気圧と潮位の関係、ウェーディングするときは低気圧による潮位の上昇に注意

気圧と潮位の関係、ウェーディングするときは低気圧による潮位の上昇に注意

記事を読む前に、、、

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています
釣果記事ならそこに人が集まるかもしれませんし、
釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。

ですが、たくさんの人が釣りオモロっ!!ってなったらなんか嬉しいし、
みんなで仲良く楽しめばいいやんか。

と正直思うので、釣り場を隠していません。

ピッチャーがルールを無視してマウンドの15m前から投げる野球なんてクソつまらんくて、周りに大迷惑になるだけなのと同じで、
ルールを守らない釣りも楽しくなくて、周りに大迷惑をかけるだけだと思いますので 最低限のルールは守るようにお願いします。

このブログを見て行った釣り場は必ず
駐車場はキッチリ、
漁港の方や地元の方の邪魔にならないようにして仲良く、
叫んだりせず騒音を立てない、
人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、
などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り

また来るよ( *´艸`)って
来た時よりもキレイな状態で釣行を終える
よう、よろしくお願いします。
釣り人同志のケンカなんてもっての他(-_-メ)

釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。

ブログ管理人のワタクシは、
釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー、
そんなもん知ってる。。。
でも、誰のものでもない釣り場やし、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)


自分の釣り場が荒れる?自分の釣り場がゴミだらけになる?
んだら、自分が行かへん釣り場はゴミだらけになったりマナー守らんと釣り禁になってええんか?
それってちょっと違うんちゃう?
当たり前ですが考え方は人それぞれなので僕はこう考えて、こんなブログを書いています。。。

悲しいことやけど、看板立ってても横にゴミ捨てるようなのがいてるのも事実、、、 みんながマナー守って、マナー守らん人に教えるような流れにならんと、 釣りできるキレイな釣り場が減ってくのは止めれへんって。。。

という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)

それで守れるのは自分が行く釣り場だけ、、、だと思いませんか、、、( ;∀;)

釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。で教えていただけると幸いです。

(絶対目にとまる位置に書きましたが、コレはブログとしては読みにくいでしょうし、google様からしたらかなりマイナスやけど、意味があってココに書いてるので。皆さんよろしくネ(*´▽`*))
そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

 

春めいてきた海に世間ではゴールデンなウィーク。

10連休ということで、たぶんどこの海も釣り人でにぎわってることかな、

と思います。

 

あ、あくまで10連休はちまたでの話w

僕は1回釣行したらそれ以外はお仕事( ;∀;)

(夏までにお金貯めるぞー!!)

 

で、ちょくちょく記事にしてますが、そんな人がいっぱいの時にでも空いてる釣り場に入れる可能性をもっているウェーダー。

でも、実は潮位は数字通りにならないことも多いのでご注意を。というお話です。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 


気圧による潮位の変化と低気圧でどれくらい潮位があがるか

 

気圧とは低気圧とは高気圧とは

気圧というのは単純に考えると、頭の上にのっかってる空気の重さ。

と考えてもらうとわかりやすいです。

 

それが、

密度が大きくて重たいのが高気圧。

密度が小さくて軽いのが低気圧です。

 

気圧による潮位の変化

 

気圧が加わるのは人の上にも海面にも。

ですので、

気圧が高いと海面に重たいものがのっかってて、

気圧が低いと海面に乗ってるものは軽い。

 

イメージ的には

海面に重たいサランラップを乗っけて海水を下に押し付ける高気圧。

軽いサランラップを乗っけてあんまり押し付けない低気圧。

そんなイメージです。

 

 

こんな感じ。

 

(密度が低い低気圧

密度が高い高気圧

そんな覚え方をしましたwww)

 

 

本当は周囲よりも高いと高気圧、周囲よりも低いと低気圧と相対的に評価します。

なので、お勉強には使わないでね♪便宜上、釣りに使うには重い軽いで説明して十分かと思います。

 

 

ですので、高気圧の時には海面は下がりますし、

低気圧の時には海面は上がります。

 

気圧変化と潮位変化

 

僕のページでもちょくちょく書いてますが、タイドグラフを見るのは大切。

 

でも、タイドグラフの潮位は絶対ではないのです( ;∀;)

 

日本の平均の気圧は1013hPa(ヘクトパスカル)

 

タイドグラフのほぼすべてが天文潮位と言って平均をとって予測してるだけのものなので、

天文潮位にその日の気圧は考慮されてません。

 

で、実は

 

周囲より気圧が1hPa下がると1cm潮位が上昇します

 

だいたい。

 

なのでたとえば

周囲の気圧が1013hPaのところに

990hPaの低気圧が来て天文潮位が100cmくらいの予測だと、、、、

実際の潮位は120cmとか125cmくらいになります。

(これはけっこうな低気圧ですけどw)

 

強い台風だと、950hPaとかなので、、、、、恐ろしいですね( ;∀;)

 

 

釣行予定を立てる時はタイドグラフと気圧配置も確認する

 

こっからやっとこさ釣りのお話w

 

この連休。

人込みをさけるためにウェーダー持って釣行するかたもおられるかと思います。

 

で、釣行する際はタイドグラフだけでなく、気圧配置や気圧を確認するといいと思います。

気圧配置は風の予測にも役立ちますが、風の話はまた今度w

 

僕は気圧の確認には気象庁のHPを使ってます。

 

コレ見てるだけで楽しいwww

 

よかったら、潮位の予測に気圧も含めて考えてもらえるといいかなと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク




 


気圧と潮位の関係、気圧が1ヘクトパスカル下がると潮位は1cm上昇するのまとめ

 

気圧は潮位に大きな影響を与えます。

台風の時の高潮までいかないにしろ、釣りに大きな影響を与えます。

 

とくに干潮だけの釣り場に行く方はその日の気圧も確認して釣行してもらうと、

予定通りの釣りができるかと思います。

 

あと、昔、台風通過の時に干潮が重なって

天文潮位は0cm、

でも実測値は150cm

なんてこともあったそうです。

安全面を考えても気圧配置は見るクセを付けた方がいいかもしれないですね(*´▽`*)

 

潮位は風の影響も大きく受けるので、それについてはまた今度。




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。



◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

◎エギングの記事一覧は→コチラ

◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)





ブレイズスマートEV   

吉宝
Translate »