柔らかくてコンパクト!おすすめのメタルジグケース

柔らかくてコンパクト!おすすめのメタルジグケース

オススメのジグケースの紹介記事です。

コンパクトで、たくさん入るのでフローティングベストにも収納可能!

スポンサーリンク




オススメのジグケース!カルティバの巻き巻きジグケース

 

正式名称が巻き巻きジグケースです。

ネタではなくて本当に巻き巻きするジグケースです。

 

こんなやつです。


一般的に使われているプラスチックの大きさ、形が決まっているメタルジグケースとは違い、

柔らかいケースです。

 

でこのオーナーばりカルティバさんの巻き巻きジグケース、

開くとこんな感じになります。

 


生地がネオプレーンなので、少し伸縮性があってメタルジグを保護してくれますし多少の太い長いは伸縮性でカバーできます。

ネオプレーンはカメラケースとか川釣りのウェーダーとか竿先の保護材に使われているフニフニの素材です。

 

1枠に1本ないし2本入るので、

12×2で24本ほどのメタルジグが入ります。

(ワタシは欲張って40gと60gを入れてるラインに3本入れてますがw

このジグケースの特徴についてはもう少し後で。

で、この巻き巻きジグケース。メタルジグを入れてメッシュのカバーをかぶせて(強いマジックテープがついてます。)

 


巻き巻きすると、、、、。

 


こんな感じでコンパクトになります。

この写真のモノはMサイズなのですが、

巻き巻き収納後のサイズはこんな感じで、

500mlのペットボトルと同じか少し小さいくらいのサイズに収納されます。

 


個人的に地磯への釣行が多く、

できれば手荷物は少なくしたいのでタックルはフローティングベストに収納しきりたいのですが、

箱型のメタルジグケースだとどうしてもBOXの中でガチャガチャしてしまいますし

、空気を収納しているだけのデッドスペースができてしまいます。

 

それを解決してくれるものだと思います。なにせ荷物がコンパクトにまとまるのはすごくありがたいです。

 

 

このサイズのメタルジグケースに40g×3本、60g3本、85g×15本、105g×2本のメタルジグがいつも入っているので、、、1785g、

約2Kgのメタルジグが入ってますw


カルティバ巻き巻きジグケースの特徴

 

個人的に巻き巻きジグケースを推す理由をつらつらと挙げていきたいと思います。

上からワタクシ的重要度が高いものです。

 

  1. メタルジグが中でがちゃがちゃしない
  2. デッドスペースがなくなるのでコンパクトに収納できる
  3. ジグ交換のときに足場が悪くても地面に置かずに立ったまま交換できる(腕に広げてジグ交換しています)
  4. フタがないので壊れにくい(昔はよくジグケースのフタが取れてしまってましたが、この巻き巻きジグケース、だいたい4・5年使ってますが現役バリバリです)
  5. サイズ別に並べられてジグをチョイスする時に楽

 

などなどです。個人的にはとにかくオススメです。

他にもジグを収納したまま洗えます

 

が、個人的にはキッチリ出して個々で洗って巻き巻きジグケースも洗ってキッチリ乾かした方がいいと思います。

でワタシの使用方法ではデメリットは見当たらないのですが、デメリットを無理やりひねり出すと、、、

  1. 針をつけたまま収納は不可
  2. 20gと160gを同時に収納したいアバンギャルドな方には不向き

というくらいですかね。

個人的にショアジギングで30g以下のメタルジグや120g以上のメタルジグを使用しないので40g~105gまで結構幅広くキッチリ収納できるのだ大満足してます。

(オフショアで200g近いジグも使ったりしますが、ショアで重たいのを使うと肩が痛いので105gまでにしています)

 


カルティバ巻き巻きジグケースのサイズラインナップ

 

カルティバ巻き巻きジグケースには3つのサイズラインナップがあります。

S,M,Lで、ワタシが使っているサイズはMで、もう一度写真を載せておくと、Mでこんな感じです。

 

 

隠れてしまってますが一番左が40gのコルトスナイパー、左から2番目が撃投ジグレベルの60g、左から3番目から8番目が撃投ジグ85g・撃投レベル80g、右から2番目が撃投ジグストライクの85g、一番右がショアブルー80gと撃投ジグ105gです。巻き巻きジグケースMのサイズ感ははこんな感じです。

60g~100gくらいをメインに使う方にはMがオススメです。

 

他にもS,Lとありますが、

巻き巻きジグケースSは収納できるジグが25gから85g

巻き巻きジグケースLは100gから350gです。

 

堤防でのライトショアジギングで30gから60gをメインに使う方はS,

オフショアで150gから250gをメインで使う方はLといったところです。

 

 


カルティバ巻き巻きジグケースがコンパクトで超おすすめ!のまとめ

 

メタルジグケースにはカルティバさんの巻き巻きジグケースがとてもオススメ

コンパクトでジグに優しいしガチャガチャしなくてサイズ別にできて見やすくてとてもオススメです。

伸縮性があって多少の大きい小さいはカバーできますし、

細いジグなら3本くらいまで1枠に入って、ジグが多少増えたり減ったりしても大丈夫です。

 

現在プラスチックのジグケースを使っていて、スペースをとる、持ち運びが不便、見にくい、ガチャガチャいう、使ってないのに傷ついてるなどの不満をお抱えの方がいらっしゃったら一度検討してみてはどうでしょうか。

個人的に釣果ももちろんそうですが、快適な道具やウエアでの釣りは釣りの満足度や楽しさを高めてくれると思います。



ガンガン更新するのでホーム画面登録してね♪

釣具購入はネットが手軽で安くてオススメです。品揃えもネットの勝ち♬



釣り場紹介記事へのリンクつき釣り場マップです




関連コンテンツ(related contents)

当ブログのオススメ記事

エギングに役立つ記事一覧


ショアジギングに役立つ記事一覧


釣りの幅が広がりすぎる無料の海図


春イカ狙いにおすすめのエギングポイント日本海(京都~福井編)

春イカ狙いにオススメのエギングポイント一覧、堤防地磯釣り場和歌山編


参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。





当ブログ記事へのリンク!!

超お役立ちポイントマップ!!マップを使って釣り場を探す

ワタクシなましいたけと釣友た~しのヘッポコ釣行記

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

釣り場記事まとめページ!!

和歌山南紀のエギングポイント一覧

和歌山中紀のエギングポイント一覧

和歌山の北風に強いポイント一覧

日本海の北風に強いポイント一覧

Translate »