砂方ワニガブチの釣り場紹介(京都丹後)エギングショアジギングの網野の手軽な1級地磯

砂方ワニガブチの釣り場紹介(京都丹後)エギングショアジギングの網野の手軽な1級地磯

ワニガブチポイントまとめ

ポイント:ワニガブチ
場所:京都府京丹後市網野町三津
種類:地磯
釣り方:エギング・ショアジギング
魚種:アオリイカ・ハマチ・シオ
オススメ度 :★★★★★
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★☆(宮津与謝道路与謝天橋立IC.から車で約45分)
隠れ家度   :★☆☆☆☆(エサ釣り師さんに人気です)
駐車場    :★★☆☆☆(10台くらいの無料駐車スペースがあります)
トイレ      :☆☆☆☆☆(管理されてないですが駐車場付近にあります)
コンビニ     :★★★★☆(ニシガキ間人店まで車で約10分、スーパーです)


ワニガブチでどんな魚と出会えるのか

ワニガブチは京丹後の網野町にある細長く日本海に突き出した地磯で、潮通しの良さからいろいろな魚が狙えます。

メインの狙いとなるのはハマチなどの青物とアオリイカです。アオリイカねらいのエギングは秋イカ狙いも春イカ狙いもどちらも良く、青物狙いのショアジギングやショアキャスティングでは水深もあり潮通しも良いためかハマチだけでなく、シオ(カンパチの子)の群れもよく入ってきて磯を賑わしています。

スポンサーリンク




ワニガブチの釣り場詳細

ワニガブチは細長く日本海に突き出た地磯で、足場もとてもよく人気の地磯です。

(ワニガブチ先端部から左側:西側)

gopr0139


ワニガブチの西側には大きなスリットとその向こう側にもう一つ地磯が見えます。このスリット部分は水深8~20mほどあり、沖までこのスリットが伸びています。ワニガブチの先端方向は沖まで浅くなっているのでスリットとの間にブレイクがあり、先端からこのブレイク沿いをジギングで狙うと青物がよく釣れます。ショアジギングは左側がオススメです。右側も左側もともに先端部分の浅瀬に潮がぶつかるように流れます。

(ワニガブチ先端部右側:東側)

gopr0140


ワニガブチの右側には間人の城島公園までなにもありません。左側のスリットに比べて多少深いスリットがありますが、その先は少し浅くなっています。左側に比べると潮の流れが単純ですが、こちらでも青物を狙うことができます。正面から城島公園方面に、もしくは城島公園からこちら方面に潮が流れて潮目ができるようになるので、エギングにもオススメです。

カルティバ 撃投ジグ 65g GJ-65

撃投ジグ 65g■サイズ:65g■魚種:セイゴ、スズキ(シーバス)、ヒラマサ、ブリ、太刀魚、ヒラメ、マゴチ《カルティバ ジグ》●ただ頑強なだけのジグが必要なら、ボディ、ワイヤーコーティング、その全てを...

販売価格: 907 円 ( 更新)

販売店舗: フィッシング遊


ワニガブチへの行き方

ワニガブチへは、宮津与謝道路与謝天橋立IC.で高速を降り、右折してすぐ左手にあるローソンの横の道へ入っていきます。踏切を渡ったら右折し、道なりに進むと突き当りに川と大きな電気の鉄塔がみえるのでそこで左折します(県道53号線)。このあとはひたすら道なりに進み海が近くなったら右手に丹後中学校があるので左折。そのまま海沿いを走ると、左手にカフェが何軒か見えます。あんじゅさんというカフェの向かい側に路肩が広くなった駐車スペースがあるので、そこに停めて少し歩きます。(だいたい10~15分です)

よかったら駐車スペースからの行き方は動画を参考にしてみてください。


ワニガブチまとめ

ワニガブチは京丹後は網野の砂方にある両サイドをスリットで囲まれた地磯。潮通しも良く間人城島公園まで続く潮目は圧巻。時期になればシオの回遊が多くライトショアジギングが楽しめ、スリットの片方には藻が大量に生えるため春イカも狙える足場の良い1級磯かと思います。




スポンサーリンク(advertisement)


当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。記事上下のボタンでいいねしていただけると幸いです。



よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。 YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

(googleマップのマイマップへはコチラ

◎エギングの記事は→コチラ

◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ



関連コンテンツ(related contents)