How to revive the water repellency using NIKWAX and its effect(water proof)

How to revive the water repellency using NIKWAX and its effect(water proof)

Have you had a good fishing life?

This article is about “How to revive the water repellency using NIKWAX and its effect”.

 

A raincoat,a rain jackets,a cap,a knit cap for fishing often has water repellency(water proof).

Shortly after your purchase them,theier water repellency is very strong.

But,after a period of time,your fishing tool lose water repellency.

 

At that time,you can revive water repellency of your fishing gear.

Water repellency of rain gear

Fishing is what do in the nature.

So,you are occasionally caught a sudden shower. 

I recommend that you bring rain gear or fishing coat for protection from the wind ,rain,sea spray.

But,fishing coat is expensive.The water repellency of expensive fishing coat may will lost power of water repellency in a few years.

 

So,I introduce the way to revive the water repellency using NIKWAX.

 

advertisement



 


What is NIKWAX

NIKWAX is a liquid which give a clothing or bag the power of water repelency.

NIKWAX is cheap and excellent.

There are two types NIKWAX for giving water repellency. 

NIKWAX TECH WASH

TECH WASH remove strongly small dirts on a clothes.

TECH WASH is green bottle.(left)

In fact,powder detergent or soap scum remain on clothes after rinsing.

They reduce the power of water repellency on fishing clothes.

NIKWAX TECH WASH remove them strongly.

 

NIKWAX TX.DIRECT WASH-IN

DIRECT WASH-IN give water repellency to clothes, knit cap,bag,gloves,scocks etc..

TECH WASH is blue bottle.(right)

 

In the past,I use only DIRECT WASH-IN and failed to give the power of water repellency.

To give water repellency,You must use both NIKWAX.

 

 

To the product above picture in Rakuten global market

(NIKWAX TECH WASH)➜https://global.rakuten.com/en/store/auc-odyamakei/item/1007592/

 

 

To the product above picture in Rakuten global market

(NIKWAX DIRECT WASH-IN)➜https://global.rakuten.com/en/store/auc-odyamakei/item/1007594/

 

How to use NIKWAX and its effect

Official treatment is that

set washing machine volume of water setting on 20ℓ.

TECH WASH 300㎖ and clothes put into washing machine.

Then do the laundry as usual.

After finishing the first laundry,put DIRECT WASH-IN 300㎖ into washing machine.

Then do the laundry as usual.

Hang washing out to dry.

 

By this treatment,I have a gut feeling that the power of water repellency maintain one or two year.

But by this treatment,You must use massive NIKWAX and cost alot.

 

So,I introduce my original way to use NIKWAX and giving the power of water repellency.

My original way to use NIKWAX and giving the power of water repellency

 

①Do a laundry without entering anything

First,to remove dirt roughly,

close the zipper,do a laundry.

Do not hang out.

 

In this time,I use to experiments

snowboard wear

I wear snowboard wear when go to squid fishing in winter.

I bought this snow board wear by Blue Blood 10 years ago.

He lost the power of water repellency now.


When I splash water to this snow board wear,It absorb water.

(I treated this wear with NIKWAX about 3 years ago)

 

FISHING WEAR

This fishing wear is that I bought about 20 years ago.

When I splash water to this fishing wear,It absorb water like a towel.www


KNIT CAP

This knit cap is not originally water repellency.


When I splash water to this fishing wear,It absorb water than towel do .www

 

②Wash with TECH(green bottle)

TECH WASH has sharp smell.

Wash in bathroom keeping the fan running or outdoors.

Fill tepid water into a large bucket or bait container about 15ℓ.

In this amount,you can give 6 fishing cloth the power of water repellency.


Add TECH WASH(green bottle) 300㎖ to 15ℓ tepid water.


Put fishing clothes which done laundry in this TECH WASH water.

About 10 min,wash it stepping it on and rubbing it with your foot. Then…..


Although you did a laundry it,dirts come out. 

③Do a laundry without entering anything

Do a laundry without entering anything to wash away TECH WASH.

]Do not hang out.

④Give the power of water repellency using DIRECT WASH-IN(blue bottle)

As lIke ②treatment,fill tepid water into bucket about 20ℓ.

Add DIRECT WASH-IN(blue bottle) 300㎖ to 20ℓ tepid water.


Put fishing clothes which done laundry in this DIRECT WASH-IN water.

About 10 min,wash it stepping it on and rubbing it with your foot as like ②treatment.  

⑤Do a laundry with DIRECT WASH-IN water

Put fihing clothes with DIRECT WASH-IN water which you used into washing machine.

Do a laundry. 

⑥Hang it out in shade

Hang it out in shade for 2 or 3 days.

 

That is All.

Then,let’s look at the effect of NIKWAX.



The effect of NIKWAX


Snowboard wear which has water repellency originally,regain the power of water repellency.


Fishing wear absorbing water as like towel,gain the water repellency.


Knit cap with no water repellency,gain the water repellency.


In addition,jacket I bought it in used cloth shop for 2$.

2$ turns into fishing jacket with water repellency.

 

In this time,I use two NIKWAX TECH WASH and DIRECT WASH-IN.

 

To the product above picture in Rakuten global market

(NIKWAX TECH WASH)➜https://global.rakuten.com/en/store/auc-odyamakei/item/1007592/

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

To the product above picture in Rakuten global market

(NIKWAX DIRECT WASH-IN)➜https://global.rakuten.com/en/store/auc-odyamakei/item/1007594/


Summary of “How to revive the water repellency using NIKWAX and its effect”

Fishing gear has to have water repellency.

In rany and windy day,You can go fishing comfortably with fishing clothes having water repellency.

The power of water repellency of NIKWAX is strong and long lasting than waterproof spray.

You can revive the water repellency to your fishing clothes which has lost the power of water repellency ,by NIKWAX.

 

But,by the treatment I introduce,your foot gain water repellency.


 

 

 
Thank you for watching until the end.

I tried to write an article written in Japanese as English.

I am in poor English, but I would like to translate my Japanese articles into English little by little.

People who can not stand up to update can see other pages in Japanese.

Thank you.




スポンサーリンク(advertisement)


当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。記事上下のボタンでいいねしていただけると幸いです。



よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。 YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

(googleマップのマイマップへはコチラ

◎エギングの記事は→コチラ

◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ



関連コンテンツ(related contents)

カッパの撥水性

釣りは自然の中でするものですので、急に思わぬ雨が降ったり、大きな波が急にきて波しぶきをかぶったりすることがあります。

風よけ潮除けのためにも、晴れの天気予報でもカッパを持っていくことは必須と思っていますが、そのカッパ、、、釣り専用のものは高価です。高価なカッパでも3年もすれば水を吸うようになってしまってガッカリすることが多いです。

今回はせっかく購入したカッパ(一般名はなんなんでしょう。。。フィッシングジャケット?w)の撥水力を保つ・復活させる方法について書きたいと思います。

どんな素材でも!!!とまではいきませんがもともとちゃんとした撥水加工でないものでも撥水性を持ったり、かなり古いものでも撥水性が復活するのでオススメの方法です。

スノボウエアに主に使っていたのですが、最近では釣り用のカッパやキャップにも使っているので、下部で使い方等を書きます。よかったら試してみてください。

あ、ニクワックスの使い方と節約のお話ですw


NIKWAX(ニクワックス)

カッパの撥水性、レインコート・カバン・キャップ・スノボウエア・ニット帽子・・・etc.の撥水性の復活や撥水性を持たせることができるすぐれものがあります。安価でも効果が抜群です。


コレです。

(NIKWAX)ニクワックス

ニクワックステックウォッシュ(NIKWAX TECH WASH)

左の緑色のがニクワックステックウォッシュで衣服の汚れを落とすものです。実は普通の洗濯用洗剤を使って洗濯しているものって洗剤カスが汚れになっていて、それが原因で撥水力が落ちるそうなんです。もちろん液体洗剤でも一緒だそう。なのでこのテックウォッシュは洗剤カスも含めて汚れを落とします。カッパやスノボウエアの撥水加工にとっては洗剤すら汚れだから多くのものには「洗濯すんなよ」と書いてあるわけですね。

効果のほどは下の方の使い方写真で分かると思います。

ニクワックスダイレクトウォッシュイン(NIKWAX TX.DIRECT WASH-IN)

右の青いのがニクワックスダイレクトウォッシュインで、こっちは汚れが落ちた状態のカッパや衣服に撥水力を持たせたり撥水力を復活させたりするものです。

昔ズボラをしてテックウォッシュを使わずに普通に洗濯しただけのにこのダイレクトウォッシュインを使ったのですが撥水力は、、、、全然ダメでした。

なので、汚れを強力に落とすテックウォッシュと撥水力を付加するダイレクトウォッシュはセット使用が必須です。

スポンサーリンク



NIKWAX(ニクワックス)の使い方と効果

ニクワックスの使い方についてです。ニクワックスの公式の使い方(?)は洗濯機を水量20Lにしてテックウォッシュを300ml入れて普通に洗濯機を回す。洗濯が終わったらダイレクトウォッシュインを300ml入れて同じように洗濯機を回して干したらオシマイ。。。というものなんですが、小さい方のボトル1本が300mlなので、まるまるを使って3~4着しか処理できません。私の感覚だと、この処理後に撥水力がもつのは1年ちょいくらいです。

私はだいたい1,2年に1度釣りのカッパとスノボウエアを撥水処理しているので、ちともったいない気がしていました。ので、自己流で撥水力が少し長持ちしてニクワックスを節約できる使い方を紹介したいと思います。

ニクワックスも洗濯用洗剤もなしで洗濯する

とりあえずあらかた汚れを落とすためにジッパーなどを全部閉めて洗濯します。この作業はなしでもいいかもしれませんが、泥などが付いていると効果が薄れてしまうかもしれないと思ってしています。今回実験に使ったのは(ちょうど釣り道具も衣替えなのでやっただけですがw)

スノボウエア(厳寒期のエギングの時は上はコレを着ていってます。ベンチレーションが付いていて昼間暑ければ開けて汗を逃がしたりできますし、ポケットがいっぱいついていて便利です。10年前のblue bloodのスノボウエアで、もともとは撥水力があったのですが、10年もたつとやっぱり撥水力はなくなってきます)


(処理前は水を吸ってます。前にニクワックスで処理したのは3年ちょい前)

釣りようカッパ(20年以上前の代物です。懐かしのチームDAIWAも20年たつとひたすら水を吸います)


(普通の服となんら変わらず。ニクワックスで処理したことはありません。今回は実験用に押し入れから引っ張ってきました)

ニット帽(もともと撥水性はなかったのですが、5年前ほどから撥水性を持たせて使ってます。ニット帽は撥水性があまりもたないので1年おき)


(ほぼタオルです)

テックウォッシュ(緑色の方)で洗う

匂いがするのでいつもお風呂場で換気扇を回して作業しています。

エサ用バッカン15Lのぬるま湯を入れます。別にバッカンじゃなくても桶でもお風呂でもいいと思いますが30L以上の大容量のものがオススメです。昔ハマっていた底物用の丈夫なやつです。今回は上下合わせて6着とキャップとニット帽を撥水処理するのでこの量にしています。


これにテックウォッシュを300ml入れます。(公式の使い方だとこの量だったら3着くらい)


テックウォッシュは透明の液体です。これを混ぜたら、洗濯しおわって濡れたままのふくを入れて踏み洗いします。10分ほど踏んだり揉んだり位置を変えたりして洗います。すると、、、


洗濯したあとなのに驚くほど汚れがとれます。

洗剤も何も入れずに洗濯機へ

これはとりあえずテックウォッシュをすすぐ作業なので水量などは何も指定しません。そのまま洗濯機に入れて自動で洗います。

ダイレクトウォッシュインで撥水加工

②と同じようにバッカンに今度は20Lのぬるま湯を入れます。そこにダイレクトウォッシュインを300ml入れて混ぜます。



(コッチは入浴剤入りのお風呂みたいな感じです)

この中にテックウォッシュ後洗濯機ですすいだカッパを濡れたままいれます。入れたら同じように踏み洗いします。これはきっちり全体になじむように位置を変えながら10分くらいもみもみ馴染ませます。

馴染ませたら、ダイレクトウォッシュインの溶液ごと洗濯機にブチ込んで20Lの水量指定で自動で洗濯します。

ちょっと長めに干す

理由は知らないのですが陰干しします。(天日干しだと反応する???)

で、長めに干していた方が匂いがマシになるので、2日~3日ほど陰干しします。陰干しと言ってもベランダの手前の方に干して、外側にバスタオルを干しているだけですが。

で、干した後。こんな感じです。

ニクワックスの効果


もともと撥水力をもっていたスノボウエア。定期的にニクワックス処理しているためか、水は完全にはじきます


20年もののカッパ。初ニクワックス処理のためか、完璧ではないですが、見事撥水力復活です。というかそもそも撥水力があったのかも思えてませんがw


もともと撥水力を持っていないニット帽。不完全ですが、水を弾くようになりました。毎度毎度こんな感じなのでニットに撥水力を持たせるのはおそらく不可だと思いますが、普通にかぶっていて雨がめちゃくちゃ染み込むということはなくなります。


ついでに4月~5月用のカッパ。セカンドストリートで買った激安ジャンバーですwニクワックスを使えば十分釣り用に大変身です。軽いのでエギング・ショアジギングをしていても邪魔になりません。

今回使ったのはコイツらです。

Error: Failed to retrieve data for this request.
Error: Failed to retrieve data for this request.

ニクワックスでの釣り用カッパのメンテナンスまとめ

釣り用カッパに撥水力はほぼ必須。雨風がある時でもカッパがシャットアウトしてくれれば快適に釣りができます。せっかく購入したカッパでも経年劣化とゴミがたまって撥水力は必ず落ちていきます。定期的にニクワックスで手入れしてやれば撥水力は復活するし、もともと撥水力のなかったものでも撥水加工できる(ただし素材はある程度選びます)。

防水スプレーを毎度毎度買ってスプレーするより断然お得で断然撥水力も強いですし、私が実践しているような使い方をすると安く済んで、撥水加工も強くなります。

私の方法だと、残念ながら足も撥水加工されますがw(お風呂に入ってゴシゴシするとちゃんととれます)


汚い足をみせてごめんなさいw

防水スプレーや買い替えるより、とにかくオススメです。




スポンサーリンク(advertisement)


当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。記事上下のボタンでいいねしていただけると幸いです。



よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。 YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

(googleマップのマイマップへはコチラ

◎エギングの記事は→コチラ

◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ



関連コンテンツ(related contents)