ゴールデンウィーク前の南紀春イカ釣行釣果報告

ゴールデンウィーク前の南紀春イカ釣行釣果報告

釣行日

平成30年4月26日の24時くらい~4月27日

釣行場所

志原磯(白浜町日置)

地のエビス(串本町和深)

夏山(太地町)

三輪崎漁港(新宮市三輪崎)

旧大島港(串本大島)

笠甫(白浜町日置)

釣果

なんとか春イカ、、、、、、いえ、

春に釣った秋イカサイズが1杯のみ。

数杯のキロアップを見ましたが、エギに興味なし。


月と潮

大潮前の中潮で潮も良く動くし月も明るかったです。

冬~春イカ狙いをするにはバッチシのタイミングでした。。。。がw

表水温

南紀はだいたい18℃前後


例年よりは冷たいですが、まあまあエギングが成立する感じです。

手で触るとちょと冷たい。

エギングタックル

ストリームブースターEXR710(カンジインターナショナル)

セフィアCI4C3000s(シマノ)

ロッドの(なんちゃって)インプレはコチラ

今回メインで使ったエギDraw4の3.5号、2018年の新色に関する記事はコチラ

釣行の感想

春イカーーーー!!!

って感じで釣り友と、たまたまこのブログを見てくださっていた釣り友の友人さんと南紀に春イカ狙いのエギング釣行に行ってきました。

その人に言われたのはタフやなぁ、、、ってことw

いや、僕の周りではコレがフツウです♪2潮くらいは行けますw

とりあえずDraw4の新色で釣れてよかったー、、、、秋イカですけどねw

で、悔しすぎる展開になっていたのでよかったら続きを読んでみてください。

スポンサーリンク




Draw42018年の新色を引っさげての南紀春イカエギング釣行詳細

待ちに待ったDraw4の2018年の新色が発売開始になったのでいてもたってもいられず南紀に春イカ狙いのエギング釣行に行ってきました。

4月26日22時頃大阪を出発していざ和歌山!!

一発目は釣り友の希望で日置の志原磯へ。

 
とりあえず何の異常もなくスルー。

中崎や大崎の方向もチェックしましたが、潮がええ感じなだけで無反応。

ベイトは、、、暗くてしっかりは見えませんでしたが、細くて小さい、、、イワシかイカナゴでした。

志原磯の釣り場詳細はコチラ

 

そのまま、「最近の釣果もあんまよくなかったみたいやし、動こか。」朝間詰めは夏山に決めていたのもあって、一気に串本入り。

次は和深にある地のエビスに向かいます。


で、ほんの数分の差で先行者さんがエビスの先端手前右側の平たい釣り座に入らはりました。

これが悲劇の始まりw

僕はのんびりやろうと内向きを他の2人は外向き(衛星写真の左側向き)をうちます。

 

すると、ちょこっとザワザワ行った後、「やられた、キロくらい」とのこと。先行者さんがとらはりました。

その後アオリイカはいる。とシャクりましたが反応もなく、朝マヅメに間に合わなくなるので太地の夏山へ。

和深の地のエビスの釣り場詳細はコチラ

 

朝マヅメに太地町の夏山

行ったのですが、ワタクシ急な頭痛でダウン。。。

寝てる間にうっといてもらいました。

ちょうどこのあたり。


ここでも先に先端に入ってたヤエン師の方がかけてバラしたのを見たそう。

なんとも悔しい展開がつづきます。

復活してから湾奥だけ藻の感じを見ましたがまあまあ良かったです。これからワサワサになるかなって具合。

ちょっと悔しすぎるので、夏山にいた別のヤエン師さんたちに話を聞くと。

「今は宇久井がいいよ」とのこと。

サンフラワーだか、サンラインだか、、、って言ってはってとりあえず宇久井に向かいましたが、場所が分からずw

初チャレンジの三輪崎漁港へ行きます。

夏山の釣り場詳細はコチラ

 

なんとかかんとか三輪崎漁港へ。


こんなとこ。

シャローフラットでちょくちょくシモリがある感じ。

ここでも釣り友がキロくらいのイカを見ましたがアタリすらなし。

ここも後にして作戦を練りながら串本へ戻ります。

 

で、串本大島にある旧大島港へ。


こちら側の波止ともうちょい奥のシャローをチェックします。シャローに大きいのいるんちゃうん???

とか思ってましたがおらず。

堤防へ戻ってエギに猛スピードでアタックしてきた、、、、子イカをゲット


いや、まあ、、、、春イカ釣りに行ってこの子は小さいですが、とりあえず嬉しい!!

で、draw4新色「モエビです」 

この後特に反応はなく。ロープに新子が隠れてるくらいでした。で、ここも後にしてとりあえず串本漁港にある美味館さんの台湾料理でお昼の腹ごしらえ。


3人で「どうする、、、、?夕マヅメは北西ふくで、、、」ということで、いろいろ考えてちょくちょく回ってみました。

アナ島、見草のブリマ、椿の、、、、あれはなんつう磯だろか、、、、どこも先行者さんがいはったでの、目星をつけて人がいないのを確認していた笠甫の右岸へ。

旧大島港の釣り場詳細はコチラ

スポンサーリンク



 

 

夕マヅメになんとか間に合い笠甫右岸へ。


この真ん中辺りに入りアオリイカを待ちます。

アオリイカは出てこないですが、ベイトとウミガメさんは発見!!


真ん中上部の黄土色っぽいのんです。

潮も動いてていい感じなんですが、21時くらいまでシャクリ続けましたが反応なし。

ただ途中で、海の状況をちょこっと確認しようとライトをつけたら少なくとも1.5キロくらいはあるアオリイカを数杯確認しました。その後、カラーを変え、シャクリを変え、サイズを変え、リーダーを変え、、、、といろいろしましたが無反応。

うーん。無反応

腕が足りない、、、、ということで納竿にしました。

笠甫の釣り場詳細はコチラ 

 

春イカが見えただけにかなり悔しかったです。

ただ、、、、夕マヅメ過ぎてから入ってきたっぽい個体やし、、、捕食しに来てると思うんですけどねぇ、、、、。

ゴールデンウィーク、笠甫の右岸アツいかもしれませんよ♪


ゴールデンウィーク前の南紀エギング春イカ釣行まとめ

残念ながらしわい釣果になってしまいました。

まあでも、アオリイカがいてるのは確認できたので良しとしてくださいwこのゴールデンウィーク笠甫、オススメです。干潮のタイミングを見計らってうまくいけばうつ場所も確保できるかと思います。

個人的にDraw4の2018年新色を使ってみた感想は、パールホワイト2色はナイトでもめちゃ目立ちます。モエビは朝でもデイでも夕まづめでもナイトでもって感じです。

Draw4の3.5号、2018年の新色に関する記事はコチラ

 

今回行った釣り場は

志原磯(白浜町日置)

地のエビス(串本町和深)

夏山(太地町)

三輪崎漁港(新宮市三輪崎)

旧大島港(串本大島)

笠甫(白浜町日置)

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう