エギングの時に便利なフックキーパー

エギングの時に便利なフックキーパー

皆様、良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

やっぱり冬場は釣り人口が減る様で、釣果情報が減ったりこのブログのアクセスも冬将軍の到来とともにガクンと減ってますw

まあ、よっぽど好きじゃないとこの時期に釣りに行ったりしないよな、、、なんて考えてます。

で、今回はエギングで、特にエギングのランガンで便利なフックキーパーの紹介です。


フックキーパーとは

フックキーパーとは、竿につけておいてカンナを引っ掛ける場所を作るものです。バスフィッシングをしたことがある方なら馴染みがあると思うのですが、こんなやつです。


接着するわけではなくて、ゴムで止めておくだけのものですので竿も痛めません。

もともと、こういうタイプではなくカンナにかちゃっと付けて、それをガイドに付けるタイプのフックカバーを使っていたのですが、ガイドが痛まないか不安なのと、サイズをエギに合わせて変えなくてはいけないのが面倒で変えました。

前使ってたのは、こんなタイプです。エギケースを持ち歩かない方はこのまま収納できるので便利ですが、、、。


でフックキーパー、バス釣りでもよく使うものなんですが、エギングでもとても使い勝手がいいのでオススメです。

でこのフックキーパー、装着するときに方向を考えて付けないと糸が絡むことがあり大変です。

エギングロッドにフックキーパーを付ける場所

わざわざ「エギングでの」と書いたのは他でもなくて、他の釣りのとき例えばバス釣りの時とエギングの時ではフックキーパーは逆側に付けると便利がいいです。というか逆側につけないとフックキーパーに糸がらみが多発してしまいます。


こんな感じでリールの逆側にリールシートと一番目のガイドの真ん中くらいに装着すると糸がらみが少なくてすみます。

このフックキーパーは


このように、ペコンと立てた状態でカンナを引っ掛けて使うのですが、キャストしたり実際に釣りをする時には折りたたんでしまっておかないと糸がらみします。

ワタシのシャクり方がラインスラッグをたっぷりだして初速速めでシャクることが多いからかもしれませんが、リール側にフックキーパーを取り付けた時は3キャストに1回くらい糸がらみしてました。逆側につけてからはほぼ糸がらみはありません。

で、釣り座を移動するときや、釣り場自体を移動するときは、


こんな感じでエギのカンナを引っ掛けておきます。

(エギがガジガジされた後のものですみませんw今度エギのボディーや羽の修復についても書きたいと思います。)


エギングにもフックキーパーは便利のまとめ

エギングにもフックキーパーは便利ですが、付ける方向をリールと逆にしておかないと糸がらみが発生することもあります。もちろんシャクり方にもよるでしょうが。

見たところバス釣りのものと特段変わりはないようなのでバス釣りのものを流用してもいいかな、、、と思います。

フックカバーにわずらわしさを感じてらっしゃる方は、安価ですので一度考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう