カテゴリー:ショアキャスTIPS

2/3ページ

カッパの撥水力復活とニクワックス(NIKWAX)の使い方と効果

カッパの撥水性 釣りは自然の中でするものですので、急に思わぬ雨が降ったり、大きな波が急にきて波しぶきをかぶったりすることがあります。 風よけ潮除けのためにも、晴れの天気予報でもカッパを持っていくことは必須と思っていますが、そのカッパ、、、釣り専用のものは高価です。高価なカッパでも3年もすれば水を吸うようになってしまってガッカリすることが多いです。 今回はせっかく購入したカッパ(一般名はなんなんでし […]

ショアジギングフックの選び方その3(ハリのサイズの選びかたとハリのスロートとは?)

シリーズ的にショアジギングにおけるフックの選び方についていろいろ書いてますが、今回はフックサイズの選び方について書きたいと思います。フックサイズは魚が鈎を吸い込む吸い込み易さと鈎ががりのしやすさに大きく影響します。 鈎(つりばり)のスロートとは タイトルには「鈎のサイズ」と書きましたが、ハリのサイズといっても計測しずらいのでサイズを合わせるのは「鈎のスロートの長さ」でいいと思います。鈎のスロートと […]

ショアジギングフックの選び方その2(シャンク長でハリを使いわける、大きさはシャンクで見る)

シリーズ的にショアジギングにおけるフックの選び方についていろいろ書いてますが、今回はフックの形状の選び方について書きたいと思います。フックの形状は魚が鈎を吸い込んでからフックがかかる力とかかった後のキープ力に影響があります。 鈎(つりばり)の「シャンク」とは シャンクは鈎のチモトから腰曲げの部分のことで、まず一つはその断面の形で長さで鈎の特徴が変わります。(鈎各部の名称についてはよかったらコチラを […]

ショアジギングフックの選び方その1(ハリの各部分の名前と管付き・平打ちの違い)

釣り鈎の種類について 鈎はハリと読みます。一般的にツリバリのような形をしているものを鈎(「かぎ」と打てば変換できます)といいます。エサ釣り・ルアー釣りに関わらず、ツリバリの種類はビックリするくらいたくさんあります。種類が多すぎて釣具屋の店員さんでも専門外の釣りの鈎はどう使い分ければいいのかが分からないくらいです。(別に釣具屋の店員さんをディスってはいませんよ、、、、それくらい多すぎるということです […]

ショアジギング用の自作アシストフックの作り方

アシストフックは自作するべき? ショアジギングで使用するアシストフックは自作するべきか。 結論から先に書きます。「アシストフックは自作しても自作しなくてもどっちでもいい」と思います。 私は自分で作るのが好きなのでショアジギング用のアシストフックを自作して使っていますが、いろいろな種類のアシストフックが市販されているので、特にこだわりがなければ市販のもので十分だと思います。 アシストフックを自作する […]

マッチザベイトとは?(ベイトの種類とルアーの選び方とアクションを合わせて釣果アップ)

フィッシュイーター、特に青物が捕食する小魚などの餌をショアジギング・ショアキャスティングで特にベイト(bait)と言います。 ショアジギングやショアキャスティングではルアーをその小魚に似せて動かし、青物にアピールして釣るため、その日その場所で青物が捕食しているベイトによって釣れるルアーやアクションも大きく変わってきます。隣でハマチ・メジロを爆釣している釣り人の横でなかなかアタリがなかったり、アタリ […]

サワラ・サゴシのおいしい持って帰り方と食べ方(3種のサワラ丼)

最近、ショアジギングの外道から狙いの魚に変貌を遂げているサワラ・サゴシ(私の勝手な感想ですが)。もともと足が早すぎる(すぐに品質が落ちる)からとサワラの生食は避けられてきましたが、漁師さんでなくても、釣ってキッチリ処理すれば生食することができます。沖で釣れるサワラより、沿岸で釣れるサワラの方が臭いとよく言いますが、潮通しの良い場所で釣った大型のものであればそんなことありません。めちゃくちゃ美味です […]

ストリンガーを使って青物をおいしく持って帰る方法

ショアジギングなどで釣れた回遊魚を新鮮に持ち帰り、おいしい状態で食べる方法についてです。ヒラマサの漬け丼のつくりかたについても書きます。一般に回遊魚はその日に食べた方が美味でマダイやヒラメは一晩寝かせてからが美味といわれています。どちらにしても大きな魚が釣れたらどうすればいいのか? についてちょっと書きたいと思います。(お魚屋さん兼釣り師に聞いて実践してる方法です) 活かしておく道具を準備して釣行 […]

ショアジギングでオススメの釣行場所と釣行日の決め方

ショアジギングのターゲットとなるメインの魚、ブリ・メジロ・ハマチ・カンパチ・ヒラマサなどはすべて回遊魚で(ヒラマサは少し例外がありますが)ポイントを絞っていってもなかなか出会えないこともある魚ですが、タイミングを合わせて狙いを定めていくことで出会える確率を上げることができます。 今回はそのタイミングと釣行場所の選び方について少し書きたいと思います。 釣行する時間をしぼる 回遊魚のほとんどは、朝の時 […]

ショアジギングのジグの投げ方と動かし方

ショアジギングではただの鉛の塊であるメタルジグを遠くまでなげて、小魚のように動かし、大きな魚においしそうな小魚だと思って食べさせて釣り上げます。どうもなかなか釣れなさそうに思うかもしれないですが(実際私もはじめは「こんなんで魚が釣れるんけ?」とかって思ってました)これが意外とエサ釣りとそれほど釣れる確率は違いはありません。 むしろエサ釣りでは釣れないのにメタルジグで大漁になる時もあれば、逆にエサ釣 […]