カッパの撥水力復活とニクワックス(NIKWAX)の使い方と効果

カッパの撥水力復活とニクワックス(NIKWAX)の使い方と効果

カッパの撥水性

釣りは自然の中でするものですので、急に思わぬ雨が降ったり、大きな波が急にきて波しぶきをかぶったりすることがあります。

風よけ潮除けのためにも、晴れの天気予報でもカッパを持っていくことは必須と思っていますが、そのカッパ、、、釣り専用のものは高価です。高価なカッパでも3年もすれば水を吸うようになってしまってガッカリすることが多いです。

今回はせっかく購入したカッパ(一般名はなんなんでしょう。。。フィッシングジャケット?w)の撥水力を保つ・復活させる方法について書きたいと思います。

どんな素材でも!!!とまではいきませんがもともとちゃんとした撥水加工でないものでも撥水性を持ったり、かなり古いものでも撥水性が復活するのでオススメの方法です。

スノボウエアに主に使っていたのですが、最近では釣り用のカッパやキャップにも使っているので、下部で使い方等を書きます。よかったら試してみてください。

あ、ニクワックスの使い方と節約のお話ですw


NIKWAX(ニクワックス)

カッパの撥水性、レインコート・カバン・キャップ・スノボウエア・ニット帽子・・・etc.の撥水性の復活や撥水性を持たせることができるすぐれものがあります。安価でも効果が抜群です。


コレです。

(NIKWAX)ニクワックス

ニクワックステックウォッシュ(NIKWAX TECH WASH)

左の緑色のがニクワックステックウォッシュで衣服の汚れを落とすものです。実は普通の洗濯用洗剤を使って洗濯しているものって洗剤カスが汚れになっていて、それが原因で撥水力が落ちるそうなんです。もちろん液体洗剤でも一緒だそう。なのでこのテックウォッシュは洗剤カスも含めて汚れを落とします。カッパやスノボウエアの撥水加工にとっては洗剤すら汚れだから多くのものには「洗濯すんなよ」と書いてあるわけですね。

効果のほどは下の方の使い方写真で分かると思います。

ニクワックスダイレクトウォッシュイン(NIKWAX TX.DIRECT WASH-IN)

右の青いのがニクワックスダイレクトウォッシュインで、こっちは汚れが落ちた状態のカッパや衣服に撥水力を持たせたり撥水力を復活させたりするものです。

昔ズボラをしてテックウォッシュを使わずに普通に洗濯しただけのにこのダイレクトウォッシュインを使ったのですが撥水力は、、、、全然ダメでした。

なので、汚れを強力に落とすテックウォッシュと撥水力を付加するダイレクトウォッシュはセット使用が必須です。

スポンサーリンク



NIKWAX(ニクワックス)の使い方と効果

ニクワックスの使い方についてです。ニクワックスの公式の使い方(?)は洗濯機を水量20Lにしてテックウォッシュを300ml入れて普通に洗濯機を回す。洗濯が終わったらダイレクトウォッシュインを300ml入れて同じように洗濯機を回して干したらオシマイ。。。というものなんですが、小さい方のボトル1本が300mlなので、まるまるを使って3~4着しか処理できません。私の感覚だと、この処理後に撥水力がもつのは1年ちょいくらいです。

私はだいたい1,2年に1度釣りのカッパとスノボウエアを撥水処理しているので、ちともったいない気がしていました。ので、自己流で撥水力が少し長持ちしてニクワックスを節約できる使い方を紹介したいと思います。

ニクワックスも洗濯用洗剤もなしで洗濯する

とりあえずあらかた汚れを落とすためにジッパーなどを全部閉めて洗濯します。この作業はなしでもいいかもしれませんが、泥などが付いていると効果が薄れてしまうかもしれないと思ってしています。今回実験に使ったのは(ちょうど釣り道具も衣替えなのでやっただけですがw)

スノボウエア(厳寒期のエギングの時は上はコレを着ていってます。ベンチレーションが付いていて昼間暑ければ開けて汗を逃がしたりできますし、ポケットがいっぱいついていて便利です。10年前のblue bloodのスノボウエアで、もともとは撥水力があったのですが、10年もたつとやっぱり撥水力はなくなってきます)


(処理前は水を吸ってます。前にニクワックスで処理したのは3年ちょい前)

釣りようカッパ(20年以上前の代物です。懐かしのチームDAIWAも20年たつとひたすら水を吸います)


(普通の服となんら変わらず。ニクワックスで処理したことはありません。今回は実験用に押し入れから引っ張ってきました)

ニット帽(もともと撥水性はなかったのですが、5年前ほどから撥水性を持たせて使ってます。ニット帽は撥水性があまりもたないので1年おき)


(ほぼタオルです)

テックウォッシュ(緑色の方)で洗う

匂いがするのでいつもお風呂場で換気扇を回して作業しています。

エサ用バッカン15Lのぬるま湯を入れます。別にバッカンじゃなくても桶でもお風呂でもいいと思いますが30L以上の大容量のものがオススメです。昔ハマっていた底物用の丈夫なやつです。今回は上下合わせて6着とキャップとニット帽を撥水処理するのでこの量にしています。


これにテックウォッシュを300ml入れます。(公式の使い方だとこの量だったら3着くらい)


テックウォッシュは透明の液体です。これを混ぜたら、洗濯しおわって濡れたままのふくを入れて踏み洗いします。10分ほど踏んだり揉んだり位置を変えたりして洗います。すると、、、


洗濯したあとなのに驚くほど汚れがとれます。

洗剤も何も入れずに洗濯機へ

これはとりあえずテックウォッシュをすすぐ作業なので水量などは何も指定しません。そのまま洗濯機に入れて自動で洗います。

ダイレクトウォッシュインで撥水加工

②と同じようにバッカンに今度は20Lのぬるま湯を入れます。そこにダイレクトウォッシュインを300ml入れて混ぜます。



(コッチは入浴剤入りのお風呂みたいな感じです)

この中にテックウォッシュ後洗濯機ですすいだカッパを濡れたままいれます。入れたら同じように踏み洗いします。これはきっちり全体になじむように位置を変えながら10分くらいもみもみ馴染ませます。

馴染ませたら、ダイレクトウォッシュインの溶液ごと洗濯機にブチ込んで20Lの水量指定で自動で洗濯します。

ちょっと長めに干す

理由は知らないのですが陰干しします。(天日干しだと反応する???)

で、長めに干していた方が匂いがマシになるので、2日~3日ほど陰干しします。陰干しと言ってもベランダの手前の方に干して、外側にバスタオルを干しているだけですが。

で、干した後。こんな感じです。

ニクワックスの効果


もともと撥水力をもっていたスノボウエア。定期的にニクワックス処理しているためか、水は完全にはじきます


20年もののカッパ。初ニクワックス処理のためか、完璧ではないですが、見事撥水力復活です。というかそもそも撥水力があったのかも思えてませんがw


もともと撥水力を持っていないニット帽。不完全ですが、水を弾くようになりました。毎度毎度こんな感じなのでニットに撥水力を持たせるのはおそらく不可だと思いますが、普通にかぶっていて雨がめちゃくちゃ染み込むということはなくなります。


ついでに4月~5月用のカッパ。セカンドストリートで買った激安ジャンバーですwニクワックスを使えば十分釣り用に大変身です。軽いのでエギング・ショアジギングをしていても邪魔になりません。

今回使ったのはコイツらです。


ニクワックスでの釣り用カッパのメンテナンスまとめ

釣り用カッパに撥水力はほぼ必須。雨風がある時でもカッパがシャットアウトしてくれれば快適に釣りができます。せっかく購入したカッパでも経年劣化とゴミがたまって撥水力は必ず落ちていきます。定期的にニクワックスで手入れしてやれば撥水力は復活するし、もともと撥水力のなかったものでも撥水加工できる(ただし素材はある程度選びます)。

防水スプレーを毎度毎度買ってスプレーするより断然お得で断然撥水力も強いですし、私が実践しているような使い方をすると安く済んで、撥水加工も強くなります。

私の方法だと、残念ながら足も撥水加工されますがw(お風呂に入ってゴシゴシするとちゃんととれます)


汚い足をみせてごめんなさいw

防水スプレーや買い替えるより、とにかくオススメです。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう