アオリイカの簡単な捌き方とアオリイカと里芋のにっころがしの美味しく簡単な作り方

アオリイカの簡単な捌き方とアオリイカと里芋のにっころがしの美味しく簡単な作り方

記事を読む前にお願い。

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています。
釣果記事なら人が集まるかもしれませんし、釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。
このブログを見て行った釣り場は必ず駐車場はキッチリ、騒音を立てない、人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り
また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。
釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。しゃーない許したるかと思った方はインスタとかで「しゃーないから許したる」と言ってもらえると嬉しいです。
ブログ管理人のワタクシは、誰のものでもない釣り場やから、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)という考えで記事を書いています。(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

タイトル通りちょこっと趣旨替えですw

 

いつも釣りの記事ばっかり書いているので、今回は釣りの最終段階「釣ったアオリイカを食う!!」ところに関する記事です。

釣りは「準備するところから食べるところまで全部楽しい」と思ってますので、たまにはアオリイカの食べ方に関する記事を書きたいと思います。

 

実はイカって切る方向でおいしさが変わるって知ってましたか?(別に味が変わるわけではないですが)

そんなこんなで、今回はアオリイカのさばき方とおふくろの味アオリイカと里芋の煮っころがしの作り方について書きたいと思います。

あくまで釣り人のかんたん適当漢料理ですので、「レシピだけが見てえんだ!!」ってかたはクックパッ〇へ( ;∀;)

ただ、たぶん思っているより料理上手な釣り人は多いですよ♪

ほらw⇓(ちょっと自信作。職業は料理と全く関係ないですが、自分でヒラメちゃんをさばきました)

ヒラメのお造りアニサキス対策

ということで、前置きはこれくらいにしてアオリイカのオススメの食べ方を紹介していきたいと思います。

 

グロ注意!!下でイカを捌いている途中の画像を載せます。苦手な方はここで引き返してください。

 

 
スポンサーリンク




釣り人オススメ調理法別料理別のアオリイカのさばき方

アオリイカの簡単なさばき方

あくまで自己流で、しかも包丁をあまり使わずにちゃちゃっとさばくための方法ですのでそこだけはご了承ください。

 

①アオリイカを釣る

おいしそうなアオリイカを釣ってきます。

ここが一番の難関ですw)

できるだけ優しく扱って、墨袋をつぶさないようにしてください。

墨袋は内臓のだいたい真ん中あたりにあります。

 

②アオリイカを指で胴と頭+足+内臓に分ける

アオリイカをまな板に出して内臓を指でひっぱり出します。

(本当は、コウイカと同様に胴に包丁を入れて切り目から内臓を取り出す方法でさばくのがアオリイカにおいても一般的ですが、イカリングにしたりもしたいですしこの方法の方が楽なのでこうしてます。)

頭+内臓と胴はこんな感じでつながっています。ここに指を突っ込んでそのまま引っこ抜いてきます。もし引き抜けなければ、指でくっついているところを外してから)

(ケンサキとかをさばく時と同じ方法です)

で、内臓+頭+腕にわけます。

わけたら、頭+内臓に切り分けます。

このへん。

腕の真ん中に黒いものが残っていたら包丁でとりましょう。

今回は紹介しないですが、イカトンビと言ってイカの口のクチバシみたいなもので、この回りの筋肉が歯ごたえ抜群でイカトンビの燻製は珍味でアテには最高です。

(気になったら塩でぬめりをとって桜のチップで燻製にしてみてください、止まらないですよ♪)

③足だけ先に塩でぬめりとり

で、胴と足にできたら、足をちょこっと水洗いして、ちょっと多めに塩をぶっかけてギュッギュッと揉んで置いておきます。捌いているあいだにぬめりがとれます。

④イカのフネを外して開く

イカのフネを指で引き抜きます。

こんな感じ。

(そうそう。前にもちょろっと書いた気がしますが、イカって貝と近い生き物で、このイカのフネはなんと貝殻の退化したものです。)

まあそれは料理には関係がないので、置いといて。

イカのフネを引き抜くとこんな感じになってます。

ここに包丁を入れてパカっと開きます。

⑤指で薄皮を剥ぐ

まだ手でやります。

切った面から薄皮を剥いでいきます。上の写真でつまんでるやつを

こんな感じでめくっていきます。

新鮮なアオリイカだと結構簡単にめくれます。

 

ズイズイズイっとめくっていいって、くっついている内臓があったらとって、エンペラの部分もキレイに薄皮をめくります。

(胴の薄皮をめくる時はエンペラごと剥いでください。)

キッチンペーパーでグイっとこすると残りの薄皮もきっちりとれます。

別に煮物の時は神経質でなければ気にする必要はないと思いますが、アオリイカをお刺身で食べる時はキッチリとったほうがいいです。

⑥イカを切る方向は縦向け。イカを縦向けに切る。

イカを切る方向なのですが、

イカの胴部分の筋肉は

こんな感じの向きに繊維があるので、

繊維を断ち切るような向きで切ると柔らかくなります。

(ちなみに繊維を切った方が甘味がでるという話もあります。)

どっちにしても縦向けに切ります。

イカのさばき方はこんな感じです。




 

アオリイカと里芋の煮っころがしの作り方

アオリイカと里芋の煮っころがしの材料

ここからは男のザックリ料理満開なので許してください。材料の釣りたてアオリイカ自身がおいしいのでなんとかなりますw

  • アオリイカ
  • 里芋
  • 大根
  • 日本酒
  • みりん
  • お砂糖
  • しょうゆ
  • かつおぶし

⑴アオリイカと里芋の煮っころがしの材料の準備

里芋と大根の皮をむいて一口サイズに切り、里芋は塩をしてぬめりをとります。

その間にかつおぶしでだし汁を作っておきます。

(かつおだしは水を沸騰☛火を止める☛かつおぶしを入れて2~3分置く☛こして完成。のこったかつおぶしはめんつゆをカケながら炒めると美味しいふりかけになりますw)

里芋を水洗いして塩とぬめりをとります。

で、だし汁:しょうゆ:みりん:日本酒:さとう=10:3:3:3:1くらいでまぜます。(だいたーいで大丈夫です)

先ほどのイカも繊維が切れる方向にたくさん包丁が入るような感じで一口大にきります。

これで準備OKです。

だいたいこんな感じ。

⑵イカから先にサッと煮る

混ぜただし汁等のんを鍋に入れて煮立てます。

煮立ったらイカだけ入れて3分間くらいしたらイカだけ取り出しておきます

この取り出すのが結構大事です。イカを柔らかく炊くコツです。

⑶里芋と大根を煮る

イカを取り出した後の汁に里芋と大根を入れます。弱火にしてクツクツ煮ます。大根が軟らかくなったら先ほど取り出したイカを入れます。

煮汁が少なくなるまでコトコト煮て、煮汁が少なくなったら鍋をクルクル回しながら煮汁がなくなったら火をとめます。

完成♪

 

スポンサーリンク




 


アオリイカの簡単な捌き方とアオリイカと里芋のにっころがしの美味しく簡単な作り方

エギングやヤエンで釣ったアオリイカもショアジギングで釣った魚も美味しく食べると釣りの楽しみはさらに増します。

釣った獲物を豪快に焼くだけ!!というのもいいですが、美味しい料理にして家族にふるまったら、

釣りに行く時に「また、美味しいのん釣ってきてな」と送り出されて大手を振って釣りに行けるかもしれません♪

(ボウズだった時が怖いですがw)

 

上で紹介したアオリイカの切る方向はお刺身でも有効なので試してみてください。

よかったら食べ比べすると、若干ですが違いがわかるかと思います。

 

 




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。
YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
◎エギングの記事一覧は→コチラ
◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ
スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

関連コンテンツ(related contents)
ライザップゴルフ
Translate »