産湯漁港の釣り場紹介(和歌山中紀)濁り水潮に強い中紀エギング漁港

産湯漁港の釣り場紹介(和歌山中紀)濁り水潮に強い中紀エギング漁港

産湯漁港ポイントまとめ

ポイント:産湯漁港
場所:和歌山県日高郡日高町産湯
種類:堤防・テトラ
釣り方:エギング・投げ釣り
魚種:アオリイカ・キス
オススメ度 :★★★★★
魚影     :★★★★★
潮通し     :★★☆☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★☆☆☆☆(湯浅御坊道路御坊ICから車で約25分)
隠れ家度   :★★★★☆(国道からの入り口が分かりづらく、釣り人はすくないです。)
駐車場    :★★★☆☆(無料15台ほど、海水浴シーズンは有料)
トイレ      :★★☆☆☆(駐車場にありますがあまりキレイではないです。)
コンビニ     :★★★☆☆(ローソン紀伊内原駅前店まで車で約10分)


産湯漁港でどんな魚と出会えるのか

産湯漁港は和歌山県中紀にある小さな漁港です。

中紀の入り組んだ地形のせいもあってか、アオリイカの魚影が非常に濃い場所です。特にこの産湯漁港は中紀の他の場所よりも水がキレイで、雨の後でもほとんど濁りません。そのため、大会が開かれるほどキス釣りも大型が数釣れるので有名です。
スポンサーリンク




産湯漁港の釣り場詳細

他にものおかげで周辺の漁港がすごく濁っている時にでも、この産湯漁港だけは濁らずエギングもできるのでおすすめです。
波も入ってきませんし、北側が山になっているので、北風にもすごく強いです。

042


写真は南側にある阿尾漁港から産湯漁港を撮影。

(ちょうど北側にお椀型の山があり風よけになっています。)
025

027


漁港は砂浜と小さな堤防、奥に大きな堤防と磯からなっていて、砂浜と小さな堤防からはキス釣りが楽しめます。

ここの砂浜はキス釣り大会で名前があがるほど、大きいキスが釣れることでも有名で、水深1~3mほどのキレイな砂浜でキス釣りを楽しむことができます。

海水浴客は少ないですが、中紀で一番きれいじゃないかと思う砂浜もあり、遠浅なので夏場子供連れで泳ぐのもいいかと思います(バーベキューは×)

 

大きな堤防へは、小さな堤防の横にある下の写真の道を入っていくと

028


奥に堤防があります。

堤防の付け根の磯は、岬をぐるっと回りこむことができ、この磯の先端産湯崎もシャローですが絶好のエギングポイントで先端部は春イカも狙えるポイントです。産湯崎の釣り場詳細はコチラ

030


堤防の中では、堤防の付け根と先端付近がポイントで、

堤防の付け根

032


は水深1~2mのシャロー。

(この写真を撮った日は他の漁港は高波ですごく濁っていました。が、ここは透き通ってました。)

堤防の先端付近から、内・外向きは3~6mほどで、こちらがメインポイントになります。

033

035


堤防先端部に釣り座をかまえれたら、引き潮の時は外向きテトラのきわやテトラの上から。満ち潮では堤防先端部から湾の内側(阿尾漁港向き)がオススメです。

正直、他の釣りものはないのですが、中紀のアオリイカのエギングでは外せない場所だと思いますし、他の漁港ににごりが入って釣りにならない日や、予報で波が高くなると分かっている日でも濁らず波もほぼたたないオススメの漁港です。


産湯漁港への行き方

産湯漁港へは湯浅御坊自動車道川辺インターチェンジで高速を降り右折して国道42号線に向かいます。

 
初めの三叉路で右(日高の方)に向かいます。

 
そのまま直進して突き当りの萩原というT字路(国道42号線沿いのファミリーマートのところ)で左折します。

 
内原駅前の交差点で右折して

 
そのまま道なりにすすんで下のようなT字路をまっすぐ進みます。(道なりに右に行くんではなくてまっすぐです)

そのあと道なりにすすむと比井漁港

 
を過ぎて、下のような「ようこそクエの町、産湯へ」という看板が右に見えます。

 
そこを右折して入っていくと、突き当りに産湯漁港があります。





中紀に行ったときのオススメお土産イカまじりシラス

お土産が釣れなかった場合に備えて、、、、帰りに御坊I.C.から高速にのる方にオススメなのがフタバ商店さん。
御坊インターチェンジの手前のファミリーマートさんの隣にあるお土産もんやさんです。


でここのイカまじりシラスが絶品なのでお土産としてオススメです。


産湯漁港まとめ

産湯漁港は濁りにとても強い漁港。周りが濁っていてアオリイカの活性が低いときなどに来ると逆に大爆釣なんてことも。

地磯にテトラに堤防、いろいろな釣りが楽しめるのでオススメ。ヤエン師の方もよく先端に陣取られているので場所がないときは地磯へ歩いてみるといいと思います。

漁港横にある産湯崎の地磯も近くにある阿尾漁港とその横の阿尾地磯もオススメです。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう