浦神地磯の釣り場紹介(和歌山県南紀那智勝浦)静かな湾でちょこっとエギング

浦神地磯の釣り場紹介(和歌山県南紀那智勝浦)静かな湾でちょこっとエギング

浦神地磯のポイントまとめ

ポイント:浦神
場所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浦神
種類:地磯
釣り方:エギング
魚種:アオリイカ
オススメ度 :★★☆☆☆
魚影     :★★☆☆☆
潮通し     :★☆☆☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★★
隠れ家度   :★★☆☆☆
駐車場    :★★★★☆(国道脇の広くなったところ)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(勝浦町下里店まで車で約5分)


浦神地磯でどんな魚と出会えるのか

浦神地磯は国道脇にちょこっと突き出た普通はスルーしてしまいそうな地磯です。

浦神地磯は2つ釣り場があり玉の浦の奥にある内湾にある秋イカ狙いにオススメの釣り場です。他にもグレ狙いや投げ釣りの方もいらっしゃいますが、特大サンノジ(ニザダイ???魚の正式名称には疎いですw)くらいしか他に釣れているところを見たことはありませんが、たまたま一緒になった地元の方に聞くと大きなアナゴが釣れることがあるよ、、とかなんとか。

シャローからグンと落ち込む地形になっていて秋イカの数釣りを楽しむことができます。
スポンサーリンク




浦神の釣り場詳細

浦神の地磯は船の停泊所と岩屋崎です。ワタシは秋イカランガンの時と外海がどうしても釣りにならない時に行くので手軽な停泊所の方を紹介したいと思います。岩屋崎も基本的には同じような地形です。

浦神の地磯は停泊所のすぐ横、歩いて15秒くらいのキョリにあるちっさな地磯です。


停泊所のすぐとなりにある地磯のそのまま歩いて行けます。先端付近は大潮満潮時ギリギリ頭を出している感じなのでタイドグラフにちょこっと注意して釣行するといいかと思います。

地磯は


こんな感じで回りのどこもうつことができます。国道の際は水深1m弱のシャローで秋シーズンには新子のアオリイカがたくさんたまっていることもありますし、ここから浦神の湾にむかってズンズン深くなっていく地形になっています。シャローのポイントにはイカダがあるので、ロープに引っ掛けないように注意が必要です。

湾内側に向かってロングキャストして、水深がだいたい10m~15mほどで深場も浅場も狙える面白いポイントです。

特にオススメなのが、和歌山でありがちな西風や南からのウネリが強く釣りができないなんて時でも、この浦神の湾や玉の浦は凪の時が多く北西風、西風、南ウネリからの逃げ場になっています。ですが、水質的にちょっと白濁りしやすいので大雨が降った後などは避けた方が無難かと思います。

エギングで行かれる方はそれほど潮通しがいい釣り場でもなく、シャローもあるのでゆっくり沈下するエギがオススメです。


浦神の地磯への行き方

浦神へは串本方面からだと国道42号線を那智勝浦・太地方面へ向かいます。

近大の浦神実験所やJR紀伊浦神の駅を過ぎたあたりに

こんな感じのところがあります。一度「中とめれるで」と言ってもらったことはあるのですが、ちょっと気が引けるので停泊所出口の広くなった国道脇に駐車することができます。


浦神地磯の釣り場まとめ

浦神の地磯は外海が西風や北西風、南ウネリや南西ウネリで釣りにならない時にオススメの手軽な地磯です。秋イカ狙いやほかにも穏やかな海で釣りをしたい方にはオススメ、ノンビリできる環境です。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう