよく青物狙いや回遊魚狙いに適しています。外側の堤防にはサゴシの回遊もとても多いです。(エギンガーには大敵ですが、、、)

スポンサーリンク




津井漁港の釣り場詳細

津井漁港のメインの釣り場は漁港周辺と外側の堤防です。(他にも外側の堤防の奥にある雁子岬も歩いて行けますが、すこし釣りづらいのでここでは紹介はしないでおきます)

津井漁港周辺

津井漁港は港内はおだやかなシャローで海底は砂地です。水深は3mほどで浅く、外海が荒れたときにアオリイカや小さなベイトが避難してきます。地形のためか港内は濁りにくく、濁った時のエギングにも適していますが、良型のアオリイカはあまり見かけません。

img_7805


漁港の外側はシャローのゴロタ+砂地で藻が多く生えます。水深は1~4mほどで、潮通しがよく外の堤防との間にワンドを形成していて、ベイトがよくたまりスイッチの入ったアオリイカが多いです。(もちろんタイミングもあるでしょうが)シモリも多く秋イカ狙いのはもってこいです。

img_7806


漁港内と漁港外をつなぐ出入り口はかなりせまく幅も15mほどしかないのですが、小さなミオ筋(といっても水深2.5~3mほど)になっており、夜になるとミオ筋に明るい常夜灯が灯るためナイトエギングでは必ずチェックしておきたいポイントです。小場所ですが潮もカナリ走ります。

img_7788


津井漁港外の堤防

津井漁港の外側には雁子岬の少し手前に大きな堤防があります。

img_7807


堤防までは、漁港の端から歩いて5分ほどで行けますが、満潮時は道中少し水につかる場所がありますので、潮汐表を見てから釣行した方が良いです(帰れなくはならないですが)。

堤防の外側はテトラ帯ですが、小さなテトラですので釣りがしやすいです。この堤防の沖向きは潮がよく動き横に通るため青物の回遊もあり、ナブラがたつこともあります。堤防の内側は砂地で水深が3m~5mほど、堤防の外側で水深が3~10mほどです。エギングの場合は潮がよく動いている時は内向き潮が緩いときは沖向きで釣ると釣りがかなりしやすいです。

この堤防は漁港から見えるのですが、あまり行く人は多くなく釣り場も広いので釣り座に困ることはないです。


淡路島南淡のナイトエギング漁港オススメ3選

淡路島全体としては常夜灯がありエギングにオススメの漁港は数多くはないですが、南淡には常夜灯がとても明るく、ナイトエギングにオススメの漁港が3つあります。この3つは場所も近く夜にランガンするのがオススメです、よかったら確認してみてください。

①丸山漁港(→コチラ

釣り場は広くないが潮通しが断トツに良く、常夜灯も1番明るい。

②福良漁港(→コチラ

釣り場がとても広く、丸山漁港ほど常夜灯は明るくないが数がかなり多く、漁港全体が明るい。

③津井漁港(→このページ)

常夜灯は明るいが一つだけ。ポイントはかなり狭くうてても2人まで。夜釣りで釣り人がいることはまずない穴場ナイトエギングポイント。

 


淡路島のエギングルール

淡路島のエギングには淡路島ルールがあります(あ、ヤエンでもミノーにたまたまかかってしまった場合でも同じです)。もちろん他のどの釣り場にもあるゴミを捨てない仕事をしている人の邪魔をしない墨を堤防に吐かせな騒がない迷惑駐車をしないなどなど当たり前のルールはどこにもあるのですが、淡路島のローカルルールがあります。

淡路島のエギングルールは2つ

img_7797

淡路島のエギングルール①

7月~9月はアオリイカを釣ったら持ち帰らず優しくリリースする。(どうやら7月~9月は淡路島ではアオリイカは産卵期のようで、エギンガーが増えすぎてオリイカ激減!!なんてことにならないように守ってください。もちろんオスメス限らずです。優しく手では触らず低いところからお願いします。

ん???私が知っているアオリイカの産卵期は春。場所によっても違うのかもしれません。新発見です!!!)

淡路島のエギングルール②

胴長15cm以下のアオリイカは優しくリリースする。これも手で触らず優しく低い場所からリリースする。

これは淡路島だけでなく、どの釣り場でも守りたいものです。

受け売りではあるんですが、子イカをカンナに引っ掛けてしまってリリースしたあと、生きていくのにどんな影響があるかはわからないのですが、「大きくなって帰ってこい」と低い場所から優しくリリースしてあげれば、元気に成長できるんじゃないかな、という気もします。(墨噴射のお土産にご用心。子イカを優しくリリースするときよく墨を吐きます)

そして、できれば子イカが多いような7~9月はエギングをしない方がいいのではないかなー、とも思います(淡路島は産卵期のようですが)。淡路島は夏場に大型の青物も上がりますし、他の釣りものもいっぱいいるので7~9月は他の釣りものにシフトして、アオリイカ釣り解禁になる日を待ちわびる。というのも楽しいんじゃないでしょうか。

おじいになってもエギングを楽しめる海があると嬉しいですね。


津井漁港まとめ

津井漁港は常夜灯狙いのエギングシャローでテンポ良く秋イカ狙いのエギング潮通しの良い堤防のライトショアジギングでツバス・ハマチ・サゴシ狙い。などなどいろいろな釣りの楽しめる漁港。さらに釣り人もあまり多くなく、遊べる漁港だが、外側の堤防に行くなら、満潮時は足元が濡れるので、潮汐表を確認してタイミングを見計らって釣行するのがオススメです。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)