中紀ショアジギエギング釣行釣果報告(平成29年5月12日)

中紀ショアジギエギング釣行釣果報告(平成29年5月12日)

釣行日

平成29年5月12日昼過ぎ~夕まづめだけ

釣行場所

煙樹ヶ浜

産湯漁港

釣果

久しぶりのまともなお魚。

ハマチ50cm弱


表水温

20℃前後

中紀もなかなか温くなってきましたよ。

潮と月

思いのほか動かない大潮

感想

エギングは不発でしたがとりあえず久々の1匹。でもこのサイズだとタックルがオーバーパワーです。


中紀ショアジギング・エギング釣行詳細

 

寝違えて肩があまりにも痛かったので釣りに行くまいと思っていたのですが、当直明けで録画していた釣り百景(5月11日放送の湯川マサタカさんの長崎離島エギングのやつ)を見ながら朝ごはんを食べていて気が変わりましたwあんだけ楽しそうにエギングされてるのを見ると釣りに行かずにはいれませんw

「そうだ、中紀に春イカ調査にいこう」ということで中紀に行ってきました。エギングだけだともったいないので

ちょっとだけエギング→夕まづめは煙樹ヶ浜でショアジギング→暗くなってからはエギングという予定でお昼に出発しました。

スポンサーリンク




高速道路を走行中、いたるところで目にする「高速道路料金改定」の看板。自宅から和歌山に行くのも日本海に行くのも値上がりです。。。→詳しくはコチラ

産湯漁港でエギング

とりあえず、明るいうちに状況を確認したかったので中紀の産湯漁港へ。


藻もいい感じで生えていて、墨跡もちらほら見かけます。先行者さんが地元の方でヤエンをされてたので聞くと「今年はアオリイカの産卵遅いで。釣れたやつ捌いても白子入ってへんからなぁ」とのこと。例年だったらそろそろ中紀の春イカシーズンに入ってもオカシクないのですが、どうやら2017年の中紀春イカは5月後半からスタート!!みたいな感じになりそうな気がします。


水温は、、、。20℃ほど。水温はいい感じです。水温や藻などの条件は整ってるけど、イカの産卵準備がまだ、みたいな感じなんですかね。漁港内にそこそこの数のイワシの群れが入っています。何かに追われる様子はなかったです。

産湯漁港の釣り場詳細はコチラ

で、特にアタリもなく15時半くらいに煙樹ヶ浜に移動しました。

煙樹ヶ浜でショアジギング

 

個人的な意見としては、ショアジギングで青物を狙う時には朝マヅメ。

ハマチ・メジロ・ブリは断然朝マヅメ

居つきのヒラマサやベイトを探して大きく回遊しているカンパチは昼くらいまででも単発で。

夕マヅメはその釣り場が一日中ダメだったときに何故かすごく短い時合がくる。

こんなイメージを勝手に作ってやってます、根拠なしですw

ですが、今回は仕事の都合上夕マヅメ。

で夕マヅメに煙樹ヶ浜に到着すると釣り人、、、、、ほぼ0w


天気はあまり良くないですが、穏やかで人もいなくていい感じです。

いつものカレントで掘れている秘密の釣り座を選択。選択もなにも選びたい放題ですが、、、。

(数Kmのじゃり浜に釣り人は3人くらいw)


(このポイントは振り向いたらある堤防の切れ目が目印です。煙樹ヶ浜の釣り場ページに詳細な場所は書いています。)

海が静かなので(あくまでワタシの)煙樹ヶ浜静かパターン鉄板のエクストラシンキングでのスキッピング。あ、一応、、、。

スキッピングとは

 

シンキングペンシルを水面から出してピチャピチャ飛沫を上げながら滑走させるアクションです。竿を立てて早巻きするだけのやつです。分かりやすくいうと、ルアーを高速巻きで回収するときのやつです。

シルエットの小さいヘビーシンキングのペンシル、エクストラシンキングのペンシル、ジグなどがやりやすいです。水面から飛ばすわけではないので重たい方が安定してやりやすいです。

好評につき売切れです

で、話は戻って、この日はイワシを見かけてた事と、ちょっと曇り気味でいつもより光量の少ないシチュエーションでの釣りということでシンペンは使わずにちょいグローのメタルジグから。

オーナー 撃投ジグ 85g 04(チャートグロー)

ただ頑強なだけのジグが必要なら、ボディ、ワイヤーコーティング、その全てを、分厚く・太くすれば事足りる。しかし、それではキレのある動きが損なわれ魚を誘わない。そもそも、ジャーグが重くては疲労がひどく、シ...

販売価格: 1,118 円 ( 更新)

販売店舗: 釣具のポイント 楽天市場店

はかったことないので、何m飛んでるのかわからないですが、ド遠投してギリギリ届くところに潮目が走ってます。水深は15~18mほど。

底潮も動いていていい感じ。引いてきて手前は本当に大潮???と思うくらいピッタリ止まってます。

時間帯はこのあたり、ビュンビュン流れてもいいはずなんですが、沖のみ流れてます。

3投目、着底から2アクション目くらいでゴンっ!!!

ヒラマサの時のノリで激アワセしてしまいました。

久々にお魚と多少の首ふりの感覚。ほんのちょっとだけ走ります。

というのもタックルは経ヶ岬に持って行っているヒラマサタックルと同じものです。

上がってきたのは


ハマチくん。

激アワセしすぎて下アゴにポッカリ穴をあけてしまいました。。。あやうくバらすところでした。

メジャーを忘れたので自宅で測ると50cm弱でした。

小さいですが、ボウズ続きだったのでかなり嬉しい獲物です。

そりゃあオーバーパワーでグイグイこっちに寄ってくるわけです、、、。いや、楽しかったですけどねw

夕マヅメ、この後18時30ごろまで沖にベイトのモヤモヤがあり、その周辺を狙ってキャストを続けましたが、1度モヤモヤっとしたアタリがあっただけ。

暗くなってきたので、帰りに産湯漁港に少し寄って納竿にしました。

煙樹ヶ浜の釣り場詳細はコチラ


ハマチの刺身と漬け(オマケ)

早めに帰れたのでハマチくんをさばくことに。

胃からは、、、


溶けてしまったイワシ?キビナゴ?形からはどちらともいえないですが、骨を見るとイワシっぽいです。

こうやって釣った魚の胃から出てくるものを観察すると次の釣りに役立ったりします。

煙樹ヶ浜でのベイトはイワシっぽいですね。

で、漬けも作って久々の祝杯。



中紀エギングショアジギング釣行まとめ

ひさびさに水温報告だけでなくて釣果報告できました。朝からこれればもっと良かったかもしれません。

いま煙樹ヶ浜のベイトはイワシっぽいので週末に煙樹ヶ浜に釣りに出かけるかたは参考にしてみてください。ただし、ベイトは2段目のブレイクについているっぽいのでカナリ遠いです。

(週末、金土のウネリが残るみたいなので和歌山方面に釣行する方はお気を付けください。)

ショアジギ使用タックル

ロッド:コルトスナイパーエクスチューン1002H

リール:ステラSW6000HG

メインライン:スーパージグマン×8 3号

リーダー:シーガープレミアムマックス50lb

ロッドのインプレはコチラ

 

Error: Failed to retrieve data for this request.
スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)