市江崎漁港の釣り場紹介(隠れた秋イカエギングオススメ漁港)

市江崎漁港の釣り場紹介(隠れた秋イカエギングオススメ漁港)

市江崎漁港ポイントまとめ

ポイント:市江崎漁港
場所:和歌山県西牟婁郡白浜町日置
種類:堤防・テトラ・地磯
釣り方:エギング・ヤエン
魚種:アオリイカ・メバル・ガシラ・たまにハタ系
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★☆☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★☆☆(紀勢自動車道日置川ICから車で約20分)
隠れ家度   :★★★★☆(入り口が分かりにくく、それほどいっぱいにはなりません)
駐車場    :★★★☆☆(漁港の奥の方に邪魔にならないように)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★☆☆(ローソン日置川町店まで車で約15分)


市江崎漁港でどんな魚と出会えるのか

市江崎漁港は南紀の入り口日置にある小さな漁港で、椿と笠甫の間にある小さな湾の奥にあります。


入り組んだ地形の奥にありおだやかな湾で、秋シーズンのアオリイカの多いポイントです。ほかにもテトラや周りの地磯でロックフィッシュゲームを楽しんでいる釣り人もいますがメインはエギングやヤエンのアオリイカ狙いかと思います。

市江漁港のある湾の外側の市江崎ではアオリイカなどの他にハマチ・メジロなどの青物があがることもあります。(そんなに有望というわけではないですが)

スポンサーリンク




市江崎漁港の釣り場詳細

市江崎漁港のメインの釣り場は漁港内と漁港外側の堤防テトラです。

市江崎漁港の漁港内

市江崎漁港の漁港内は湾の地形をそのまま活かしたようなワンドになっていて、周りにはゴロタ浜や磯があり、海底もシモリも多くアオリイカのつき場がたくさんあります。写真を見ていただくと分かると思いますが、かなり周りは自然に近いような釣り場です。漁港内は足場も良く釣りがしやすいですが、漁船や渡船屋さんがあるので邪魔にならないように注意が必要です。

漁港内はかなり穏やかです。

堤防から向こう岸
向こう岸の沖側の堤防。奥に見えるのは市江崎
漁港内、自然の地形は残ってます
向こう岸、市江崎への道


ミオ筋に向かって周りから落ち込んでいくような地形で、水深はだいたい3m弱~6、7mくらいと起伏に富んでいて、根ガカリも多いので注意が必要です。

市江崎漁港の外側

堤防の外側は磯やゴロタ浜が広がっていて、磯へも歩いて行けます。堤防の外側は小さめのテトラがつまれていて、お世辞にも足場がいいとは言えませんが、乗りやすいテトラを探せばそれほど苦労せずに釣りができます。

足場が高いので秋イカシーズンのサイトフィッシングにはもってこいです。

ポイントによって異なりますが、長いところでは手前10mほど磯の張り出しがあって手前だけ根ガカリに注意が必要です。

 

堤防から左方向。奥に浜が見えます
浜の向こうには地磯が続いています。
堤防沖向き。対岸の堤防が沖にあります



市江崎漁港への行き方

市江崎漁港へは紀勢自動車道日置川I.C.で高速を降り、日置川沿いを海に向かって走ります。志原海岸なども越えて下のビューのようなバス停のところを左に入ります。

ハイエースとかキャラバンとかでも入れますが、道が細いのでご注意ください。「市江崎荘」さんの看板が目印です。左に曲がって谷を道なりに下っていけば市江漁港です。


市江崎漁港の釣り場まとめ

市江漁港は秋イカエギングにオススメの静かな漁港。まわりには磯場なども多くエギングでもロックフィッシュでもうって回る場所はたくさんあります。この辺りはドデカイハタ系の魚などもでるのでちょい強めのエギングタックルならそのままルアーを付け替えてロックフィッシュ狙いもできます。

市江崎の釣り場記事は別途書きます。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)