安宅崎の釣り場紹介(和歌山県南紀白浜)春イカ秋イカ狙いのオススメのお手軽地磯

安宅崎の釣り場紹介(和歌山県南紀白浜)春イカ秋イカ狙いのオススメのお手軽地磯

ポイント:安宅崎
場所:和歌山県西牟婁郡白浜町日置
種類:地磯
釣り方:エギング・ロックフィッシュ・フカセ
魚種:アオリイカ・グレ・ガシラ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★☆(磯歩きは短めです)
隠れ家度   :★★★☆☆
駐車場    :★★★☆☆
トイレ      :★☆☆☆☆
コンビニ     :★★★☆☆(ローソン日置川町店まで車で約10分くらい)


安宅崎でどんな魚と出会えるのか

安宅崎は和歌山県白浜町日置にある手軽な地磯です。

上の衛星写真では先端の方に「安宅崎」と書かれていますが、今回紹介するポイントは湾奥の手前の方です。


ココ。

安宅崎は手前がシャローの大き目ゴロタ、奥がグンと深くなる地形の磯場で、潮通しもよくアオリイカ狙いのエギング、特に春イカ秋イカ狙いのオススメの地磯です。

他にはゴロゴロしたシモリが多く、ロックフィッシュ狙いにもオススメで、安宅崎の中腹くらいまでいってグレ狙いを楽しむかたも多いです。
スポンサーリンク




安宅崎の釣り場詳細

安宅崎の釣り場は釣り座から手前15mくらいは水深1.5~2mほどでそこから急に深くなり7m~13mほどまで落ちる珍しい地形の湾です。

絵に描いたように北側には崖があり北風を防いでくれますし、南からの暖かい潮の影響は受けやすくなっています。


このような感じで、湾の手前側はゴロタ浜、奥側は磯になっています。

湾全体的に浅くなってそうですが、湾の真ん中はかなり深いです。

イメージでいうとこんな感じ


手前から湾の内側や向かい側の沖磯に向かってロングキャストするとちょうど深場から駆け上がりを攻めることができます。


紹介している釣り座から湾奥の方へキャストするとシャローのゴロタ場で(2m~3mくらい)でフロートやミノーを使ったロックフィッシュ狙いに最適です。

湾の中の方の深いところがエギングにオススメで、この深くなったところの潮通しがとても良いです。


また安宅崎は先端方向にも行くことができます。結構しんどいですが。


一番先端付近までいくと潮通しがかなりよく、青物の回遊もあります。が、かなり遠いですw

先端まで行く途中にもう一か所釣り座があり、ここでもエギングを楽しむことができます。ヤエンはコチラの釣り座が向いています。


安宅崎への行き方

安宅崎へは紀勢道を日置川I.C.で降りて日置川の土手のところで右に曲がります。(この土手は桜がとてもきていなのでオススメの春イカシーズンに行かれる方は是非見てみてください)

日置川沿いを進んだら、日置大橋のところで左折します。

で、まっすぐ行くと新国道42号線ですが、日置大橋を渡ってすぐのところで右折して旧国道42号線へ入ります。(下のところで右折)

旧の橋がかかっているので

そのまま橋を渡り道なりに右折します。

こんな感じの元お店(?)があるので道幅が大きくなっているところの端っこの方に停めさせてもらいます。

そこから地磯へは、コンクリートの道があり坂道を下っていって右にすぐ見えているのが紹介しているポイントです。


行き方、雰囲気等は動画の方が分かりやすいかと思いますので、良ければしたの動画も確認してみてください。


安宅崎の釣り場まとめ

安宅崎はエギングやロックフィッシュ狙いにオススメのお手軽な地磯です。

ちょこっと遠投が必要なのでライトタックルでもラインを軽くしてみたりシンカーをうったりと飛ばせる工夫をして挑むといい釣りができるかと思います。

先端方向まで行くつもりの方は結構険しいのでできれば両手が空いた状態で歩かれるといいかと思います。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)