コンパクトでオススメの巻き巻きジグケース

コンパクトでオススメの巻き巻きジグケース

釣り場を探しに来てくれたアナタが
釣果を見に来てくれたアナタが
記事を読む前に、、、知って広げてほしいこと。

昨日行った釣り場が、明日釣り禁止になってないために、

アナタが何気なく捨てたゴミを見てみんながドンドンそこにゴミを捨てないために、

自分が行く釣り場だけじゃなくて、どこの海も今よりキレイに戻るように、

釣り人全体がゴミしたりマナーが悪いっていうイメージ自体を変えれるように

どうか、ここを読んでから記事を読んでやってください。


こんなことにならないようにココを読んでから記事も読んでやってください。

現状の釣り人のイメージがコレです。

一塊で見られるので、ボクも玄人さんも釣り始めたばっかりの方もアナタも将来釣りするかもなアナタの子供さんも

こう見られていますし、このままやとこういう目で見られ続けます。


@tajisan65さんに許可を頂いて使わせてもらっています)


このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています
たくさんの人が釣りオモロっ!!ってなったらなんか嬉しいし、
みんなで仲良く楽しめばいいやんか。
と正直思うので、釣り場を隠していません。
釣りをするアナタなら「釣りオモロっ!!」でしょうし、 友達にも味わってほしいって思ったことないですか(>_<)

ですが、、、
ピッチャーがルールを無視してマウンドの15m前から投げる野球なんてクソつまらんくて、周りに大迷惑になるだけなのと同じで、
ルールを守らない釣りも楽しくなくて、周りに大迷惑をかけるだけだと思いますので
最低限のルールは守るようにお願いします。
このブログを見て行った釣り場もそうでない釣り場も必ず
  • 駐車場はキッチリ
  • 漁港や地元の方の邪魔にならないよう仲良く、指示は守って
  • 叫んだりせず騒音を立てない
  • 人が多くても無理やり入ったりせず譲り合って仲良く釣りする

などのマナーを守って、
自分の出したゴミはもちろん
落ちてるゴミもちょろっとでええから持ち帰り
また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。

一人一個持って帰ったら、すぐキレイになると思います。


釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。
ブログ管理人のワタクシは、
釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー、そんなもん知ってる。。。
でも、誰のものでもない釣り場やし、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)

(自分の)釣り場が荒れる?(自分の)釣り場がゴミだらけになる?
んだら、自分が行かへん釣り場はゴミだらけになったりマナー守らんと釣り禁になってええんでしょうか?
それってちょっと違うんちゃうかな、、、、?
当たり前ながら考え方は人それぞれなので、僕はこう考えて、こんなブログを書いています。。。
もちろん押し付けはしません。

でも、、、
悲しいことやけど、看板立ってても横にゴミ捨てるようなのがいてるのも事実、、、
みんながマナー守って、マナー守らん人に教えるような流れにならんと、
釣りできるキレイな釣り場が減ってくのは止めれへんって。。。

という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
それで守れるのは自分が行く一部の釣り場だけ、、、だと思いませんか、、、( ;∀;)
釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。で教えていただけると幸いです。

(絶対目にとまる位置に書きましたが、コレはブログとしては読みにくいでしょうし、google様からしたらかなりマイナスポインッやけど、意味があってココに書いてるので。皆さんよろしくお願いします(*´▽`*))

キレイごと!と言ってもらって構いません。キレイごとですからw

その代わり、言ったうえでこういうのが広がるようにご協力よろしくお願いします

いつか、このブログで書いてある釣り場のどこもが、逆にキレイになるように、好きなオススメの釣り場をむしろ書いていきたいと思っています

そんな感じでお待たせしまくりましたwww是非、最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!




みなさま良いフィッシンングライフをお過ごしでしょうか。

先週末の3連休に吹いた強い北風が押してか、少しだけ水温が下がったみたいですね。少しだけで釣りに良い影響になればいいのですが。

今回はオススメのメタルジグケースの紹介をしたいと思います。「ケース」とはいいましたが、BOXではなくCASEで箱ではないメタルジグケースです。(自分で言ってて頭が混乱しそうなのでごちゃごちゃ言わずに紹介しますw)


オススメのカルティバ巻き巻きジグケース

正式名称が巻き巻きジグケースです。ネタではなくて本当に巻き巻きするジグケースです。個人的には初めに釣具屋の店員さんに「巻きずしみたいなジグケース」と言ってしまったのでそのまま巻きずし型、、、と言っていますが。

こんなやつです。


一般的に使われているプラスチックの大きさ、形が決まっているメタルジグケースとは違い、柔らかいケースです。(なのでわざわざBOXじゃないよ。みたいな話をしました)。柔らかいですが、かなり強い素材でできています。

エギを入れていますがプラスチックケースの場合はこんなです。(半透明のよくあるやつ)


でこのオーナーばりカルティバさんの巻き巻きジグケース、開くとこんな感じになります。


スポンサーリンク



記事のベースがネオプレーンなので、少し伸縮性があってメタルジグを保護してくれますし多少の太い長いは伸縮性でカバーできます。

ネオプレーンはカメラケースとか川釣りのウェーダーとか竿先の保護材に使われているフニフニの素材です。

1枠に1本ないし2本入るので、12×2で24本ほどのメタルジグが入ります。(ワタシは欲張って40gと60gを入れてるラインに3本入れてますがw

このジグケースの特徴についてはもう少し後で。

で、この巻き巻きジグケース。メタルジグを入れてメッシュのカバーをかぶせて(強いマジックテープがついてます。)


巻き巻きすると、、、、。


こんな感じでコンパクトになります。この写真のモノはMサイズなのですが、巻き巻き収納後のサイズはこんな感じで、500mlのペットボトルと同じか少し小さいくらいのサイズに収納されます。


個人的に地磯への釣行が多く、できれば手荷物は少なくしたいのでタックルはフローティングベストに収納しきりたいのですが、箱型のメタルジグケースだとどうしてもBOXの中でガチャガチャしてしまいますし、空気を収納しているだけのデッドスペースができてしまいます。それを解決してくれるものだと思います。なにせ荷物がコンパクトにまとまるのはすごくありがたいです。

このサイズのメタルジグケースに40g×3本、60g3本、85g×15本、105g×2本のメタルジグがいつも入っているので、、、1785g、約2Kgのメタルジグが入ってます


カルティバ巻き巻きジグケースの特徴

個人的に巻き巻きジグケースを推す理由をつらつらと挙げていきたいと思います。上からワタクシ的重要度が高いものです。

  1. メタルジグが中でがちゃがちゃしない
  2. デッドスペースがなくなるのでコンパクトに収納できる
  3. ジグ交換のときに足場が悪くても地面に置かずに立ったまま交換できる(腕に広げてジグ交換しています)
  4. フタがないので壊れにくい(昔はよくジグケースのフタが取れてしまってましたが、この巻き巻きジグケース、だいたい4・5年使ってますが現役バリバリです)
  5. サイズ別に並べられてジグをチョイスする時に楽

などなどです。個人的にはとにかくオススメです。他にもジグを収納したまま洗えます。が、個人的にはキッチリ出して個々で洗って巻き巻きジグケースも洗ってキッチリ乾かした方がいいと思います。

でワタシの使用方法ではデメリットは見当たらないのですが、デメリットを無理やりひねり出すと、、、

  1. 針をつけたまま収納は不可
  2. 20gと160gを同時に収納したいアバンギャルドな方には不向き

というくらいですかね。個人的にショアジギングで30g以下のメタルジグや120g以上のメタルジグを使用しないので40g~105gまで結構幅広くキッチリ収納できるのだ大満足してます。(オフショアで200g近いジグも使ったりしますが、ショアで重たいのを使うと肩が痛いので105gまでにしています)


カルティバ巻き巻きジグケースのサイズラインナップ

カルティバ巻き巻きジグケースには3つのサイズラインナップがあります。S,M,Lで、ワタシが使っているサイズはMで、もう一度写真を載せておくと、Mでこんな感じです。


隠れてしまってますが一番左が40gのコルトスナイパー、左から2番目が撃投ジグレベルの60g、左から3番目から8番目が撃投ジグ85g・撃投レベル80g、右から2番目が撃投ジグストライクの85g、一番右がショアブルー80gと撃投ジグ105gです。巻き巻きジグケースMのサイズ感ははこんな感じです。60g~100gくらいをメインに使う方にはMがオススメです。

他にもS,Lとありますが、Sは目安が25gから85gLは100gから350gとなっています。

堤防でのライトショアジギングで30gから60gをメインに使う方はS,オフショアで150gから250gをメインで使う方はLといったところです。

好評につき売切れです

カルティバ巻き巻きジグケースがとてもオススメのまとめ

メタルジグケースにはカルティバさんの巻き巻きジグケースがとてもオススメ。コンパクトでジグに優しいしガチャガチャしなくてサイズ別にできて見やすくてとてもオススメです。伸縮性があって多少の大きい小さいはカバーできますし、細いジグなら3本くらいまで1枠に入って、ジグが多少増えたり減ったりしても大丈夫です。

現在プラスチックのジグケースを使っていて、スペースをとる、持ち運びが不便、見にくい、ガチャガチャいう、使ってないのに傷ついてるなどの不満をお抱えの方がいらっしゃったら一度検討してみてはどうでしょうか。

個人的に釣果ももちろんそうですが、快適な道具やウエアでの釣りは釣りの満足度や楽しさを高めてくれると思います。




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。



◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

◎エギングの記事一覧は→コチラ

◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)





ブレイズスマートEV
Translate »