和深漁港の釣り場紹介(和歌山県南紀)お手軽エギング漁港

和深漁港の釣り場紹介(和歌山県南紀)お手軽エギング漁港

和深漁港ポイントまとめ

ポイント:和深漁港
場所:和歌山県東牟婁郡串本町和深
種類:堤防・地磯
釣り方:エギング・サビキ
魚種:アオリイカ・グレ・イワシ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★☆
隠れ家度   :★★★☆☆
駐車場    :★★★★☆(7台分くらいの駐車スペースが漁港にあります)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(ローソンすさみ町江住店まで車で約15分)


和深漁港でどんな魚と出会えるのか

和深漁港は和歌山県南紀にある小さな漁港で位置的に黒潮接岸時には暖かい潮がまともに当たるため思わぬ大物がでる漁港です。

暖かい潮が入るため、冬でも日によっては水温が20℃近いときもあり、堤防やテトラ、漁港横の地磯から大型のアオリイカが出ることでも有名です。秋・冬はエギング・ヤエンどちらでも有望なポイントで堤防先端部も堤防横の地磯も足場がよく安全です。

堤防外側にテトラがあり、ここからも釣りができますが足場はあまり良くないです。エギング・グレ狙いのフカセにオススメです。

横に有名地磯「地のエビス」があり、外のテトラからも地のエビスからも秋口に遠投カゴ釣りなどでシマアジが釣れることでも有名で、地のエビスが波風で釣りにならない時でも堤防で釣りをすることができます。(地のエビスの釣り場紹介はまた書きたいと思います)

スポンサーリンク




和深漁港の釣り場詳細

和深漁港のメインの釣り場は漁港の外側に一つだけある堤防とその横にあるの地磯です。


(堤防から磯方面。ほぼ干潮時です)

堤防横の地磯は手前に張り出しがあって釣りがしにくいですが、堤防を越えたあたりから漁港外のテトラのあたりまでエギングの良いポイントです。堤防~テトラまではドシャローですので沈降速度が遅いエギがオススメです。秋イカ向きのポイントです。

今回写真はとれていませんが、外側テトラ帯の付け根にちょっとした地磯があり、テトラ外向きで釣りをすることができます。

テトラ内側よりは水深がありますが、だいたい1~3mほどで遠投してもそれほど水深はありませんが秋イカがよくたまるポイントです。

テトラに行けなくはないのですが、結構怖いので行く方はご注意ください。小さめのテトラがたくさん積んであります。

 


(堤防から地のエビス方面。メインのポイントです)

和深漁港の堤防は足場がよく足元からある程度水深があります。それほど深くはないですが水深はだいたい2m~4mほどで、地のエビスとの間が結構掘れていていいポイントになっています。エギング・ヤエン・サビキどれも堤防先端から地のエビス方向がオススメです。

この堤防の先端部は先客がいることが多く、そんなときは堤防の先端にくっついている地磯から沖向きがオススメです。


和深漁港への行き方

和深漁港へは紀勢自動車道(H29年現在は無料)すさみ南インターチェンジで高速道路を降り、国道42号線へ出ます。42号線へ出ると道の駅すさみがあるので左折します。(いつもここでめはり寿司などを買ってますw)

串本町和深のトンネルを越えたあたりにある、旅館えびすさんを過ぎてすぐのところを左折(海と反対方向)します。

(下のビューの右側にあるのが旅館えびすさん。ごはんがとても美味しいです♪)


次の曲がり角で右折すると和深漁港です。


和深漁港の釣り場まとめ

和深漁港は南紀のエギングにオススメの小さな漁港、横にある地のエビスはかなりオススメの地磯ですが、手前の和深漁港でも十分に楽しめます。テトラが多い釣り場ですので、テトラから釣りをするときは十分に注意してください。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)