メンドリノハナの釣り場紹介(和歌山南紀串本)手軽なシャローと本格地磯のどっちでも

メンドリノハナの釣り場紹介(和歌山南紀串本)手軽なシャローと本格地磯のどっちでも

記事を読む前にお願い。

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています。
釣果記事なら人が集まるかもしれませんし、釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。

このブログを見て行った釣り場は必ず駐車場はキッチリ、騒音を立てない、人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り

また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。

釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。しゃーない許したるかと思った方はインスタとかで「しゃーないから許したる」と言ってもらえると嬉しいです。

ブログ管理人のワタクシは、釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー。。。でも、誰のものでもない釣り場やから、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。

そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



メンドリノハナの釣り場まとめ

ポイント:メンドリノハナ
場所:和歌山県東牟婁郡串本町出雲
種類:地磯
釣り方:エギング・ロックフィッシュ・フカセ・底物
魚種:アオリイカ・グレ・イシダイ・アカハタ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★★★☆(シャローは★★★☆☆)
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★☆☆☆☆
隠れ家度   :★★★★★
駐車場    :★★★☆☆(マキ崎と同じ)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★☆☆(ファミリーマート串本町桟橋店まで車で約20分くらい)


メンドリノハナでどんな魚と出会えるのか

メンドリノハナはマキ崎の東側にある地磯です。

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、googleマップとかをスクショして「コレ」とかってするのは規約違反だったはずなので、

上のマップをクリクリ広域にしてみてください。

 

 

マキ崎周辺のちょぼんとなった真ん中がマキ崎、左がコマキノハナ、右がメンドリノハナです。

メンドリノハナ の手前にはシャローな湾の釣り場とその奥のメンドリノハナは地形の複雑な深い釣り場でシャローでは春・秋のエギングでアオリイカ、外向きのメンドリノハナでは冬のエギングで大型のアオリイカフカセでの寒グレ、ロックフィッシュ狙いが楽しめます。

 

ベイトが接岸することが多く、他の回遊魚も多いようで漁師さんもよく網を入れにこられます。

スポンサーリンク




メンドリノハナの釣り場詳細

メンドリのハナには①湾奥のシャロー釣り場②深場のメンドリノハナ

の2つの釣り場があります。

①メンドリノハナの手前のシャロー釣り場

手前のシャローはメンドリノハナが入り口にある湾の奥にある釣り座です。

 

釣り座から5~8mほどはシャローで水深が2~4mほど、湾の中方向(沖磯があるあたりから奥)で水深が7~9mほどで春や秋のエギングにオススメです。

手前の張り出しのよく引っかかるのでご注意を。

 

足場も割とよく結構広いのでのんびりとエギングを楽しむことができます。

潮がよくとおるのは真ん中の写真にある沖磯のラインから奥。

②メンドリノハナ

①の釣り座から海沿いに外海方向に行った場所にある地磯です。

高い山の方に行くのではなくて、海沿いの低いところから歩いて行けます。(山の方から行くと崖みたいになってて危ないです)

 

航空写真でみていていくつか磯がありますが、唯一メンドリノハナだけ地続きでいくことができます。

 

こんな感じ。たまたま落石でつながったのかもしれません。

メンドリノハナの釣り座は海方向に前のめりになる形の釣り座です。

 

ちょこっと足は疲れます。

 

奥に見えているのは出雲渡船区の沖のカンゴメ

右の奥にはシュリ島があります。

沖のカンゴメとの間は水深が10m弱、手前にちょこっと張り出しがあり根が荒く

出雲崎方向は手前あら水深が10mほど沖では水深が15~20mほどあります。

 

(コッチ向き)

どの釣り座も決して足場は良くなく前に向かっててゴツゴツしているのでご注意ください。

冬のエギングやロックフィッシュ、フカセなどいろんな釣りが楽しめます。

 

メンドリノハナの後ろは

西側に

 

こんな感じで崖があり、風を遮ってくれます。

西風ならシャットアウト、北西風ならちょっとマシかな。ってな感じです。


メンドリノハナへの行き方

メンドリノハナへは紀勢道をすさみ南I.C.で降りて国道42号線を左折しひたすら道なりに串本へ向かいます。

 

潮岬への入り口のところに青い看板で「潮岬→」と書いてあるのでそれに従い潮岬に向かいます。

ここで曲がらなくても奥で曲がって出雲から向かってもいいのですが、駐車場からは磯の状況が全く分からないので潮岬の展望台から状況確認をするためにコチラから回ります。

そのまま道沿いに行くと「出雲」のT字路があるので右折します。

直進すると突き当りにあるロータリーを向かって右側の道に出て。(ロータリーは時計回り)

すぐに左へ曲がって直進すると突き当りがコマキノ鼻・マキ崎へ行く時の駐車スペースです。

(広域にしてもらうと位置関係が分かりやすいかと思います)

 

駐車スペースから来た道を30mほど歩いて戻ります。

すると、左折するところがあるので左折してコンクリートの坂を下りていきます。

突き当りにガードレールがあり小川が流れているので小川沿いの左側をそのまま歩いていきます。

小川沿いの道を海の近くまでくるとこんな感じになってます。

 

正面に見えるもっこりした山の方がマキ崎

右を向くと下の写真のような感じで、こっちへ行くとコマキノ鼻

 

そのまま右側のとんがった山のほうへ向かい、海の方へ行くとマキ崎の手前ポイント

につきます。

 

(このへん)

で、メンドリノハナへはこのもっこりした岩山に向かって左に歩いていきます。

(左手前にある山沿いにずっときます。)

マキ崎の駐車場からはいくつかの道がありますがどれも結構しんどいのでコレが一番無難かと思います。

 

山に沿って歩くと

こんなやまが2つ見えます。右のは手前にある山、左のがメンドリノハナがある山です。

そのままズンズン歩いていき

 

メンドリノハナの山の左端の方にむかって歩いていきます。

 

山の左側、崖がこんな感じになっているところがこういう風に近くなっていて渡れます。

ただしウェーダーなら潮位130cm以下、長靴なら潮位90cm以下、磯靴なら潮位70cm以下くらいで渡るとおもっておくといいかと思います。

たしか橋があったはずなのですが、台風かなにかで流されたみたいです。

 

渡って左側に進むと①のシャローのポイントがあり、

海にそって奥に進んでいくと

渡れるところがあり、

 

これを越えるとメンドリノハナにでます。

駐車場からのんびり歩いてだいたい30分くらいです。

砂利浜にはウサちゃんのウンチがたくさんあるのでご注意をw

スポンサーリンク





メンドリノハナの釣り場紹介まとめ

メンドリノハナはタイミングを見計らっていけばいろいろな釣りが楽しめる地磯です。

マキ崎の周りには北東の風に強いコマキノハナ、根がかなり荒いマキ崎、西風に強いメンドリノハナと楽しめるポイントがたくさんあります。

ちょっと距離は離れていますが歩いてそのまま行ける場所なので3つともそのまま違った釣り場を楽しむことができます。

 

近くの釣り場は

 

コマキノ鼻

マキ崎

白崎




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。
YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
◎エギングの記事一覧は→コチラ
◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ
スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w
◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ
関連コンテンツ(related contents)

インターネット広告

アース法律事務所


ブレイズスマートEV      
楽天銀行


Translate »